ケニアで話題。ゴミからエネルギーをつくる新たなエコ革命とは?

アフリカ、ケニア。あまり日本でニュースになることのない国だが、2011年に地熱発電所建設に際して日本企業が受注したことが話題になった。

同国では人口のおよそ84%、3200万人もの人たちが安定した電気供給を受けられない生活をしている。ケニアでは電力の確保が急務なのだ。

地熱発電は国家的なプロジェクトだが、DIYで電力を生み出そうという動きもある。それが「access energy」プロジェクトだ。不要となった車の部品や金属などを再利用して、風力発電用のタービンを作るという画期的な取り組みだ。

こちらがそのタービン。まだまだ草の根的な活動であり、サンプル段階のようだが、これひとつで、50世帯分もの電力を作ることができるという。

地熱発電+風力発電。ケニアの未来は明るいだけでなく、とってもエコかもしれない!

supportedbybeforward

beforward_btn01

Reference:Access Energy 

 

 

Sponsored by BE FORWARD
他の記事を見る
ミュージシャンやビデオグラファーとして活躍するCee-Rooさんのビデオは、視覚だけでなく聴覚的にもワクワクするような作品になっている。
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...