はみだし駐車したドライバーへの「警告チラシ」が斬新すぎる・・・

駐車ラインを一切無視した迷惑駐車が、2台分のスペースを占領していて停められない…。なんて困ったことはありませんか?たとえば、こんな感じに。

駐車ラインをはみ出す
迷惑ドライバーたちに喝!

th_スクリーンショット 2015-11-12 23.16.14日本では「VIP駐車」なんて呼ばれたりすることもありますが、2つのスペースに跨いで停めていてどっちつかず。これは困りますよね。

ここで紹介するのは、そんなマナー違反者に喝をいれた秀逸なチラシです。そこにかかれていたのは…カメ!?

th_スクリーンショット 2015-11-12 23.49.24

そこには可愛らしいイラストと一緒に、皮肉が込められたメッセージが。

「お子ちゃまにとっては、線からはみ出さずに塗り絵をするのはまだ難しいよね。多分この亀で練習すれば、駐車もうまくなると思うよ」

th_スクリーンショット 2015-11-12 23.53.20このチラシは、迷惑駐車する車のワイパーや座席に置かれたことからニューヨークで話題になったそう。イラストを描いた人物の知人だという「Build Race Party」のBill Caswell氏は、ブログをこんなコメントで締めくくっています。

「迷惑ドライバーに配りたい人は、印刷してご自由に」

くれぐれも駐車する際は丁寧に。さもないと、カメの違反切符を貼られちゃうかも!?

Licensed material used with permission by Build Race Party

車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
ブラジルで、障がい者用スペースに駐車したマナー違反者を制裁するドッキリが仕掛けられました。その凝った仕掛けが、世界中で話題を呼んでいます。仕掛けたのは「C...
渋滞を乗りこえ、やっと目的地に到着!と思ったら、駐車場の空きがない。もう着いてるのにイライラ。実は今、そんな私たちのためにパーキングの全てを引き受けてくれ...
「Inc Magazine」や「Quora」など、海外メディアでトップライターとして活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
車の合流で道を譲ってもらった。後続車や歩行者に危険を知らせたい。そんなタイミングはたびたびあります。でも、手を振ったり、ハザードランプを使うといったサイン...
「Becoming Minimalist」に、ライターJOSHUA BECKER氏が、自宅を散らかさないための7つの習慣をまとめています。どうやら彼には、...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
2015年12月2日に投稿されたツイートに注目が集まっています。運転免許証を持っていれば知っているはず!なのですが、過去に警視庁が行ったアンケート調査では...
Uberドライバーをしている女性の体験談が、Twitterで話題に。なんと、たまたま乗せた女性の行き先が、自分の彼のアパートだった!?その日、私は空港でそ...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
例えば「創英角ポップ体」と言われて、どんなフォントかパッと頭に浮かびますか?Wordや画像加工アプリで文字入れをよくする人なら、ぼんやりとはイメージ出来る...
とあるサイクリング用の通路上に、道を塞ぐように駐車されていた迷惑車両があった。しかし、そこをたまたま通りがかったのは1人のおじさん。なんとこの人、自力でそ...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...