なんと200周年! 知っておきたい「ジョニーウォーカー」の本当の魅力

スコッチウイスキーで世界一のシェア数* を誇る「ジョニーウォーカー」。

四角いボトルに斜め24度で傾いたラベルや、ブランドマークであるストライディングマン (闊歩する紳士)と聞けば、飲んだことがない人でも「あぁ、あのお酒ね!」とイメージできるのではないでしょうか。

そんな「ジョニーウォーカー」の物語が、ちょっとした大作映画のようなストーリーだったので紹介させてください。

話は、自分の名前をブランドに冠したひとりの男性から始まります。名前はジョン・ウォーカー。舞台はスコットランド南部のキルマーノック。およそ200年前のことでした。

*Impact Databank 2019に基づく販売数量

01.
ジョン、14歳で創業!

いまの日本の感覚で言うなれば、思春期ど真ん中。中2くらいでしょうか。

14歳のときに父を亡くしたジョンは、生まれ育った農場を売り、その資産を元に雑貨店をオープン。同世代の少年たちも、畑や製粉所、鉱山で働いていた時代だったそうです。

ジョンは、お店で取り扱っていた紅茶やスパイスのブレンディングにヒントを得て、シングルモルトのブレンディングを開始。

これの何がすごいって、当時必ずしも品質が安定しなかったウイスキーが、高い品質で安定供給できるようになったってこと。複数のウイスキーをブレンドすることで味わいにも奥行きが生まれ、上顧客を中心に瞬く間に大ヒット!

02.
優秀すぎる「ウォーカー」一族

創業者であるジョンのひらめきや商才ももちろんすごかったのですが、ジョニーウォーカーブランドの飛躍を語る上で、その息子や孫たちの手腕も無視できません。

たとえば、息子のロバートとアレキサンダーがビジネスを継いだ頃、イギリスはまさに産業革命の真っ只中(歴史で習ったあの時代です)。キルマーノックの街にも鉄道が開通し、1867年にはジョニーウォーカー史上初となるウイスキーの大量生産をスタート!

ちなみにアレキサンダーの2人の息子、アレキサンダー2世とジョージも、それぞれブレンダー、ビジネスマンとして驚くほど優秀だったとか。恐るべし……ウォーカー家の才覚。

03.
日本が大政奉還に揺れる頃……
船長たちがアンバサダーに!?

話をジョンの息子、アレキサンダーの時代に戻しましょう。

大量生産に成功した「オールド ハイランド ウイスキー」を携え、アレキサンダーはすぐにグラスゴーの大型船の船長たちを招集。それぞれの渡航先に自慢のウイスキーを届けてもらう“アンバサダー” として協力してもらったのです。

これをきっかけに、瞬く間にワールドワイドへ広がりました。

Wherever ships could sail. 文字通り、当時船で行けるほとんどの地域で飲まれるようになったのです。

1867年——、日本が大政奉還に揺れている時代の出来事です。

04.
画期的かつ合理的!
「四角いボトル」と「斜めラベル」

文頭でも紹介した、ジョニーウォーカーの2つの特長を覚えていますか?

四角いボトルと、24度傾斜したラベル。

これが、当時としては超がつくほど革新的だったんです。

ボトルを四角い形状にしたことで長い船旅中の破損が減り、積荷本数の増大につなげました。また、斜め24度に傾いた個性的なラベルにもちゃんと理由があります。

ラベルを斜めにすることで大きな文字での印刷を可能にし、かつ世界のどこのお店に置いてあっても、パッと一目でジョニーウォーカーを見つけられるようにと、視認性効果もアップさせたのです。

05.
有名な「ストライディングマン」は
ランチ会議中に生まれた?

ここでは、ちょっとした裏話を。

ジョニーウォーカーといえば、闊歩している紳士のマスコット「ストライディングマン)」が有名です。

このロゴからは「KEEP WALKING」という、ジョニーウォーカーからのメッセージも伝わってきますし、まさにブランドの魂とも呼ぶべき存在。

ですが、その誕生の瞬間は意外なものでした。

当時の売れっ子イラストレーター、トム・ブラウンとのランチ会議中のこと。テーブルの上のナプキンに、歩いてる男性の絵を描かせたものがそのまま採用されたのだとか(笑)。

06.
今から100年前の1920年。
すでに120ヵ国で飲まれていた

時は1909年。創業者の孫にあたるアレキサンダー2世とジョージは、人気が高かった2つの商品「オールド・ハイランドウイスキー」と「エクストラオールド・ハイランドウイスキー」を、それぞれ「ジョニーウォーカー レッドラベル」「ブラックラベル」と名付けました。(そう、100年後の今でも私たちがお世話になってる、レッドラベルとブラックラベル12年の原型とも言えますね)

この時代から多くの国で展開していたからこそ、言語に関係なく認識できる「ラインナップを色で表現する」というアイデアも、さらなる飛躍のきっかけに。

雑貨屋から始まったジョニーウォーカーですが、1920年の時点ではすでに120ヵ国に展開。多くの映画スターや映画監督、歌手、作曲家、小説家にも愛されました。

そしてついに、その品質が認められ、1934年1月1日。国王ジョージ5世より王室御用達の任命を受けたのです……!

07.
5大ウイスキーの10杯に1杯は
「ジョニーウォーカー」

なんと800万樽という、とても多くの樽保有数を誇る「ジョニーウォーカー」。

と聞いてもピンとこないかもしれませんが、25mプール5,555個分(だいたい東京ドーム2個分)と聞いたら、驚くのでは?

いわゆる5大ウイスキーの約2杯に1杯はスコッチが選ばれているそうで、そのスコッチの中の5杯に1杯はジョニーウォーカー。つまり5大ウイスキーの10杯に1杯は「ジョニーウォーカー」が選ばれている、ということなんです*。

 * IWSR2018に基づく販売数量

08.
KEEP WALKING。
これからも、歩みを止めないために。

いやー、創業者ジョンのひらめき息子や孫たちのビジネス&ブレンディングセンス随所で分岐点となるマーケティングアイデア。いずれも書籍や映画でじっくり見たくなるレベルのエピソードばかりです。

14歳の創業者、ジョン・ウォーカーのたくましい一歩から始まった物語。200年経った今でも、私たちが歩みを止めないために背中を押してくれるようなブランドストーリーでした。

いつか映画化して欲しいな〜。ジョニーハイボール片手にワクワクしながら観てみたい!

→詳しくはコチラ

 

-------------------------------

今なら、ジョン・ウォーカーの200年の大いなる旅を記念し、時を超え愛され続けてきたことへの感謝を込めた「KEEP WALKING 200 YEARS オリジナルギフトキャンペーン」を実施中!

公式Twitterアカウントをフォロー&ツイートするだけで、毎日最大200名様に「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 200ml」1本付きオリジナルグッズが当たります。

応募締切は2020年12月31日(木)なので、お早めに。

→応募はコチラ

<内容物>
- ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 200mlボトル1本
- ハイボール用プラカップ 2個
- ブランドブック1冊

<応募期間>
2020年12月31日(木)24:00まで

<応募方法>
※応募資格 20歳以上の方のみご応募いただくことができます。
① ジョニーウォーカー 公式Twitterアカウント @johnniewalkerjaをフォロー
② 対象ツイートのボタンからツイート
③ 公式アカウントから来る、くじ付きのリプライで、その場で当選結果がわかる! 当選された方にはその後ダイレクトメッセージが届きます。

→応募はコチラ
もっとジョニーウォーカーの記事を読みたい!

関連する記事

「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
世界No.1スコッチウイスキーブランドとして名高い「ジョニーウォーカー」主催のオンラインライブが開催。12月28日(月)20:00より配信予定。
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
世界各国のウイスキーのなかから最高賞を決める2020年度の「ワールド・ウイスキー・アワード」において日本の3銘柄が世界最高賞を受賞。
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
「ザ・ウイスキー・スタジオ」は、ウイスキーに興味のある人や初心者などがウイスキーの楽しさを体感できる定額制サブスクリプションサービス。自宅に毎月テーマに合...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モ...
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?