30代から圧倒的支持をうける『小さなスピーカー』、その4つの理由とは?

何ごとにもこだわりを持つようになる30代。安モノで我慢していた人も、本当にいいモノにならお金を使っても惜しくないと考えはじめるのもこの年代です。

例えば音楽。若いころに買ったそれなりのオーディオをそろそろ卒業し、ホンモノの音楽を味わってみたくなるもの。実はいま、そんな30代から絶大な人気を誇る「小さなスピーカー」が話題になっています。

価格.comより(http://kakaku.com/pc/bluetooth-speaker/)
※参考 価格.com(http://kakaku.com/pc/bluetooth-speaker/)より(2015年9月15日現在)

実際に試してみたところ、納得せざるを得ない『4つの理由』がありました。

01.
もちろん音質は最上級!
重厚な低音が好評価

_M2A1312

コンパクトだからといって、音質が犠牲になっては意味がありません。そこは音を追求するBose製のスピーカー、たとえ小さくても、流れる音はサイズからは想像できない迫力のサウンドでした

また、もっとも評価されているのは、軽くなってしまいがちな低音域。こんなに小さなボディのいったいどこから出ているのかと驚くほど、歪みのない低音が響き渡ります。

02.
自宅のどの部屋にいても
変わらない音楽が楽しめる

もはや固定の大きなスピーカーを置いた部屋でしか、いい音楽を楽しめなかった時代は終わり。どんな部屋でも、このスピーカーを持ち運べば最高の音楽環境ができ上がります。

しかもスピーカーの下についている防振用ラバーのおかげで、どこに置いてもスピーカー接地面との共振を防いでくれ、安定した音楽を楽しめるのが嬉しいですね。

03.
10時間も持つバッテリーが
アウトドアをもっと楽しくする

コンパクトなサイズと長時間持つバッテリー。この利点が最も活きるのは、やっぱりアウトドア。屋外でのさまざまな音が行き交うシーンでも、クリアな高音質が楽しめます。

音楽を楽しむ人で溢れる野外フェスの傍らで、試しに使ってみましたが、驚くほどに力強いそのサウンドは、フェスの歓声に負けることがありませんでした。

気心の知れた友人や家族と過ごす時間。スマホに入った自分のお気に入りの音楽を、Bluetoothでつないで手軽に流し合えるのも醍醐味。好きな音楽をシェアすることで、新しい音楽と出会えるかも!

04.
ホテル、レンタカー、会議…
ビジネスシーンでも大活躍!

出張先のホテルでも自宅と同じようにくつろぎたい。そんなときに良質な音楽は欠かせません。

持ち運びに適したこのスピーカーをカバンに入れておけば、ホテルはもちろん、音響設備がまちまちなレンタカーでも楽しく過ごせます。急遽入った電話会議にも、クリアな音質のスピーカーフォン機能が大活躍。

オフだけでなく、オンでも役立つのも人気の理由でした。

持つことがステータスとなる
唯一のBluetoothスピーカー

2稿

Boseの「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」は27,000円(税込)。Bluetoothスピーカーとしては、決して値段が安いわけでもないのに、なぜこんなに人気があるのか。

それはBoseならではの高音質と、自宅やアウトドア・ビジネスなどのあらゆるシーンに馴染むシンプルなデザイン、それにスマホとの連携や10時間に及ぶ駆動時間など確かな性能の高さが、本当にいいモノにお金を使いたい30代に受け入れられたからでしょう。

まずは一度、この音を味わってみてください。聴けばすぐにわかります。

btn_bose_150922_10

Sponsored by Bose

この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
去年から日本で展開をはじめた「BASE EGG(ベースエッグ)」というポータブルなスピーカー。平面振動というタイプで、置いたその場所を振動をさせて音を出す...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
「相性のいいスピーカー」。それは人生を通して探し続けるものなのかもしれません。…と思ったら、さっそくありました。ドイツ人デザイナーが手がけたワイヤレスの3...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がソニーから登場。スピーカー...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
「Life Size SPEAKER」をコンセプトに開発されたBASS EGGを知っていますか?暮らしの中にある、あらゆるものをスピーカーに変えてしまう革...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
アナログテープで音源配信することが一部でブームになっているようですが、こちらも大きな話題になりそう…。なんとアナログなスピーカーもBluetooth対応に...
まるで鉄道模型みたいに、盤上をクルクル走る小さなボックス。これでレコードを再生できるのだ!「RokBlok」を走らせれば、ブロックそれ自体から音が出る。B...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
満を持して日本にやってきたスピーカー「LectroFan micro」は、「ホワイトノイズ」を発生させ、心地良い空間を生み出します。「ホワイトノイズ」とは...