「今すぐ実行!」自己満足じゃない。本当に喜ばれる親孝行7選

親孝行って難しい。世代も趣味趣向も違う両親に向けて、何をしていいかわからないというのが、偽らざる世間の気持ちなのでは?  というわけで、本当に親が喜ぶ孝行の数々を集めてみました。 ちなみに、世代は限定していません。10代から30代まで、多くの人に役立つ内容になってますよ!

01.
この先、両親と過ごす時間を
計算してみると・・・

まずはマインドセット。両親と過ごす時間をざっくりと計算してみましょう。例えば、現在両親の年齢が50歳だとして、80歳まで健在だとします(少々乱暴な話ですが、あくまで例です)。残り30年。1年に正月と盆の2回、合計10日を親と過ごすとすると、あと両親と直接コミュニケーションが取れるのは、1年間もない計算になります。残念ながら両親と過ごす時間は有限なのです。

02.
電話やメールではなく、
「絵はがき」を送る

離れた場所で暮らす両親に電話する、メールをするというのもいいですが、ここでオススメしたいのは絵はがきです。多くの親世代はケータイやスマホでのコミュニケーションに慣れていません。メールで子どもや孫の画像をもらっても「うれしいけれど、何かもの足りない」と思ってしまうのは想像に難しくありません。 その点、絵はがきなら画像データにはない温もりがあるし、手書きのメッセージをつけることで手紙の役割も果たすので、とても喜んでもらえるはずです。

photoback04_btn_01 img_b

Androidの人はコチラ!

03.
自分が子どもの頃の
アルバムを一緒に見る

両親と一緒にいる時に何をすれば孝行になるのか? その答えのひとつがコレです。思い出を語り合うことは、懐かしい気持ちに浸るだけでなく、自分(子ども)と両親の関係を再確認できる効果も。ついでに、ひと言「ありがとう」という感謝の気持ちも伝えたいですね。

04.
健康診断を
予約してあげる

親世代の一番の心配事は、健康です。とはいえ、なかなか自分から健康診断を受けるというのは億劫だったり、ちょっとこわかったり。簡単なものでもいいので、健康診断や人間ドックなどを予約してあげて「ちょっといってきなよ」と声をかけてあげること。その場では面倒くさがるかもしれませんが、なによりの親孝行になるはずです。

05.
母親と一緒に
台所に立つ(男女問わず!)

得手不得手なんて関係ありません。たまには母親と一緒に台所に立って、料理をしてみましょう。自分が好きだった母親の手料理や学生時代のお弁当のことなど、普段はしないような会話も弾みます。食卓を囲む際には、父親も混じって、家族団らん。ねっ、素敵でしょう?

06 .
親を頼る

ちょっと逆説的ですが、これもとても喜ばれる親孝行。例えば、孫を預けるとか、自宅で好きな料理をおねだりするとか。口では「いくつになっても子どもね」なんて言われるかも。でも、その通り。両親からみれば、あなたは永遠に子どもです。頼られるのは、両親にとって心地よいことだったりします。

07.
子どもの頃に行った
旅先へ、もう一度

m005 自分が子どもの頃に両親に連れて行ってもらった旅行。その思い出の場所をなぞるように、今度はあなたが両親を連れて旅に出るのはどうでしょう? 日常ではできないような会話も、非日常である旅先でならできるし、新しい思い出が作れるはずです。

photoback04_btn_02 img_b

Androidの人はコチラ!

 

Sponsored by コンテンツワークス

“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...