娘が生まれる2週間前に大病を告知された夫。そこで妻が放った意外な一言とは?

子どもが産まれる予定日の2週間前。

もしもあなたが命にかかわる病気を告知されたとしたら、相手にそれを告げることができるでしょうか?

この動画には、そんな苦難を乗り越えた、ある家族の物語が描かれています。

出産2週間前の妻に、そのことを伝えるべきか悩む夫。

「もしかすると、不安で泣き崩れてしまうかもしれない」

悩んだ末に告白した夫に、妻がかけたのは、意外な言葉でした。

一見、ぶっきらぼうにも聞こえるこの言葉。夫はすぐに真意を理解しました。自分を気遣って、着丈に振る舞ってくれているのだと。

「まだ死ぬわけにはいかない」

絶対この病気に勝つという決意を新たにし、出産前に手術を受けることになったとき、こうも思ったそう。

「病気が治ったら、妻と産まれてくる子どものために家を建ててあげたい」

「当時住んでいたマンションは壁に囲まれたキッチンで、妻は家族の顔が見えなくて孤独だと思っていたことなんて、まったく知らなかった」

だから、家を建てると決めたとき、大事にしたのはキッチンでした。

家を建てて5年。

これまで口に出してこなかった、妻への感謝の気持ち。夫が伝えるのに選んだ手段は、「ラブレター」。

「普段は忙しかったり、気恥ずかしかったりしてなかなか言えないけれど、いつも思っていたことを言うね。

いつも、本当にありがとう。これからも、よろしく

あまりの嬉しさに涙ぐむ妻が、思わずつぶやいた言葉。
それは、この家族がこれからも幸せに暮らしていけることを表しているような、とてもやさしい、愛の言葉でした。

「やっぱり結婚してよかった」

Sponsored by ミサワホーム

出産の痛みって、男性には経験できないものですよね。でも、筋肉を電気で刺激することで擬似体験はできるようです。動画には、「母になる痛み」を味わう実験に参加し...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
生き方や家族のあり方が多様化している今日このごろ。とはいっても「結婚」は、大きな決断のひとつ。できるだけ隠しごとは最小限に抑えた状態で踏み込みたいものです...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
入社や転職、社内異動などで生活がガラリと変わった人が、最初の2週間にやるべき5つのこと。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
先日、アメリカで、レズビアンカップルの2人が同時期に出産をしました。今の時代ではありそうなことだけど、多くのメディアに報道されるのは、ゲイカップルの父親同...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「まさか冗談でしょ?」信じられないような驚愕のニュースが「Elite Daily」で話題騒然となっています。なんでも、化粧を落とした新婦の顔を初めて目にし...
オーストラリア在住で、シドニーからマッカイに引越しをしたウィルソン夫妻。夫のケンは仕事を探しましたが、田舎町ということもありなかなかうまくいきませんでした...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
昔、ウガンダの一部の地域では、女性が結婚前に妊娠することを恥だと捉えられていた。理由は妊娠経験がある女性を男性が花嫁に迎えることがほとんどなかったから。島...