次の休み「常夏の島でウミガメに出会う」のは、どうでしょう?

次の休暇に、漠然と「青い海を堪能したいな〜」なんて思っている人に提案です。

ビーチで過ごすのに加えて、ダイビングにチャレンジしてみませんか? 経験の有無は関係ありません。

なぜなら、ここでオススメする「ラウラウビーチ」は、初心者でも気軽にダイビングが楽しめる要素が全部揃っているから!

ラウラウビーチは、
サイパン島にあります。

この記事の主役、ラウラウビーチがあるのは、北マリアナ諸島にあるサイパン島。サイパンでは定番のビーチなので、知っている人も多いかもしれませんね。

日本からサイパン島へは、ハイシーズンに主要都市発着で運航されるチャーター直行便でなんとたったの3時間半という距離。各旅行会社からツアーが出ています。もちろん、仁川(韓国)やグアム経由でもアクセス可能。

ホテルなどが立ち並ぶサイパン島の中心地ガラパンからラウラウビーチまでは車で20分ほどしかなく、直行便を利用すると、気軽に行けるビーチなんです。

ボートに乗らなくても、
ビーチからすぐダイビングできる!

ラウラウビーチ ©マリアナ政府観光局/MVA

ラウラウビーチをオススメする理由のふたつめが、“ビーチエントリーのダイビングスポットである”ことです。

船に乗って行くボートエントリーのスポットよりも手軽だし、船酔いの心配もナシ。初心者にとって、これは大きい!

初心者にやさしいラウラウビーチですが、そこで体験できる海は感動必至。美しいサンゴ礁、起伏に富んだ岩場、青い海とのコントラストが素晴らしい白い砂地と、地形のバリエーションはとっても豊富です。

透明度、水温、ウミガメ遭遇率。
全部、高い!

ラウラウビーチ ©Junji Takasago/MVA

そもそもラウラウビーチのあるサイパン島をはじめ、テニアン島、ロタ島を擁する北マリアナ諸島は、世界的なダイビングスポット。

海の透明度の高さは言うに及ばず、年間を通じて水温も高く寒さ知らず。シーズン問わずダイビングが楽しめます。

そして、もうひとつ、ラウラウビーチで“高い”のが、ウミガメの遭遇率です。

自然の生き物なので「絶対に出会える!」と言い切れるわけではありませんが、初心者向けのスポットでも出会える可能性が高いっていうのはうれしいですよね。

それ以外にも、ミクロネシア固有種のクマノミやアジ玉(アジの群れ)など、その地形と合わせて、多種多様な生物に出会えるのが魅力です。

気になるダイビングのお値段は?

ラウラウビーチ ©Kirin Sekito/MVA

ラウラウビーチのあるサイパン島では、だいたい1ダイブの所用時間は3時間で40ドル〜55ドルぐらい。半日たっぷり楽しめる2ダイブなら、5時間弱で80ドル〜100ドルが、ざっくりとした相場になってます。(ボートエントリーの場合は、もう少し高くなります)

加えて、ポイントは海のコンディションです。

常夏で、自然豊か。安定した天候などすべてひっくるめて考えてもとっても「安い!」となります。

体験ダイビングだけでなく、ライセンスを取得する際もリーズナブルなので、「サイパンでライセンスを取った」なんていう人も少ないないようですよ。

もちろん、ダイビング以外も楽しめる!

ガラパン ©Junji Takasago/MVA
スポーツ ©Junji Takasago/MVA
マニャガハ島 ©Junji Takasago/MVA
ナイトライフ ©Junji Takasago/MVA

「ダイビングをするために海外っていうのは素敵だけど……」という人もいると思います。

でもね、ダイビングはあくまでサイパン島の魅力のひとつなんです。

午前中、ダイビングを楽しんだ後は、街でショッピングやグルメを堪能したり、離島へピクニックに出かけたり、トレッキングをしたり、バードウォッチングをしたりと、ほかにも魅力満載。サイパンの海は有名リゾートのなかでも人が少ないことで有名なので、“何もせずにのんびり”っていうことだってできちゃいます。

サイパンって聞いたことはあっても、なかなか行く機会がなかった人も多いはず。次の旅先として検討してみては?

Top photo: ラウラウビーチ ©Junji Takasago/MVA
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...