僕の部屋がめっちゃ広く感じる、とあるヒミツ

きっとあなたが思う以上に、ホームプロジェクターは進化してます。

たとえば、今回紹介するエプソンの「EPSON EH-LS300B/W」は、もうほんとに壁の近くに置くだけ

壁と6cmほどのスキマがあれば、65インチのサイズで投影。たった40cm離すだけで、最大120インチまで映せるんですって。

壁との距離を気にする必要もなし。AVボードにテレビを置くのと変わらないスペースで、大画面を堪能できるのがいまのホームプロジェクターなのです。

ほかにもたくさん進化してますよ。

映してないときは
部屋めっちゃスッキリ。

「そんなに大きくてもね……。50インチくらいのテレビがあればいっか」と思ったそこのあなた。

テレビってインテリアの中でも、かなり存在感ありません? 画面を消しているときにあの真っ黒が佇む感じ、威圧感ありません?

当然ですが、壁やスクリーンに映すのがプロジェクター。電源オフのときは、壁も空間もスッキリなわけですよ。部屋の印象もがらりと変わるでしょう。

壁に寄せて設置できるので、わざわざプロジェクターのテーブルや場所を用意しなくてOK。テレビ台の上に置けば完璧です。

小さいお子さんやペットがいて「テレビを倒さないか心配」という人も、プロジェクターなら安心ですね。

→さっそくチェック

映画もスポーツも
迫力120点満点。

ここまで話しても、プロジェクター購入になんとなく不安な人もいるかと。「ピンキリすぎてわからない」とか「画質が荒そう」とか「部屋暗くしないとダメなんでしょ?」とか。

このプロジェクターは、レーザー光源(3LCD方式)ならではの高画質が特長的です。要するに、めちゃくちゃ画質がいいってこと。その感動たるや、もう以前の生活には戻れないって思うレベル

映画はより臨場感たっぷりに、スポーツ観戦はより白熱して、ゲームだってより手に汗握るはず。常套句だけど、お部屋が映画館やスタジアムになることでしょう。

Android TV™機能も搭載してるから、動画配信サービスやスマホのコンテンツもかんたんに大画面で楽しめます。贅沢!

スピーカーとしても使えちゃう
しかもヤマハ製!

さすがは、長年家庭用プロジェクターをつくり続けてきたエプソン。

本を読みたいとき、仕事や家事をするときには、Bluetooth®スピーカーとして使うこともできます。というより、積極的に使いたい。

音響は、ヤマハが手がけています。説明するまでもないですね。音楽はもちろん、ラジオやポッドキャストなどの音声コンテンツを流すときも、2.1chスピーカーが活躍してくれること間違いなしです。

これ1台あるだけで、家で過ごす時間が一気にアップデートしますよ。もはや、ホームプロジェクターの域をちょっと超えてます。

→もっと知りたい

何より、デザイン家具みたいな
馴染み感がいい

さてさて、家電をどうやって部屋に馴染ませるか問題は、お部屋づくりの永遠のテーマ。

とくに、機能が充実しているプロジェクターともなれば、ごてごてしてるのかと思いきや、こちらをご覧あれ。どんな部屋にもすぅっと馴染むデザインが心憎い!

テレビボードに置いてもよし。あえてラフにウッドチェアや、ボックスに置いちゃうなんてのもよし。インテリアの自由度も格段に上がるし、ライフスタイルそのものが心地よくなりそうです。

“迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ”なんて箴言があるようですが、このプロジェクターの購入、迷う理由が見当たりません。

→詳しくはコチラ
厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
「インテリジェントプロジェクターT5」は、レンズ部分が90度回転し、壁や天井などを簡単にスクリーンに変えてしまうスグレモノ。これがあれば“おうち時間”も楽...
ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』」は、好きな映画や写真などを、家中のさまざまなところに投写できる画期的な商品。持ち運びやすい小...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
わずか月額約1,800円で20万冊以上が閲覧できるだけでなく、ハイライトもつけられるとのこと。
シーリングライトでありながら、プロジェクターとワイヤレススピーカーの機能を備える「popIn Aladdin」の後継機が登場。フルHDに対応し、調光や調色...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
無印良品の「インテリアフレグランスセット」は、250mlと60mlの2サイズ展開。ラタンスティックとセット(後者には磁器ホルダーも!)でそれぞれ2990円...
透明ディスプレイを採用していて、どんな部屋にも馴染むミニマルなテレビの紹介。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
NetflixやYoutubeを大画面で視聴できる「巨大スクリーン」と「高性能スピーカー」がついた夢のようなスマートベッド「HiBed」には、そのほかにも...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。