カップルの不安を「アイデア」に変えてくれる!オリジナルウェディングの「4つの魅力」

0044

10426533_718151331564387_7224992851560746857_n

main_ph

今なら、まだ6月に間に合う!

オリジナルウェディングが人気だ。
パッケージされたウェディングにはない「自分たちだけの結婚式」は、一生の思い出に相応しい。一方で「どこに頼めばいいの?」「高価なのでは・・・」といった不安もある。

そんな不安を吹き飛ばしてくれる存在――それが、今最も注目を集めているウェディングプロデュース会社「crazy wedding」だ。彼らが手掛けるウェディングは、他の追随を許さないほど個性的で、なによりも新郎新婦からゲストまでを虜にする。ここではcrazy weddingの魅力を徹底分析。6月に結婚式を考えているカップルは必見。相談してみるなら今だ!

crazy_attention_c1

魅力①
ノープランでOK!専属プロデューサーが、コンセプトを作成してくれる!

10926256_10204882196511130_4351326017166241214_o

オリジナルウェディングというと「実際にどうしたらいいのかわからない・・・」というイメージがあるが、crazy weddingでは、各カップルに専属プロデューサーがついてくれる。ふたりのことをしっかりとヒアリングした上で、プロデューサーがコンセプトを提案してくれるので安心だ。しかも、具体的な演出や装飾に関しては、これまた専属のアートディレクターが担当。ふたりの世界をバッチリ表現してくれる。

魅力②
ウェディングが、
人生を変えるきっかけに!
0037-2941242405-O

オリジナルであればなんでもいいわけではない。crazy weddingがこだわっているのは、「ふたりの個性を表現すること」。ウェディングを準備していく過程で、自分たちの個性や価値に気づく新郎新婦も多く、彼らの中には、ウェディングを機に起業したり、両親との関係性を修復する人もいるそう。

crazy weddingのウェディングは、人生を変えてしまうほどの感動に満ちているのだ。

魅力③
新郎新婦だけでなく、
両親やゲストからも好評!

hiramatsu29 hiramatsu24

オリジナルウェディングへの不安のひとつに「ゲストが満足してくれるか・・・」というのがある。しかし、crazy weddingでは、新郎新婦だけでなく、出席したゲストから「素晴らしい式をありがとう」と感謝の言葉をもらうことあるほど。ゲストの満足度が非常に高く、なかには「私たちもこんな式を挙げたいんですが・・・」と、その場で結婚を控えたゲストが申し込みすることもあるのだとか。

魅力④
一生満足感が持続するほど、
コストパフォーマンスが高い!

0014-2941242200-O

10915006_10204882581840763_1835880980971882054_o

ウェディングの値段は決して安くはない。2時間程度のパーティーに数百万円をかけるのが当たり前の業界だ。それでも納得できればいいが、パッケージされたウェディングでは、高ければ高いほど料理も場所も豪華になるし、上を目指せばキリがない。しかし、crazy weddingのウェディングは、完全にふたりのためだけにプロデュースするもの。時間が経っても、他のウェディングに何度出席しても、満足度は変わらない普遍的な魅力を持つ。
しかも、crazy weddingの価格は、一般的なパッケージウェディングの値段と大差がないのだ。

crazy_attention_c2
※お申し込みいただいた方には、crazy weddingのプロデューサーからご連絡させていただきます。

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

Sponsored by CRAZY WEDDING

ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
この4種類をデスクに常備しています。
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...