わたしを、強烈なストレスから解放してくれたアプリ。

お金の心配事って、絶えません。

ちょっとしたおつかいを頼まれたときに、あとで渡すね、なんて言われてそれっきりになることがあります。

催促するタイミングをはかるのはモヤモヤするし、バタバタで忘れてて思い出した時には今さら感が出ちゃったり。

そこで、使い始めたのが「Kyash」。

Kyash」の便利さは、SNSでつながっている友だちと、いつでもどこでもネットでお金のやりとりができるところにあります。無料のアプリ(iOSAndroid)で、手間も手数料もかからずに個人間送金できるんです。

本人確認に必要なのは、メールアドレスと名前、電話番号の3つだけ。お金を引き出すためのクレジットカード情報を登録するときは、カードナンバーを撮影するだけで読み取りが完了。仮想のVISAカードナンバーが発行されたら、すぐに使えるようになります。

例えば、こういう場面で大活躍!

「ついでに〇〇買ってきてよ」
「OK!じゃ、お金はKyashで」

5c9969f5ea13b793288ce473068591f9fe19ece0

コンビニに行くときなど、同僚から頼まれごとをされるのは日常茶飯事。そんなときに、手持ちの小銭が足りず、ちょっとした貸し借りが生まれることはあります。たった数百円、されど数百円。いちいち計算してはいないけれど、チリツモです。

「Kyashで送っといてね」と、ひと言伝えることにしたら、ピッタリ精算できるようになったし、リアルタイムで受け取りができるようになりました。お願いするのも、されるのも、どっちも気軽になったんです。

92a70c01db2d8bc4cbc336405ffc25c7212af205

みんなでお祝いをしよう!ってときも、
事前にスッキリ精算できる。

70f9ff7af58448d73aaf74871e07504de7f6b2d7

もうすぐ同僚の誕生日っていうときに、みんなでカンパしてプレゼントを送ろうという話になりました。こういうときは集金が大変ですが、このアプリがあるとなにかと小回りがききます。

その場にいなかった人にはメッセージ付きで請求を送れるので、オフィスを歩き回る必要もないし、こっそりと遠隔で連絡できました。

プレゼントの購入は、ネットで。

827a55f00d5700fc13bfbfa33e35bb0c6dd9ab4e

アカウントの残高は、楽天やAmazonなど、VISAカードが使えるオンライン店舗でショッピングに使えます。登録時に発行されたカードナンバーを入力して、ポチッと購入ボタンを押したら任務完了。

サプライズの準備はこれでバッチリ。

ごはんの会計もきっちり割り勘。

1702e0ef6f9a956b7a4d0e844c4adf70df2f0d50

大学時代の同級生と久しぶりの飲み会。たまにしかない機会だからこそ、きっちり精算したいものです。

請求の仕方は、相手のアカウントと金額を入力して画面をスワイプするだけでかんたん。

8db342410d602adb2f21927303e906c752948386

相手も2タップ1スワイプで送金できるので、友だちに見せたら「ナニコレ便利ー!」って喜んでくれて、話が盛りあがりました。

残高は、カフェの支払いにも使える!

7c51114e8e0f2302a17916202145ba5c13ea27aa

現金を引き出すことはできないけれど、モバイルSuicaとKyashのVISAカードナンバーを連携させれば、ピッとスマホ払いをしているいつものコンビニやカフェで使えます。

キャッシュレスの楽ちんさに慣れている人なら、財布を開いて小銭を探したり、受け取ったお釣りの金額が合っているかをチェックしたりするのは、極力避けたいところ。

このアプリを使えば、正確なお金のやりとりがスムーズにできて、履歴も残ります。頼まれごとの多い人は、きっと重宝するはず!

72765a3026c16aef663c0717e2482fc46dfae543

※Androidアプリはコチラからダウンロードできます。

必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...