これこれ! 2,000円の「IDカードホルダー」がかわいい

「IDカードホルダー」って、仕事の都合で常につけてなきゃいけない人も多いけど、ちょっと気になりません? 支給されるやつだと味気ないし、カチャカチャ音が鳴ってうるさかったり、ふとした瞬間にカドが刺さって痛かったり(笑)。

だからこそ、柔らかいシリコン素材の「IDカードホルダー」を知ったときは「そうそう、こういうのが欲しかった!」って感じでした。色もかわいいし(レザーだとこの雰囲気は出ない……)、つい触っちゃうムニムニ感もいい。

「質感が気持ちいい」だけでも十分 “買い” なんだけど、この「IDカードホルダー」には、まだまだヒミツがありました。

なんと、メモ帳にもなる。
コレすごくない!?

じつはこのIDカードホルダー、「腕にまけるメモ」や「メモできるスマホケース」などで累計50万個以上売れた* 大ヒットシリーズ「wemo」と、あの「コクヨ」がコラボレーションした新商品なんです。ちなみにwemoは、ウェアラブルなメモ、という意味。

胸元にぶら下げているムニムニのIDカードホルダーが、とっさに使える「メモ帳」だと想像してみてください。

ビジネスシーンでも
「手書きでメモしないと、怒りそうな上司の前で」
「ストックするほどではない、簡単なメモに」
「雑談かと思ったら、いきなり仕事の話をする先輩の前で」

など、いろいろ使えそうです。こまめにメモを取って「あ……失念してました」にオサラバしましょう。

知らない人の前でいきなり使いだしたらきっと驚かれるけど、「これ、かわいくないですか? 何度も書けるし、簡単に消せるんですよ」と返せばOK!

*2020年8月末時点

→気になる

いろんな仕事に便利!
「いつでも書ける」安心感

とはいえオフィスワークが中心で、パソコンやスマホにメモするのが習慣になってる人には、いまいちそのメリットがピンとこないかも。

でも、介護士さんや保育士さん、イベントスタッフさんのように、慌ただしく働くなかで「短期メモ」が大量に必要になる人たちにはとっても便利なんです。

たとえば、介護を受ける方のパーソナルデータや、もうすぐ無くなりそうな備品などをササっとメモしておけるし、少し濡れたくらいでは消えないので、せわしなく動き回るときほど重宝します。

また「君、これ、〇〇さんに伝えておいて〜」という会話が頻繁に飛び交うようなイベント運営の現場でも、抜け漏れなくスムーズに、かつ書いては消して、と何度も活用できます。

職種によって大小あれど「わかる〜」という人も多いはず。いざというとき「いつでも書ける安心感」があるだけで、気がラクになるんですよね。

さらに、シリコン素材であることがこういう現場でも役立ちます。万が一、患者さんや子ども、大事な機材などにぶつかったとしても、柔らかいから安心〜。

→今すぐ欲しい!

いっそ、書かなくてもいい(笑)

もちろん、仕事で「メモ帳的に使える」っていうのは、ひとつの例にすぎません。

お気に入りの絵を描いたっていいし、自分への応援メッセージをこっそり書いておいたっていい。

しかも最後のダメ押しですが、wemoは裏面に「隠し文字」が刻まれていて、暇つぶしもできる「遊べるIDカードホルダー」なんです。

よ〜く見てみると「SUSHI」「BBQ」「BEER」……!?

退屈な会議中や、微妙に空気が重いエレベーターの中……など、いろいろな単語を見つけて遊んでみてくださいね!

カラー:グレー、グリーン、イエロー

そうそう最初にも言いましたが、こんなに “気持ちいい” IDカードホルダーが2,000円。

悩むとしたら、どの色にするか、くらいですね!

→詳しくはコチラ
手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
このアイテム、カードホルダー以外の要素が強烈です。カード類やペンはもちろん、ドキュメント保存用のSDカードまで入るとあり、なかなか普段使いにも気が利いてま...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
イラストレーターのNoritake氏がディレクションを担当し、〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉と一緒に作っている〈OLL(オール)〉のカードスリーブ。シ...
小橋賢児が自身初となる著書『セカンドID』が発売することになった。既存の枠にとらわれない、ボーダーレスな視点を持つ彼が語る、本に込めた想いとは?
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。「私は...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
「KYOKO TSUDA」は、独特でグラフィカルな要素を用いてプロダクトに展開するアクセサリーブランドです。