「Googleで『tourist』って画像検索してみて」。あるフォトグラファーの訴え

「Googleで"tourist"って画像検索してみて。バックパッカーとか留学生とか、旅する人の画像がたくさん出てくる。でももう少し目を凝らすと、何か足りないことに気づくはずなの──」。

Cheryl Fauxさんは、アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファー。「Traveling While Black」と銘打って、自らのイタリア旅行をセルフポートレイト集にしている。

実は彼女、旅行系ストックフォト(※)に「黒人女性」が欠如していることに対して疑問を投げかけているのだ。

※頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材

「白だけ」は嘘
そうみんなに伝えたかった

実際、画像検索で tourist と打ち込むと、出てくる有色人種の圧倒的少なさに驚く。並べられた画像の中ではどれも白人が微笑んでいて、黒人女性が写っている写真は100枚ほど見て3,4枚程度という印象。

「黒人、特にアメリカの黒人女性が海外旅行をすることはめったにないって考えが根付いてるの。広告用の写真素材でもそういうものはほとんど作られていないわよ」。

そこで彼女はイタリアを訪れ、旅行中、自分の姿を写真に収め続けた。お洒落なファッションで魅力的な観光名所を巡り、生き生きと旅を楽しむ、強く美しい黒人女性の姿を。

「海外に出て留学したり、旅行したりするのは白人の男女だけっていう偏見を取り除きたかった。それは嘘だって、みんなに伝えたかったの。

他のみんなと同じように、私たちだって外へ向かう情熱を持ってる。世界中の、まだ見ぬ美しい、心踊るものに出会いたい、冒険したいって思ってるの。映画『食べて、祈って、恋をして』みたいな瞬間は、白人だけのものじゃないわ」

外の世界に踏み出す勇気を

「今の政治情勢だと、国籍や人種によっては、特定の区域に行くのを怖がる人や自分の国から出たがらない人も多い。だけどこのシリーズを撮ることで、私は本気で、その逆を見せつけようと思ったの。旅行者が違いを受け入れて、それに目を向けることは、全ての人にとっていい学びの機会になると思うから

一見自然な旅行写真にも見えるこの作品には、彼女が有色人種の、黒人の女性であること、フォトグラファーであること、そのほかにもたくさんの伝えたいことが詰め込まれている。

Licensed material used with permission by Cheryl Faux
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...