わたしを、強烈なストレスから解放してくれたアプリ。

お金の心配事って、絶えません。

ちょっとしたおつかいを頼まれたときに、あとで渡すね、なんて言われてそれっきりになることがあります。

催促するタイミングをはかるのはモヤモヤするし、バタバタで忘れてて思い出した時には今さら感が出ちゃったり。

そこで、使い始めたのが「Kyash」。

Kyash」の便利さは、SNSでつながっている友だちと、いつでもどこでもネットでお金のやりとりができるところにあります。無料のアプリ(iOSAndroid)で、手間も手数料もかからずに個人間送金できるんです。

本人確認に必要なのは、メールアドレスと名前、電話番号の3つだけ。お金を引き出すためのクレジットカード情報を登録するときは、カードナンバーを撮影するだけで読み取りが完了。仮想のVISAカードナンバーが発行されたら、すぐに使えるようになります。

例えば、こういう場面で大活躍!

「ついでに〇〇買ってきてよ」
「OK!じゃ、お金はKyashで」

コンビニに行くときなど、同僚から頼まれごとをされるのは日常茶飯事。そんなときに、手持ちの小銭が足りず、ちょっとした貸し借りが生まれることはあります。たった数百円、されど数百円。いちいち計算してはいないけれど、チリツモです。

「Kyashで送っといてね」と、ひと言伝えることにしたら、ピッタリ精算できるようになったし、リアルタイムで受け取りができるようになりました。お願いするのも、されるのも、どっちも気軽になったんです。

みんなでお祝いをしよう!ってときも、
事前にスッキリ精算できる。

もうすぐ同僚の誕生日っていうときに、みんなでカンパしてプレゼントを送ろうという話になりました。こういうときは集金が大変ですが、このアプリがあるとなにかと小回りがききます。

その場にいなかった人にはメッセージ付きで請求を送れるので、オフィスを歩き回る必要もないし、こっそりと遠隔で連絡できました。

プレゼントの購入は、ネットで。

アカウントの残高は、楽天やAmazonなど、VISAカードが使えるオンライン店舗でショッピングに使えます。登録時に発行されたカードナンバーを入力して、ポチッと購入ボタンを押したら任務完了。

サプライズの準備はこれでバッチリ。

ごはんの会計もきっちり割り勘。

大学時代の同級生と久しぶりの飲み会。たまにしかない機会だからこそ、きっちり精算したいものです。

請求の仕方は、相手のアカウントと金額を入力して画面をスワイプするだけでかんたん。

相手も2タップ1スワイプで送金できるので、友だちに見せたら「ナニコレ便利ー!」って喜んでくれて、話が盛りあがりました。

残高は、カフェの支払いにも使える!

現金を引き出すことはできないけれど、モバイルSuicaとKyashのVISAカードナンバーを連携させれば、ピッとスマホ払いをしているいつものコンビニやカフェで使えます。

キャッシュレスの楽ちんさに慣れている人なら、財布を開いて小銭を探したり、受け取ったお釣りの金額が合っているかをチェックしたりするのは、極力避けたいところ。

このアプリを使えば、正確なお金のやりとりがスムーズにできて、履歴も残ります。頼まれごとの多い人は、きっと重宝するはず!

※Androidアプリはコチラからダウンロードできます。

必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
ブラウジング中のユーザーの表情からサイトが与えている影響を分析して教えてくれる「Misu」というアプリ。自分で判断するのは難しいインターネットの心理的影響...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
厚生労働省が定める必須栄養素(全48種)をすべて植物性原材料のみ無添加で仕上げたバータイプの完全栄養食「CENZ BAR」。
6月1日より、カナダ発の2週間で消えるオーガニックタトゥー「Inkbox」が新商品を発売する。これまでの製品より多くの点でバージョンアップしたその魅力とは?
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。