「一番搾り」だから最高に美味しい!家飲みに用意すべき、おもてなしにピッタリのお酒とは?

気の置けない友人や大切な人と、リラックスして楽しむ家飲み。場を盛り上げてくれるのは、皆で持ち寄る美味しいお酒ですよね。ビール、ワイン、焼酎あたりは定番ですが、たまにはちょっと目新しいお酒を用意して、いつもの家飲みを更に華やかに盛り上げてみるというのはどうでしょう。

そんなシーンにぴったりなのが『Ron Zacapa(ロン サカパ)』。味わいはもちろん、思わず皆に教えたくなるストーリーが満載の贅沢なラム酒です。 

そもそもラム酒とは?サトウキビを原料に作られる甘い香りが楽しめる蒸留酒です。素材や貯蔵方法、期間によって、色や味わいもさまざま。例えば、モヒートなどに使われるのは、一般的に透明の「ホワイトラム」。ここで紹介する『ロン・サカパ』は「ダークラム」と呼ばれ、より濃厚で深い味わい。カクテルはもちろん、ストレートでも親しまれています。

『ロン サカパ』が
特別なラム酒である理由

「ロン」とは、スペイン語でラムのこと。「サカパ」はグアテマラにある都市の名前。『ロン サカパ』は、サカパ市100周年を記念して生まれたラム酒です。

つまり、出自からしてプレミアム。それだけに原料や製法も贅沢そのもの。世界中で上品な味わいのダークラムとして知られ、国際ラム・フェスティバルのプレミアム部門で5年連続金賞を受賞し、2003年には殿堂入りとなったほど評価されています。

サトウキビの“一番搾り”で
作られている!

そもそも一般的なラムの原料は、砂糖を作る過程でできた「廃糖蜜」。いわばサトウキビの搾カスで作られます。しかし、『ロン サカパ』は、「一番搾り汁」だけを贅沢に使用。それを煮詰めて蜂蜜状にした「ヴァージン・シュガーケイン・ハニー」が『ロン サカパ』の原料になります。

また、サトウキビ自体にも秘密が! 『ロン サカパ』の生まれ故郷グアテマラ南岸地域は1年を通して25~30℃の気温を保っており、酸性で粘土質の土壌と相まってサトウキビの栽培にうってつけの土地。つまり、サトウキビ自体も最高品質というわけですね。

海抜2,300mで熟成される
別名「天空のラム」

ラム酒の熟成に必要なのは、涼しい気候の中でゆっくりと熟成を進めること。この工程においても『ロン サカパ』は、特別です。熟成をするのは、世界一高地(海抜2,300m)にある熟成庫。当然、涼しい気温が1年中保たれます。また、高地で酸素が薄いことも熟成においてプラスに。

さらに熟成方法自体も「ソレラ・システム」なる独自の方法を採用しています。これは、熟成のための樽をラムの年代別に古いものから縦に何段も積み上げ、出荷するラムは常に一番下の樽から瓶詰め、空いた樽のスペースに上の若い年代のラムを補填するという方法。これを繰り返すことで、様々な樽の香りと見た目にも美しい琥珀色のラム酒が完成するというわけです。

今度のホームパーティーは、
みんなで『ロン サカパ』を飲もう

その味わいはもちろんのこと、背景にあるストーリーも魅力的な『ロン サカパ』人気なのは、やはりストレートですが、ホームパーティーなどでワイワイガヤガヤと楽しむなら、オンザロックや家庭でも簡単につくれるシンプルなカクテル「サカパトニック」もおすすめ。ロンサカパとトニックを3対1の割合で。オレンジスライスを添えるとそれはもう絶品!

ビタースイートな柑橘とのバランスが美味しく、ライトな味わいはラム酒に慣れていない人でも、楽しめるはず。また、中南米では肉料理との相性の良さも知られるところ。ステーキなどと合わせると、その唯一無二の上質な甘みを堪能できますよ。

さて、『ロン サカパ』についてもっと知りたい人は、下記ボタンからニュースレターに登録してみては?『ロン サカパ』のさまざまな嗜み方が紹介されていたり、どこよりも早くテイスティングイベントに招待してもらえる特典も付いてきます。

btn_zacapa_160303_01

Sponsored by MHD モエ  ヘネシー ディアジオ株式会社

3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
何がおもしろそうって、ゲストが好きなように具材をパンにはさんで楽しむところ。ブレックファストサンド、いいかも。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
梅雨があけると夜になっても暑くて、帰宅する頃にはもう汗でベタベタ……。キンキンに冷えたビールもいいけど、こんな“レサワ”いかがでしょう?
宅飲み、家飲み派の人がとても増えているみたいですね。確かに、終電の時間や酔い具合を気にせず楽しめるし、気心の知れた人とまったり過ごす時間は、特別なもの。そ...
鳥のカタチをしたレモン絞り器「バードレモンプレス」。くし切りにしたレモンを中に入れて、ギュッとプレスするだけ。片手で簡単にレモンを絞れます。ティーカップに...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...