ドイツから学ぶ。環境に優しい家に必要なモノとは。

地球に優しいことは、心にも気持ちがいいものですよね。

SDGsが盛んに取り上げられるようになったことをはじめ 、「これからの暮らし」を考えていくうえで、多くの人が環境に優しい選択を意識するようになってきたと思います。でも、環境のために無理をしていたらきっと続けられない。
だから普段の生活のなかに取り入れやすいことというのが大切なのだと思います。

今回、そのヒントを探すために注目したのがドイツ。水力、風力などの再生可能エネルギーの利用率が高く、環境先進国として日本でもよく知られています。 そんなドイツでは環境意識と日々の生活はどのようにリンクしているのでしょうか。 実際にミュンヘンで暮らしているドイツの方にインタビューをして、リアルなライフスタイルをリサーチしてみました。

ビョルン・アイヒシュテットさん
ドイツのミュンヘンでヨーロッパ主要都市、北京と東京にパートナーエージェンシーを持つPR会社を経営している。息子さんの名前を「kenji」と名付けるほどの日本好きで、テクノロジーや文化を深く知るために過去40回以上も日本を訪れている。自宅には日本庭園を模した庭もあるそうで、日本とドイツ両方の文化を取り入れた暮らしを実現している。

「長く使えるいいものをチョイスすること」がドイツ人の考え方

 

──ドイツは環境先進国として世界的に知られていますが、環境についてどのように啓発されているのですか?

環境問題への啓発は、まず学校で基本的なことを学ぶことから始まっています。ドイツでは、今地球がどんな状態で、大気汚染やゴミ問題が深刻であることや、再生可能エネルギーを増やしていかなければならないことなど、50年ほど前から環境を意識した教育の必要性を打ち出しています。

学校だけでなく、日常の会話でも環境問題について触れることが多く、みんなが自分達にできることを探したり、実際に行動してみることが頻繁にあるように思います。

──「日常的に自分で考えて行動してみる」というと、例えば?

色々ありますが……うちの会社でも環境問題について話すことは多く、通勤スタイルについて見直してみようということになりました。

なるべく車移動を控えるようにして、今では多くの社員が自転車を積極的に使うようになっています。

 

──たしかに、「毎日出来ること」からフォーカスするのは大切なことですね。何か商品を購入するときにも、環境について意識しているのでしょうか?

ドイツでは「安い家具や安い服を買って消費するのではなく、長く大切に出来るものを買ったほうがいい」という考えを持っている人が多いです。今も妻の祖母から受け継いだカップを大事に使っています。

購入時の値段だけ比べたら安い買い物ではなくても、「長く使えること」を考えると、結果的にはコストパフォーマンスが良いので。

──なるほど。コストパフォーマンスを重視した結果、環境意識も高くなる、というつながりもありそうですね。

そうですね。ソーラーパネルなど家でエネルギーを作ろうという人が増えていて、もしも、すべてが切り替われば、電気料金などエネルギー関連コストが低くなることになります。環境を良くしたいという気持ちはもちろんありますが、生活のコストを抑えることにつながっているので意識を常に高く持っていられる。

そういう面も含めて、「暮らしと環境問題は常に密接である」という実感が強いように思います。

家を選ぶ大きなポイントになるのが「窓」

──暮らしと環境問題が密接であるということでしたが、家を選ぶ際に注目するのはどのような部分ですか?

ドイツでは家を買ったり借りたりするときに、エネルギー証明書※が必要なんです。なので必ず、住む前にその家のエネルギーコストはみんな厳しくチェックしていると思いますよ。

証明書を確認することで、自分たちの住む家がどのくらい環境に配慮しているか、コストパフォーマンスが高いかを家族で確認できるので、意識が高まる理由のひとつにもなっていると感じます。

※エネルギー証明書(Energieausweis):年間に消費する1㎡あたりのエネルギー量をkWhで表示しエネルギー効率をA+~Hでランク付された建物の燃費(断熱性能)に対する評価基準。ドイツでは住宅の売買や賃貸時には提示が義務化されている。

──ミュンヘンの冬は寒いと聞きます。

はい。ミュンヘンの冬は-10℃近くまで冷え込むこともあり、基本暖房はセントラルヒーティングで、床暖房がある家もあります。あと私もそうですが、ひどく冷えるからこそ窓については関心が高い人が多いですね。

 

──なぜ「窓」に関心が高いのでしょうか?

大きな窓があって、解放感のある部屋がドイツ人には特に好まれるんです。快適に過ごすために、『空間』を大事にしている人が多いからでしょうね。

個人の空間が窮屈ではストレスを感じるので、友人の家やいろいろなオフィスを見ていても、天井が高かったり、窓が多いです。そのぶん寒い冬を越すのに暖房費がかさむので、温めた空気を逃さないためにも部屋の断熱性は重要になります。

とりわけ窓辺は寒くなりがちなので、ドイツ人は窓の断熱性に対する関心を高く持っていると思います。

僕は断熱性の高い樹脂窓の家に住むようになってからは、冬でも窓辺で極端に寒さを感じることもなく、結露もなくて特に快適に感じています。実家は樹脂窓ではなかったのですが、お風呂の結露が窓枠の溝に溜まり、凍ってしまってスムーズに窓が開けられなくなることが多かったんです。

 

──なるほど、たしかに結露が凍ってしまうと、氷を溶かしたり削ったりするのが大変そうですよね。

そうなんです。
ドイツの建物は日本よりも窓が多いので、凍ってしまうと処理が大変です。

 

──えっ、日本の建物は窓の数が少ないですか?

ドイツに比べると少ないと思います。もちろん壁側には窓があるけど、会社では会議室にはないことも多いと感じています。

窓の少ない日本のオフィスを訪れたときに、日本ではあまり「換気」することがないのかな?と感じました。

 

──「換気」ですか。空気が悪いと感じたときには、窓を開けますが…1日窓を開けない日もあるかもしれません。

換気は、仕事の効率を上げるためにも重要だとドイツ人は感じています。空気が淀んでいると、頭の回転が遅くなったり、アイデアが浮かびにくくなる要因のひとつにもなると思うので。

ドイツでは、「シュトースリュフテン」という単語もあり、いくつかの窓を少しの間全開にして、一気に空気を入れ替えることを指します。

 

──「窓を開けて空気を入れ替えること」を指す単語もあるんですね!ドイツでは、室温調節も主に窓で行う、と聞いたことがあります。

そうです。
基本的に、夏の室温調節はエアコンに頼るのではなく窓で行っています。ドイツでは、真夏でも20℃前後でそこまで暑くならないので、エアコンのない家やオフィスも多い。

熱がこもりすぎたり、寒くなりすぎないように窓の開閉をして、常に室温調節することが大切だって考えを持っているので、「居心地の良い空間」と「窓」は切っても切れない関係なんです。

「樹脂窓」ってなに?

ビョルンさんの生活を快適にしている「樹脂窓」は、樹脂素材でつくられた窓のことで、アルミ窓よりも“断熱性能が高い”というのが特徴です。

「樹脂窓」の普及率を見比べてみると、ドイツが64%であるのに対して、日本は20%。環境への意識が全体的に高く、一般住宅にも厳しい省エネ基準が求められているドイツでは、熱貫流率の優れた樹脂窓が多く採用されています。

ドイツの他にもアメリカやフランスなど世界のいろいろな国で樹脂窓が使われています。さらに日本と気候が近い中国や韓国でも日本より樹脂窓の普及率が高くなっているんですよ。

夏は熱の多くが窓から室内に流入し、冬は窓から室内の温かさの半分近くが逃げてしまっているため、住宅全体の省エネ率を高めるためには、窓の断熱性を高めることが最も効果的なんです。

ビョルンさんのインタビューからドイツの人々の暮らしを知ることで、「窓について考えてみること」によるメリットが見えてきました。

普段の暮らしの中では、なかなか意識することのなかった「窓」。

日本では環境への優しさを考えるとき、エアコンなどの室温調節の温度を何度にするのか?が注目されがちですが、「窓」そのものを見直すことが、人々にも環境にも優しくて持続可能な解決方法の近道になるように思いました。

「樹脂窓」の普及率を、20%から30%、40%と少しずつ増やしていくことは、環境に優しく、快適な住まいにつながると考えてよさそうです。 

「樹脂窓」についてもっと知る
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナイブル...
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
表参道交差点に6月27日にオープンした「RAIZIN R番地 OMOTESANDO PARK」。都会のど真ん中に突如現れた公園って、どーなんよ?
江戸時代の終わり頃、世界遺産・石見銀山で鉱夫たちが使っていた「福面」は、日本最古のマスクといわれている。鉱山病を防ぐために使用していたこの防塵マスクの素材...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
イギリスで出版された絵本『グレタとよくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子』が2月に日本でも発売。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさ...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...