蒸溜所で飲める!1杯2,000円の限定ウイスキーがめちゃめちゃうまい・・・

「そこにしかない限定品が手に入る」といった参加者だけの特権って、工場見学の魅力のひとつ。今回紹介するその限定品とは、キリンのウイスキー蒸溜所で飲める1杯2,000円のグレーンウイスキー。世界的品評会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2015」で金賞を受賞した逸品です!

グラスでいただく
蒸溜所オリジナルの
「シングルグレーンウイスキー」

数量限定の「富士御殿場蒸溜所 シングルグレーンウイスキー AGED 25 YEARS SMALL BATCH」(以下、「シングルグレーンウイスキー」 )は、かなりレア。ボトルなら3万円以上もする品がグラスで試せるのは、全国探してもここだけ!?
一般的にウイスキーは、モルトとグレーンをブレンドしてつくられるものが多いため、グレーンを単体で飲むことはあまりなく、ほとんど商品化されていないとか。その上、一般的にグレーンウイスキーは長期熟成することはあまりないそうですが、この「シングルグレーンウイスキー 」は25年もの、と聞けば、その珍しさがわかったはず。

ウイスキーの味って、真っ先に思い浮かべるのがスモーキーフレーバーでしょうか。とはいえ、「シングルグレーンウイスキー 」は、蜜のような甘さとフルーツの香りが感じられて、「ウイスキーって、こういうお酒だったんだ」と、感激すること間違いありません。

ちなみにボトルを手に入れられるのは、蒸溜所のショップかキリンのオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」のみ。ただ、数量限定ということでSOLD OUTの可能性も!

「キリンウイスキー
富士山麓 樽熟50°」の
「体感型」工場見学ツアーって?

「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所」があるのは静岡・御殿場。自然豊かな富士山の裾野にあって、ウイスキーの仕込みから、蒸留、樽詰め・熟成、そしてボトリングまでを一貫して行う蒸溜所です。
ここで体験できるのが「キリンウイスキー富士山麓 樽熟50°」の見学ツアー(所用時間約70分)。いま話題の「プロジェクションマッピング」の技術を導入したシアターやウイスキーの香りを体感できる設備など、ウイスキーの世界に楽しく触れることができます。

メイプル、ジャスミン、オーク…
香りが体感できる

工場見学ツアーの見所のひとつが、香りの体験。人によって受け止め方は様々ですが、「キリンウイスキー富士山麓 樽熟50°」から感じられるのはなんと約30種類!
これはツアーのために設置された「香りのブース」。空気孔に顔を近づけてみると、パイナップルやバナナ、メイプルなど、なんともいい香りがふんわりと立ち込めてきます。すずらん、りんごの花、ジャスミンなんて、優雅気分に浸れたり。これだけの香りがするのって、もしかするとウイスキーの原料に、フルーツ、ナッツ、メイプルが使われているから?と、考えてしまいそうですが、実際には使われていません。そこがウイスキーの大きな魅力であり、不思議なところ。

香りがつくられる秘密というのは樽熟成にあります。ウイスキーと樽に使われるオークの成分が複雑に反応を重ねることで、長い年月をかけて様々な香り成分ができるのです。
例えば、オーク樽に含まれる「ラクトン」「フラネオール」という成分が溶け出し、熟成されることで、ナッツやメイプルを思わせる深い香りが生まれるのだとか。

ちなみに、「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所」では、北米産ホワイトオークでできた180Lの小さな樽を使用しています。これによって、中の液体との接触面積が多くなってより豊かで華やかなウイスキーに仕上がるそう。熟成の世界ってなかなか奥深いです。

ツアーの最後で
絶品ハイボールのつくり方を
教えてくれる!

ウイスキーをつくる上で重要なキーワードが「水」だというのは、よく耳にする話ではありますが、「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所」も、仕込み水には強いこだわりをもっていて、地下100mを流れる「伏流水」を汲み上げています。これは富士山の雪解け水が山の地層を通り、約50年もの年月をかけて濾過された水。1杯のウイスキーに自然への想いを馳せながら飲んでみると、一層おいしさがアップするはず。

ちなみに工場見学ではハイボールのつくり方も教えてくれます。用意するのは、氷、炭酸水、「キリンウイスキー富士山麓 樽熟50°」。いずれも富士山の伏流水でつくられている点がポイント。3つが揃った絶品ハイボールです。氷にまで富士山の伏流水を使うと、味にまろやかさが出て格段においしくなるんです。

つくり方はコチラ!1:グラスに氷を入れ、「キリンウイスキー富士山麓 樽熟50°」を注ぐ。2:ウイスキーと氷を一度マドラーで混ぜる(ここがポイント!氷と馴染ませて香りを開かせる)。3:氷をもう一つ追加して、ソーダが氷に触れないよう静かに注ぐ。

グレーンウイスキーに
フォーカスした珍しい蒸溜所

「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所」は、モルトとグレーンの両方のウイスキーをつくっている珍しい蒸溜所。グレーンウイスキーとは、トウモロコシ、小麦などの穀類と麦芽を発酵させたもので、比較的風味が軽く、サイレントなスピリッツと呼ばれています。

蒸溜所ではジャパニーズウイスキーの柔らかさと繊細さを表現するために、グレーンウイスキーに着目。3種類の蒸留器を導入して、ライト、ミディアム、ヘビーとタイプの異なるウイスキーを製造しています。これによって”澄んだ味わいの中に広がる樽熟香”を目指しているんだとか。

「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所」がある御殿場までは、新宿からバスで2時間弱で行くことができます。近くには人気のアウトレットモールがあるし、ついでに海の幸を堪能して、1日を小旅行にするのもアリですよ!

法定表記

btn_kirinwhisky_151110

Sponsored by KIRIN

他の記事を見る
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モ...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
海水を飲めるようにする技術やそんなスペックのあるボトルは開発されていましたが、ポイントはルックスです。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...