セルフコンディショニングの時代に、この「スープ」は救世主!

「からだ」の調子をととのえるセルフコンディショニング。

一流アスリートでもあるまいし、なんだか難しそうに聞こえますが、要は自分自身でからだが喜ぶ選択をすることだと思うんです。

たとえば、野菜をたくさん摂るとか。口にするものに気を配ることだって、立派なセルフコンディショニングですよね。

お取り寄せグルメとしても話題のレンジカップスープ『野菜をMOTTO』は、そんな気分にぴったりかもしれません。

お手軽で栄養バランスもよくって、何より美味しい。

これなら、肩肘張らずに続けられそうです。

たったの1分。
『野菜をMOTTO』がからだを救う!

1缶5千円(!)の高級ツナ缶が注目を集める「モンマルシェ」が次につくったのは、レンジカップスープ『野菜をMOTTO』。

食べ方は、①レンジで1分あたためる ②完成!

あたため待ちの間にスプーンを用意しましょう。やるべきことはそれだけ。

正直、お皿に移し替えたり、お湯を沸かすことさえ億劫なときってありますよね(笑)この手軽さには頭が上がりません。

そのほかにも、一食にちょうどいいボリューム感とか、シンプルなカップデザインとか、細かいことなんだけど全部いい塩梅なんです。

汗ばむ日も増えて、ついつい冷たいものが欲しくなりますが、あったかいもので胃腸を労わることも大切ですよ。

→気になる

口に入れた瞬間、全身が喜ぶ
ごろごろ国産野菜。

野菜の美味しさがたっぷり溶け込んだ『野菜をMOTTO』。

コンビニのサラダや野菜ジュース以外に、さくっと野菜を摂る方法って案外ないんですよね。だから、手軽にあったかい野菜を味わえるって幸せ。

しかも、使われる野菜はすべて厳選された国産もの。(ブランド野菜も!)

カップスープと聞くと気になる栄養価や添加物ですが、『野菜をMOTTO』は保存料・化学調味料・合成着色料不使用です。

シンプルにいいものだけでつくられた、その気取らなさも心地いいものですね。

→もっと知りたい

ごはんにもパスタにも合う
懐の深さ。

味は全部で7種類。豊かなバリエーションにも心打たれます。

ちょっと珍しいバターナッツかぼちゃを使った「パンプキンスープ」、10品目もの野菜や豆がたっぷり入った「ミネストローネ」など、聞いただけで美味しいのがわかります。

ひと皿ごはんにもパスタにも。いつもの食事だって『野菜をMOTTO』があるだけで、立派なディナーやランチになりますね。

もうこんな時間だし……
ギルティフリーなお夜食にも。

ダメ押しは、美味しくて栄養バランス良なのに低カロリーだってこと。

めちゃくちゃ気にしているわけではないけれど、やっぱりカロリー控えめってありがたいんです。

「ごぼうときのこの和風スープ」は1食44kcal。その満足感でヘルシーとは、なんとまあ……。

メニューの一品としてはもちろん、夜食や忙しい朝にももってこい。カップラーメンと『野菜をMOTTO』、どちらを夜食に選ぶか。答えは言うまでもないですね。

これをストックした過去の自分を、フルマラソン完走したかの如く思いっきり褒めてあげたいです。

→今すぐ欲しい!

もっとスープのある生活を!

もちろん、ばらで購入することもできますが、初めての方には6食分楽しめる「初回限定お試しセット」(税込2980円)をおすすめ!

こだわり抜かれたクオリティ、つくる手間や栄養バランスを考えたら、納得できる価格だし、ちょっとした贅沢感も嬉しいですね。

好評につき現在、売り切れ中なんだそう。でもご安心を。予約注文にて購入できますよ。届くのが待ち遠しい〜。

こころもからだも喜ぶ『野菜をMOTTO』で、続けられるセルフコンディショニング。これを機に、MOTTOスープのある生活を!

 

→お試ししてみる

関連する記事

ハイカロなイメージのオニオングラタンスープですが、イタリア・トスカーナ版は、見た目も味もヘルシーそのもの。
冷え込んだ朝に飲みたくなるものといえば、温かい「スープ」。おうちで簡単に作れる一味変わったスープレシピを5つご紹介したいと思います。
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
今回は恵比寿にある「七宝麻辣湯(チーパオマーラータン)」。自分好みにカスタマイズして食べられる「スープ春雨」。美味しく食べながら身体を内側から元気にしていこっ♡
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
今週12月3日から、JR東日本の駅構内の自動販売機acureで、日本初となる具入りピリ辛スープの販売がスタートした。
フランスのスタートアップ「Feed.」が開発したスープ。……とは言っても、販売されている段階ではパウダー状。これにお湯を入れて45秒ほどシェイクすれば、1...
炭鉱夫たちが採掘に入る前、壺に材料を放り込んで火にかけておく。それがお昼になるとすっかり火が通ってやわらかく。そういう労働者の食事として誕生したスープだそ...
化粧品メーカー「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」は、45周年特別企画となる「セルフラブキャンペーン」を開始。「RISE UP WITH ...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
「アフタヌーンティー」などを展開する「株式会社サザビーリーグ」から、ヘルシーなスープを中心に提供する食のブランド「CHARBY BONE BROTH(チャ...
試合中に選手が倒れると、「魔法のやかん」を持った控え選手が駆けつけ、倒れた選手の顔に水をかける。すると、スッと立ち上がり、何事もなかったかのようにプレーに...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
明日は失敗できないプレゼンが、大事な試験が控えている…。ガツンと気合を入れておきたい前日の夜は、にんにくをベースにしたスープ「チェスネチュカ」はいかでしょ...
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
5月3日、新たに公開されたレシピは、フロリダ州オーランドにある「エプコット」のカナダ・パビリオン内レストランの「チェダーチーズスープ」のレシピ。カナダでは...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
くわいの生産量日本一の広島県福山市の「くわいぽたーじゅスープ」を紹介する。くわいは普段はなかなか市場に出回らず、身から芽が伸びている形から縁起物としておせ...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
真ん中にあるスープと、その周りの深い穴。そしてそれを囲む長いスプーンを持った6人の人間たち。全員が自分の為だけにスープを取ろうと試みるが、互いに邪魔をして...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
スケート大国オランダでは、冬のあいだ凍りつく川や湖を天然のスケートリンクとして楽しんでいるそうです。周囲には、日本でいうところの“海の家”感覚の小さな小屋...
フィンランドおふくろの味、というくらい現地で親しまれているスープがあります。サーモンと野菜、牛乳で煮込んだ家庭的な味には、心地よい睡眠をサポートする栄養素...
正直、野菜ジュースが手軽に作れるパウダーってそんなにめずらしくない。野菜・果物・スーパーフードをパウダー状にしてブレンドした「NICE n EASY」を見...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...