2月最終水曜日「ピンクシャツデー」誕生秘話

本日、2月の最終水曜日は「ピンクシャツデー」。世界中で徐々に広まりつつあるピンクシャツを着ようというこの運動は、2007年にカナダの学校から始まったものだ。

その誕生には、こんなエピソードがある。

ある日、ピンクのポロシャツを着て登校した少年が、周囲から「ホモだ!」といじめを受けた。それを知った同じ学校に通う仲間が50枚のピンクシャツを購入して配布。さらにインターネットで「明日はピンクシャツを着てみんなで登校しよう」と呼びかけた。

翌日、学校にはピンク色のシャツや小物を身につけた数百名の生徒が!自然といじめはなくなったという。

……当時、この話は瞬く間に全世界へと拡散された。そして、毎年世界中でピンクのシャツを着て、いじめ反対運動が行われるようになったわけだ。

日本ではYMCAなどの団体がこの運動をサポートしている。2018年にはYMCA熊本がピンクシャツデーをテーマに動画を制作したのも記憶に新しい。

さて、あなたも今日のコーディネートにピンク色のアイテムを加えてみてはどうだろう?

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事