2月最終水曜日「ピンクシャツデー」誕生秘話

本日、2月の最終水曜日は「ピンクシャツデー」。世界中で徐々に広まりつつあるピンクシャツを着ようというこの運動は、2007年にカナダの学校から始まったものだ。

その誕生には、こんなエピソードがある。

ある日、ピンクのポロシャツを着て登校した少年が、周囲から「ホモだ!」といじめを受けた。それを知った同じ学校に通う仲間が50枚のピンクシャツを購入して配布。さらにインターネットで「明日はピンクシャツを着てみんなで登校しよう」と呼びかけた。

翌日、学校にはピンク色のシャツや小物を身につけた数百名の生徒が!自然といじめはなくなったという。

……当時、この話は瞬く間に全世界へと拡散された。そして、毎年世界中でピンクのシャツを着て、いじめ反対運動が行われるようになったわけだ。

日本ではYMCAなどの団体がこの運動をサポートしている。2018年にはYMCA熊本がピンクシャツデーをテーマに動画を制作したのも記憶に新しい。

さて、あなたも今日のコーディネートにピンク色のアイテムを加えてみてはどうだろう?

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「ボタンダウンシャツを選ぶ際のポイント」とは?
ホワイトデーのお返しの用意はできていますか?まだ買っていない、何を買ったらいいかわからない、何か気のきいたプレゼントを探している!という人はぜひ参考にして...
ホワイトデーのお返しの用意はできていますか?まだ買っていない、何を買ったらいいかわからない、何か気のきいたプレゼントを探している!という人はぜひ参考にして...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
ホワイトデーのお返しの用意はできていますか?まだ買っていない、何を買ったらいいかわからない、洒落たプレゼントを探している!という人はぜひ参考にしてみてくだ...
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
2016年に制定された「エイリアン・デー」(4月26日)に、1986年公開の映画『エイリアン2』と「リーボック」がコラボしたシューズのスペシャルモデル「U...
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
バレンタインに送った気持ちは、ちゃんと返ってきましたか?
2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
オーダースーツECサービス「FABRIC TOKYO」が店舗にいかずオーダースーツ、シャツを新規購入できるサービス「家から採寸」と「ビデオ無料相談サービス...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...