世界で2番目に美しい「本屋」は、壮大なリノベーション物件だった

日本でも特色のある書店が話題になることはよくありますが、世界にはもはや世界遺産級の「書店」もあります。南米随一の都市ブエノスアイレスにある「エル・アテネオ」は、数年前に「世界で2番目に美しい書店」としても話題になりましたが、まさにその代名詞とも言うべきもの。

旅と本が好きなら
一度は訪れたい書店

え、これが本屋?と思うでしょう。

棚に近づくと、ご覧の通り。書籍数12万点を誇る、南米でも有数の大規模書店なのです。

もとは劇場だった

その美しさも当然、ここエル・アテネオはもともと、1917年に建設された「グランド・スプレンディッド劇場」。その数1,050もの席が設けられた、ブエノスアイレス最大級の劇場跡地だったのです。

観客席が並んでいたところに、ずらっと並ぶ書棚。アルゼンチン、とくに首都ブエノスアイレスと言えばタンゴですが、庶民から貴族まで幅広く楽しまれてきた踊り&音楽を、1900年代にはこのような劇場で鑑賞する文化があったのです。そんな劇場跡で本を読むというのも、なかなか感慨深いもの。

ただし、ここは南米。そのほとんどはスペイン語で書かれた書籍ばかりで、ふらっと訪れた日本人が楽しめる場ではないかもしれませんが、雰囲気を味わうには十分。

エレベーターやエスカレーターもあり、しっかり書店としてのリノベーションが果たされています。奥に見える舞台部分は、ゆっくり読書ができるようにカフェとして運営。日本でも増えてきた、試し読みができるカフェ併設の形式です。ピアノも置かれていて、ライブを開くこともあるそう。

アテネオのドームは20m×19mの巨大なもので、第一次世界大戦を描いた油絵。さすがに、ギリシャやイタリアに現存するドームのような古さはありませんが、題材自体が比較的新しいこともあり、面白い。

ところで
世界一はどこ?

このエル・アテネオは、2008年にイギリスの由緒あるThe Guardian紙で発表された、世界の美しい書店番付で2位になりました。

1位は、このアテネオと同じようにリノベ物件で、オランダのドミニコ会の教会跡を利用した「Boekhandel Selexyz Dominicanen」。ちなみにこのランキングには、9位に京都の「恵文社」もランクインしていました。

こちらエル・アテネオは、ブエノスアイレスいちのファッション街、レコレータ地区のすぐ近く。なかなか地球の裏側まで行く機会はないかもしれませんが、トラベラーなら覚えておいて損はないでしょう。

キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。その経営者...
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
薄い焼き菓子にチーズやクリームを挟んで食べるイタリアの伝統お菓子「チャルダ」専門店La Cialda〒152-0035 東京都目黒区 自由が丘1丁目25-...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書...
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...