靴のなかで脱げて、くしゃくしゃになる!「アノ靴下」を、脱げにくくした驚きの方法とは?

つま先と踵のみを覆うフットカバー。春夏にヒールやパンプス、スニーカーと合わせるのが定番ですよね。とっても便利なこのアイテム、各メーカーからいろいろなタイプが発売されていますが、なかでも今年早くも話題となっているのが「無印良品」のもの。

150317_20150313_2997無印良品のフットカバー(単体価格1足 370円 いっしょ割引3足で1,000円※すべて税込み価格)

一見何の変哲もない、ごくごくフツーのフットカバーですが、このアイテムは、約3200人もの女性の意見が反映されたスグレモノ。「無印良品ってそんなこともやっているの?」という声が聞こえてきそうですが、そんなリアルな女性の意見の抽出をしたのが、無印良品が行った「フットカバー改良プロジェクト」。その様子はwebサイト「くらしの良品研究所」で発信されています。

「くらしの良品研究所」とは?新たな商品開発や既存商品の点検に役立てるべく、ユーザーとコラボレーションしながら行う商品開発の様子を発信しているwebサイト。商品についてユーザーからのリクエストも受け付けている。

フットカバー最大の不満!
「靴の中で脱げてくる」

無印良品がまず行ったのは、フットカバーに関する調査。世の女性たちが既存のフットカバーにどんな不満を持っているのかを調べたところ・・・。

muji_graph

※対象:フットカバーを着用したことがある20代~40代の女性、3169名にアンケートを実施

グラフにある通り、なんと70%以上の人が靴を履いている時に「フットカバーが脱げる!」という不満を持っていることが判明。歩いているうちに、靴の中で脱げたフットカバーがくしゃくしゃになって脱げちゃう・・・ほとんどの人がそんな経験をしているんですね〜。

そもそもどうして
フットカバーって脱げちゃうの???

無印良品によると、従来のフットカバーは、靴を履く時や歩いている間に、かかとから生地が滑り落ちてしまい、土踏まずの辺りでくしゃくしゃになってしまうパターンが多いことが判明。かといって、履き口を強く締め付けると、かかとやつま先が痛くなったり、かゆくなったり・・・。
世の中の多くのフットカバーは、そんなジレンマを抱えていたのです。

改良された無印良品の
フットカバーは“ココ”が違う!

「脱げにくいフットカバーを!」。そんなユーザーの悩みを聞いた無印良品は、アンケートリサーチのみならず、一般女性にグループインタビューなどを実施。ただただ脱げないだけでなく、「つま先が痛くならない」「靴をはいたら見えない」というニーズも抽出。その意見をもとに、改良に改良を重ねたのが、冒頭のフットカバーというワケだ。
従来のフットカバーとの違いとは?

01.
脱げにくい&履きやすい
秘密は「履き口の素材」にアリ!

150317_20150313_3003

靴の中でも脱げないように、履き口にはゴムのように滑りにくく、伸縮性のある糸を採用。脱げにくいだけでなく、履きやすさ抜群です。

02.
さらに、編み目の違いが、
ストレスを解消する!

150317__20150313_3014

従来は脱げにくさを解消するため、締め付けられていたつま先部分は、横幅を広く取り、編み目も大きくなりました。これによって履き心地もゆったりとして、長時間履いても痛くなりにくい!

約97%が
「脱げにくい!」を実感!

発売前に再度、ユーザーにテストで使ってもらったところ、65%が「脱げなかった」、31.7%が「普段履いているものよりも脱げなかった」という結果が! 合計約97%が従来のフットカバーよりも満足したというわけです。
さらに「痛み」に関しても、91%が「感じなかった」と答えています。

muji_002

日常のちょっとした「使いにくさ」や「イラッとするところ」を徹底的に研究して、商品に反映していく・・・無印良品のアイテムの裏には、そんな開発ストーリーがあるんです。
その努力の結晶、まずはこのフットカバーで体験してみてください。 ホントに「脱げにくい」ですよ!

暮らしについてユーザーと一緒に考える
そんな「くらしの良品研究所」について

muji_btn02

Sponsored by 無印良品

3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
アウトドアを楽しむ時、持っていく「靴」って迷いませんか?アクティブな動きに耐えられるしっかりとした造りが欲しい、でもかさばらないようにコンパクトであって欲...
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
「靴みたいに耐久性がある靴下」「靴下みたいに軽い靴」どちらもあったら嬉しい機能ですが、シカゴのスタートアップ企業が開発したのは、まさにそんな1足。「SKI...
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
気に入った場所でくらすという、あこがれをカタチにする道具。そんなイメージから無印良品がつくりあげた「小屋」が、千葉県南房総市に位置する多目的施設「シラハマ...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
屋外でスポーツを楽しんだあと、男性たちのようにその場で汗だくのシャツが脱げたら、どれほど楽なものか。トイレや車の中で小さくなって着替えるあのストレスを少し...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
ここ3、4年でフリマアプリが急激に広まったことで、そういった取引はもっと活発になったようにも思う。けれど、さすがに女性の『初体験』をオークションにかけるサ...