充足感のあるバンライフは「新しい暮らし方」だ

移動を制限されているなかで、たくさんの人がワーケーションやキャンプなどで仕事と日常生活を両立させながら、新しいライフスタイルを楽しんでいる。バンライフも、その選択肢のひとつ

3密を避けることもできるし、リモートワークのメリットを活かすこともできる。忙しい生活では足りていなかった自由を感じられるのだ。

バンライフに憧れていたとしても……気軽に始められるほどハードルは低くない。

そこで、すでにバンライフを実践しているKEIさんにアドバイスをいただくことに。ワクワクする回答ばかりで、読んだら背中を押されたような感覚になるはずだ

 

憧れから始めた
「バンライフ」

“gopro”

KEIさんは旅するクリエイターとして知られているバンライファーだ。そもそも、なぜバンライフを始めたのだろう?

 

「2018年の夏、アメリカでビデオグラファーと出会ったことがきっかけですね。彼は最低でも1日80万円を稼いでいると言っていたけど、バンで生活していたんです。それは自由を求めるためだそうで。お金を持っていても、あえてミニマルなライフスタイルを実践している姿に衝撃を受けて、自分のなかで憧れが強くなっていきました

 

憧れているだけでは夢を叶えることはできない。そう理解している彼は、一歩目を踏み出す前に自分の頭のなかで考えたことを教えてくれた。

 

「自由には、経済的自由と時間的自由と体力的自由という3種類があると分析しました。その総合力を高めることを僕は目指していて、それを実現するには工夫をし続けることが大切だと考えています。バンライフをしている僕にしかできないことはなんだろう?と自らに問いかけて、答えを実践していく。旅先で知ったレストランなどを撮影して、それがきっかけとなって仕事をもらえているのは、工夫をしたからこその結果ですね」

 

KEIさんは「クリエイターとしての強みを活かしやすくなった」とも言っていて、バンライフならではの働き方を楽しんでいるという。一方で、日常生活に関する魅力はこう話す。

 

「新幹線や飛行機で移動すると“密”を避けられないけど、バンなら問題はありません。あと、自分の気分に合わせて気軽に行き先も変えられるし、ガイドブックに載っていない魅力に出会える機会が多くなりました。たくさんの人に出会えるのも楽しいですね」

GoPro HERO9 Blackは
バンライフの「体験」を撮れる

“gopro”

仕事と日常生活の両方をバンライフで満喫するKEIさんが必需品のひとつと表現するのが、GoPro社のカメラだ。

 

「GoProは他のカメラと違って、自分の楽しんでいる様子や自分が発信したいメッセージを撮影することに長けています。撮っているのはモノというより体験に近いですね。GoProならバンライフで起きたことを動画に残しておけるので、持っておくだけで思い出が増えますよ」

 

じつは、彼はGoPro社が認めるアンバサダー「GoProファミリー」としても活躍している。だからこそ、魅力的な説明をしてくれるのだが、実際の役割をこう説明する。

 

「GoProファミリーとしての僕の役割は、撮影方法の深掘りをすることだと考えています。たとえば、バンライフの魅力を伝えるために、毎日のようにトランクを開けて後部座席から撮影をするようにしています。構図が一緒だとしても見える景色が違うと、それが同じ場所で目を覚ますことがないというバンライフの魅力を伝えられると思うので」

“gopro”

バンから降りた時は、カヌーのパドルにGoProをつけたり、専用アクセサリーのグリップでGoProを持ったり、撮影をした動画を常に確認しながら撮影方法について考えているという。KEIさんが言っていた「工夫をし続ける」ということは、こうした発言から日常的に実践していると感じとれるだろう。

 

「新しくリリースされた『GoPro HERO9 Black』は、前面にモニターがついたので自撮りをしている時でも撮影している動画を確認することができます。僕がやっている撮り方の発掘や工夫は少し経験値が必要でしたけど、初心者の方でも簡単にチャレンジできるようになりましたね」

 

他にも「GoPro HERO9 Black」は、前モデルと比べて最大で30%もバッテリーが長持ちするし、5Kビデオを撮影することも可能。手ブレ補正も非常に優れている。

→詳細はコチラ

GoProを片手に
週末バンライフを始めよう

“gopro”

GoPro社は、気軽に動画の編集ができる「GoPro アプリ」もリリースしている。

 

「GoProのアプリって、本当に動画の編集をするのがラクなんですよね。僕が1年くらいかけて経験したことを全部やってくれるイメージです。試しに使ってみた僕の父親には、『お前の仕事、なくなるんじゃないか?』って言われましたよ(笑)

 

たしかに、その利便性を説明するにはピッタリな表現だ。たくさんの写真や動画を撮影し編集してきたKEIさんは、そんなGoPro製品が身近にあることには、どんなメリットがあると考えているのだろう?

 

「ビデオグラファーとしては、GoProを持っていると撮られる側の警戒心が簡単に緩むと思っています。カメラ自体の雰囲気が明るいんですよね。一眼レフをかまえると固まる人でも、GoProなら大丈夫みたいなことはよくあります。あと、瞬間だけではなく、その人が楽しんでいる姿を切り取れて、ストーリーをみせることができます。これはバンライフの時にも感じていて、相手が一緒に撮影を楽しんでくれますし、すぐにシェアができるのも魅力です」

“gopro”

バンライフとGoProの相性がいいのは、だんだんと分かってきた。これだけ魅力があっても、やっぱり一歩目を踏み出せない人もいるだろう。そんな人に対して、KEIさんはこうアドバイスしてくれた。

 

「1ヶ月間、東北縦断と北海道一周をしたのですが、ふたりで12万円しかかかりませんでした。ガソリン代や高速代も込みで、です。旅行と考えても、暮らしと考えても、とても安いですよね」

 

だけど、多くの人に足りないのは、お金よりも時間だ。

 

「まずは週末でもいいから、バンライフをやってみる時間を作ってみてください。そうしたら好きになっていくし、魅力にも気づいていきます。バンを持っている人と使いたい人をマッチングさせるサービスや、キャンピングカーを借りられるサービスもあるので、ハードルは低くなっていますよ。だから、まずはGoProを持って週末バンライフから始めるのがオススメですね」

「GoProは、
カメラを超えたカメラだ」

KEIさんは「GoPro HERO9 Black」のことを「カメラを超えたカメラ」だと表現している。これはGoPro社の特徴が機能性ではなく体験そのものを提供しているからだという。

 

「GoProを好きな人たちはマウントのとりあいではなく、撮影方法をシェアしています。持っている人たちが仲良くなる仕組みをつくっているのが素敵ですよね。だから、僕はGoProでの撮影が好きなんだと思います」

 

そんなGoPro社の新商品「GoPro HERO9 Black」の気になるスペックは、以下の通り。

“gopro”

・フロントスクリーン
・20MP写真に対応
・5K30動画を撮影可能
・水深10mまでの防水性能
・スマートフォンへの自動取り込み

まだまだ紹介しきれていない機能があるので、バンライフを始めるきっかけに購入してみるのもいいかもしれない。

→今すぐ欲しい!

関連する記事

移動も宿泊も思いのまま。キャンパーバンで「車中泊」をしながら停まった場所を泊まる場所にする「バンライフ体験」を。
一生に一度はやっておきたいこと、やってみたいことってありますよね。そんな中でもランクインしやすい「キャンピングカーで大陸横断」、「バンライフ」、「ひとり旅...
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
パクチー普及のために2007年からパクチーの種を配布しているパクチー銀行が、今年も​「パクチー育てる」89日間 国民運動を開催。5月13日〜8月9日まで。...
先日、アメリカの中古車販売店が売り出したバンには、ガルウィングドアやタイムトラベル用の装置が搭載されています。まさに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデ...
家などで撮影したコンテンツを「GoPro」が募集する「#HomePro チャレンジ」が開催中。毎日5名に「GoPro HERO8 Black」または「Go...
仕事を辞めて、クルマを改造して、旅に出る。まあ、1度はそんな話を聞いたことがあるかもしれないが、RichmondとJulianaの2人ほどDIYに徹底して...
数あるアウトドア用のフットウエアのなかから「ロングライフ=長く付き合う」という目線で厳選したモデルをご紹介。「ダナー」や「メレル」といったデイリーユースで...
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
ビジネス系SNSの「LinkedIn」が、プロフィールに記載する職種欄に「stay-at-home mom(専業主婦)」「stay-at-home dad...
4月2日より日本でも購入できるようになった「GoPro Fusion」。実際に使ってみた感想を紹介。後半では、撮影のコツも載せています。
「グローバルWiFi」は、オプションサービスとして、アクションカメラ「GoPro HERO8」のレンタルを開始した。1日1700円の追加料金で利用が可能。
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
Julius Senkusさんは、新婚旅行で妻のNeringaさんと一緒にシチリアを訪れていました。そこで、落とし物のGoProカメラを発見。中に保存され...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
アメリカ人女性として初めて宇宙遊泳をおこなったキャサリン・サリバン氏が、6月7日、マリアナ海溝の最深部「チャレンジャー深淵」に到達した。水深は1万メートル...
旅には、人生が凝縮されています。
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。