ポリアモリーとは?抱える不安と理解を深めるために心がけること

ポリアモリーについて

©iStock.com/Vladimir Vladimirov

ポリアモリーとは、「合意の上で複数のパートナーと恋愛関係を築く状態の人々」を表します。結婚など、婚姻関係にはこだわりを持っていないのです。

ポリアモリーという言葉は、1990年代にできたアメリカの非営利団体「ラヴィング・モア」が使い始めたのが始まりだと言われています。歴史は長いわけではなくまだまだ浸透していない現実があります。何よりも重要となるのが、関係を築く相手にしっかりと合意を得ていることでしょう。

複数の恋愛関係を築く中で、一人でも秘密にしていたり、同意を得られていないのであれば「浮気」に該当します。愛する人に自分を理解してもらったうえで、恋愛関係を続けてることがポリアモリーです。そのため、多くはカップルという表現をしない傾向にあります。

浮気との違い

昨今ニュースなどでも大きく取り上げあられるのが、浮気や不倫といった話題です。浮気の場合は、相手を騙していたり、恋人に対しては浮気相手のことを隠しますよね。

ポリアモリーと浮気との最大の違いは、上記でもありましたように「お互いに合意している」ことでしょう。カップルという捉え方ではなく、ポリアモリーの人は、心から愛する人が一人に縛られないのです。結婚関係もあまり重視していない傾向があります。

 海外・日本の現状

実は日本と海外とでは、ポリアモリーの捉え方が異なると言われています。そもそも、ポリアモリーのことを受け入れられない人の方が多いです。国民性も相まって、ポリアモリー自体を否定したい方も珍しくはないでしょう。

日本の場合、現状モノガミーが当然とされています。モノガミーは「異性同士の一夫一妻制」であり、現代の日本ではそれが当たり前となっているのです。

どうしてもモノガミーの考え方が、日本では確立されてしまっているため、自分自身がポリアモリーであっても、それを受け入れられず苦しい生活を送っている方も多いのです。

日本にも、ポリアモリーの交流会などが、開かれていることもあるのですがまだまだ、知名度は低めです。

ポリアモリーが心がけていること

©iStock.com/visualspace

ポリアモリーは、浮気や不倫ではありません。複数人と関係性をしっかりと築き上げているため、ポリアモリーだからこそ心がけていることがあるのです。

ポリアモリーとして生きていくための、考え方や恋人に対する立ち振る舞いなどをまとめました。

その1|正直かつ誠実でいる

ポリアモリーが何よりも大事にしているのが、常に正直で誠実でいることです。一歩間違えれば、愛する人に不快な思いをさせてしまいかねません。

それどころか、浮気だと捉えられてしまう危険性だってあるのです。

複数人と関係を持っていたとして、そのすべての人に向けてしっかりと愛情を込めていますし、嘘をつくことはありません。全員に誠意を持って接しているのです。どんなに誠実で接していても、相手によっては嫉妬したり、独占欲によってトラブルになることもあります。

少しでも、トラブルなどに発展しないよう、心がけながら生活しているのです。

その2|相手を思いやる

ポリアモリーの心がけ二つ目は、相手を思いやる気持ちを持っていることです。ポリアモリーは、恋愛関係を持った人が一人ではないからこそ、それぞれ一人一人に対して思いやる気持ちを持っています。

ポリアモリーではない人からすると、理解していても疑問を持ってしまうこともあるでしょう。少しでも相手を安心させるために、思いやりの気持ちは人一倍持っています。気遣いや、好きなことなどしっかりと把握して、心地よく生活できるように心がけているのです。

その3|人の考え方や個性を尊重する

ポリアモリーの人は、個性を尊重してくれる傾向があります。例え相手が、モノガミーの人であっても自分のポリアモリーとしての考えを、押し付けたりモノガミーを否定するようなことはしません。

自分自身がこれまで、ポリアモリーとして理解されてこなかった経験があるので、相手に同じ思いをさせたくないのです。

あくまでも自分のポリアモリーは、個人的な思考であり恋愛的価値観であると理解しています。個人の考えは、相手に強制するものではないとわかっているのです。

ポリアモリーが衝突する問題

©iStock.com/igor_kell

日本ではまだまだ理解されておらず、言葉さえも浸透していないのがポリアモリーです。理解されにくい特徴を持っていますから、ポリアモリーは、これまで様々な問題に衝突してきました。

ポリアモリーだからこそ抱えている悩みや、辛さについても見ていきましょう。

その1|嫉妬心との対向

ポリアモリーが直面しやすいのが、「嫉妬心」です。嫉妬に関しては、人によってそれぞれ捉え方も異なり、相手の考えもかなり変わってくるので、応えはなかなか出ないのが現状でしょう。

例えば相手が、抱えきれないほどの嫉妬心を抱いてしまったら、話し合いの末に別れを決断することだってあります。

パートナーに自分以外にも好きな人がいる、この事実に不安や独占欲が生まれるのは、想像することは簡単でしょう。ポリアモリーと関係を持っている人へ、アンケートを行ったところほとんどの人が嫉妬心をいだいたことがある、と応えたそうです。そういったことからも、ポリアモリーは愛している人が結果として、自分がポリアモリー故に自分の元を去ってしまう経験をしてきました。

その2|批判・世間の声の受容

特に日本では、ポリアモリーだけではなく恋愛的思考に対して偏った思考を持っている人が多い傾向にあります。まだまだLGBTの問題に対して、理解できない人が多いでしょう。同性婚が認められていないのが代表的ですね。

ポリアモリーに対して、多くの人が否定的な意見を持っていますし、心無い言葉を投げかけてくることだってあります。どうやって向き合うのか、と悩みを抱えるのです。

その3|自尊心の向上・回復

ポリアモリー自身も、世間と恋愛の価値観が異なっていることに気づいています。生活しているうえで、周りの考えと自分の考えが違うことに、いやでも気づかさせるのです。

自分の恋愛価値観は間違っているのか、気持ち悪いと思われてしまうのか、と悩んでしまいます。そして自分の思考や、性質さえも受け入れるのが難しく感じるでしょう。

 ポリアモリーを公言している有名人

©iStock.com/FG Trade

ポリアモリーは、まだまだ世間的に浸透していないものですが、その中でもSNSなどから世間へ向けて発信していたり、インタビューなどで詳細を述べている方がいます。活動や詳細について見ていきましょう。

その1|きのコさん

多くのネット記事やインタビューなどで取り上げられているのがきのコさんです。きのコさんは自分は浮気性であり、病気だと思っていたと述べています。

きのコさんは恋人が2人いる方で、2人目の方は恋人がいるという基盤を知ったうえで、交際をスタートされています。

すでに恋人がいることは、了承したうえで3人目はやめてほしいという気持ちをきのコさんは受け入れて、それ以外の方との関係は持たないようにしているのです。

その2|文月煉さん

文月煉さんは、既婚者であり複数の恋人がいる方です。ポリアモリーの生き方や生活をしている中で、文月煉さん自身はポリアモリーよりは、非独占愛と公言されています。奥さんと恋人たち、大好きな人たちがいますと、SNSなどで公言しているのです。

文月煉さんにとって、恋人が複数人いることは、それほど重要なことではありません。恋人を独占しない恋愛であること、それが文月煉さんの恋愛的価値観です。

その3|西山家の方々

日本では一夫多妻制は導入されていませんが、西山家の方々は一夫多妻制のような生活をされています。法律上、一夫多妻は不可能ですので「籍を入れた後に、離婚する」という方法により、一夫多妻制のような状態を取っているのです。

2人いる奥様は、戸籍上では離婚をした独身の状態です。どちらの奥様にもお子さんがおり、全員含めると9人家族での生活を送られています。嫉妬心なども経験しながら、気持ちを隠すことなく向き合い、今の状態となって落ち着きました。

批判する人の主な心理

©iStock.com/SrdjanPav

ポリアモリーに対して、恋愛的価値観を知ったうえでも理解出来ず、否定的な意見を持つ方も少なくありません。ポリアモリーを批判している人は、どの様な心理を抱えているのかについてもまとめました。

その1|自分を否定された気持ちになる

ポリアモリーに対して、否定的な気持ちを持ったり、攻撃的な発言をしてしまう人の多くは、自分自身の価値観を否定されたような気持ちになってしまうのです。

自分がこれまで確かなものだと信じて止まない恋愛の価値観が、ポリアモリーがいることにより間違っていると言われたような気持ちになります。

個性であり、多様性であると受け入れることができれば、批判しようとはしないでしょう。一途の愛が正義である、そう信じて止まなかったのに、ポリアモリーが受け入れられてしまったら、何が「正義」なのかどうか、わからなくなってしまうのです。

その2|偏った道徳心を信じている

誰の心にだって、偏見があります。自分の中での価値観は人それぞれのため、偏った考えを持ってしまうのは仕方のないことです。

そのうえで、ポリアモリーのことを批判してしまうのは、偏った道徳心を持ち、信じていることが挙げられます。

つまり、1人をずっと愛することが善であり、恋人が複数人いることは悪であると捉えています。恋愛の多様性に対しても、善悪で考えてしまっているのです。ポリアモリーのことを、悪だと思ってしまっているのでしょう。

その3|自分に酔っている

あまり好ましいことではありませんが、他人を批判することで自分を優位にしたいという方も、いないとは言えません。ポリアモリーに対して、攻撃的になるの人の中には、「それは間違っている!」と声を上げる自分が好きで、正しいことをしていると思い込み、自分に酔っています。

こういったタイプの人は、批判する相手がポリアモリーである必要性はありません。単純に、批判しやすい相手がポリアモリーであった、というだけなのです。

Top image: © Irina Efremova / Stocksy United.
愛のあり方のひとつとして「ポリアモリー」があります。お互い同意の元で複数の人と並行して恋愛関係になる、ということから「それって浮気OKってこと?」「誰とで...
同時に複数人と恋愛関係を築く。もちろんセックスだってOK。そんな「ポリアモリー」という愛の概念が、日本でも認知されつつあります。ここで紹介するのは、ゲイで...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
恋とは一体何か?恋をしている人の習性は、恋愛という感情は何なのか?恋を愛へと発展させていく前に、まずは恋についての理解を深める必要があります。拙著『来世で...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
歌とダンスがすきな9歳のGeorge君は、自閉症を患っています。クラスメイトに自己紹介するために自身が制作した動画では、自閉症が自分の行動にどのような影響...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
恋愛って難しい、恋愛に自信がない、人と距離を縮めるのが怖い…。これは、大小の差はあれど、男女関わらず抱えている悩みのはず。何かしらの理由でコンプレックスを...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
いくつになっても、初デートは緊張するもの。相手の前で、変なことを言って嫌われたら…。そんな考えが頭をもたげ、巣の自分をさらけ出せないのは、きっと僕だけでは...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...