「不純な動機」からエキスパートランナーができるまで

「RUN」、それは、最も始めやすく、最もやめた人が多いスポーツかもしれません。なぜ続けることができないのか。走り続けている人は、なぜ続けることができているのか。そこには、きっと何か理由があるはずです。

そもそも走るのってしんどい。どうして好き好んで自ら辛い目に合わなければいけないのか。誰に褒められるわけでもないのに……と思っている人は、もしかしたらRUNに対してすごい誤解をしているかもしれません。その誤解を解くために、「アンダーアーマー」はこれまで様々な角度からRUNを捉えたコンテンツを紹介してきました。

今回の企画では、日常的に走っているRUNの先輩方にお話を伺います。彼らは競技でも結果を残したり、フルマラソンを走ったりしているため、普段からストイックに走っていると思われがち。しかし、実際に話を聞いてみるとイメージとは全然違うRUNをしていることがわかりました。初めての人でもハマる、新しいRUNを教えもらいましょう。

大森英一郎

株式会社ラントリップ代表取締役。第84回箱根駅伝出場の元箱根ランナー。リクルートグループ退職後、観光系事業会社で集客全般を5年半経験。観光業界とランニング業界で感じた課題を解決すべく、「Runtrip」の普及を提唱している。

中村優

タレント兼スマイルランナー。ミスマガジン2005デビュー。フルマラソン出場22回、60km×2回、82km、100km×2回、全て完走。笑顔で楽しく走る!無理をしない!がモットー。

鈴木紗穂

ランニングアドバイザー。800mインターハイ優勝、日本ジュニア選手権優勝、日本選手権5位。ビギナー向けから上級者まで、皆さんに役立つランニング情報を発信。

◯◯しなければいけない、
なんてことは一つもない

6301356906250240

私たちはよく考えてしまいます。毎日走らないといけない、何km走らないといけない、何分で走らないといけない……。

でも、本当はこんなこと考えなくていいはずなんです。だって、誰かに命令されて走っているわけではないのだから。

——どのくらいの頻度で走るんですか?
大森さん(以下、敬称略):だいたい週2~3回ですね。朝に5㎞とか、夜も走りますよ。
中村さん(以下、敬称略):気が向いたときにしか走らないですね。週1~2回くらいで、空くときはもっと空くし、距離もマチマチですね。本当に気分次第です。
鈴木さん(以下、敬称略):私は週4~5回なので、2人と比べると走ってるほうかも。でも、私も気が向かないときは全然走りませんね。

——自分なりのルールなどはありますか?
中村:何も決めないということを決めている感じです。走らなきゃいけないって気持ちでは走ってないのは、3人とも共通していると思いますよ。
鈴木:ゆるいですよね、厳しさとか全然ない。途中で歩くしお店にも入ります。
大森:ゆるい自分を許してあげる感じですよね。
中村:圧倒的なゆるさがあるから続いてるんだろうなって感じもします。

キッカケは、不純だってかまわない

6552904550842368

走り始める理由でよく聞こえてくるのが、健康や美容のためというもの。その時は、やる気があって一度は走るけど、結果的に続けられなかった、という人は多いのではないでしょうか。
思うに、走ることそのものを目的にしなくてもいいはずです。キッカケは何だっていい。人に言うのが恥ずかしいような不純な理由だってかまいません。もし誰かに聞かれたら、むしろ堂々と胸をはって、不純な動機を宣言してしまいましょう。

——RUNをはじめた理由はなんですか?
中村:走るのだけは好きじゃなかったんですけど、ホノルルマラソンの仕事があって、ホノルル行けるなら、まぁいいかって(笑)練習のモチベーションはホノルルでした。
鈴木:私は競技を引退して、しばらく走るのをやめてたんですけど、気づいたら家の周りとか走ってました。今は、行きたいお店をピックアップして、距離を調べて走ったりします。食べるのが好きなので、食べるために走る、みたいな感じです。お気に入りのパン屋さんとか、走っていったほうが罪悪感なく食べれますからね(笑)電車だと乗り継ぎがあったりして面倒な場所でも、走っていくと行きやすい場所もけっこうあるんですよ。
大森:僕は競技を辞めてから、4年半くらい一歩も走らなかったんです。二度と走らないと思ってました。でも、その期間に15キロくらい太って、さずがに運動しよっかなと思って走り始めました。誰かに勝たなきゃとか何分で走らなきゃっていうのが無いとすごい自由に走ることができて、そこから楽しくなってきましたね。

1人で走る時間で、自分と向き合う

6206634892197888

1人でできるからスポーツだからこその良さもあります。週に1回、1時間でもスマホも見ずに、誰とも会話もせずに、自分のことを考える時間あったりしますか?

何もせず机に向かってても、自分のことって考えられないと思うんです。だから、走ってる間が良い。走るというシンプルな運動をしているからこそ、集中して物事を考えることができるのです。案外、いま抱えている悩みの解決策が、RUNだったりするかもしれませんよ。

——走るときって何か考えているんですか?
大森:めっちゃ考えますよ。すごく整理されるし、アイデアが出てくるようになりましたね。悩みとかも走り終わったらどうでもよくなってるので、それはすごく良いと思います。

——1人で走ることの良さって何ですか?
中村:私がRUNを続けていられるのは、1人で走っているときにポジティブになれたり、モヤモヤしたものが晴れたりとか、そういう経験があるから、ふとした時にまた走ろうってなるんです。自分から余分なものが削ぎ落とされるような感覚かなぁ。

誰かと走ることから、はじめてみよう

4741880151539712

1人で走ることの良さをすぐに感じる人もいれば、そうではない人もいます。実際に1人で始めるかというとそう簡単ではないですから。知りたいのは、1度走って、その後、どうやって2度目、3度目をつくっていくか。
その答えは、誰かと走ることかもしれません。誰かがいれば、走る。予定を入れてしまえば、走る。そのくらい簡単なアクションを続けることで、走る楽しさを感じることができるんです。

——2回目、3回目と走り続けるにはどうしたらいいですか?
大森:最初のうちは誰かと走ったほうがいいと思います。そうしないと、いつまでも一歩踏み出さないじゃないですか。まず約束しちゃうとか、それで何回か走ってみて、やれるぞって思ってから1人で走ってみる。
鈴木:モノから入るのもありだと思います。とりあえず靴を買って、これ着て外に出たいと思うウェアを買うのも最初は良いですよ。

——自分に合うコミュニティってどうやって見つけるんですか?
大森:一つを決める必要はなくて、複数所属していいと思います。出たり入ったりすることが、長くコミュニティにいるコツかなとも思うので。いくつか所属すれば仲良い人もできると思いますし。
鈴木:走ってるだけで共通の話題って、たくさんあるんですよ。今日走りやすいですね〜とか、いろんな人に話しかけてみるのがいいですよね。たくさん情報ありますから、ポツンといたらもったいないです。

今後アンダーアーマーでは、「仲間」を見つけられるランニングイベントを続々と開催していきます。直近の予定はコチラ。

5月19日(土)いわきFCパーク

5月26日(土)BH福岡天神

6月23日(土)CH渋谷・原宿合同

詳しくは下記ボタンよりアンダーアーマーの公式サイトをチェックしてみてください!

5936363169906688

走りはじめて後悔することはない

4844537017008128

走ってみようかな、と迷っている人は、ぜひ走り出してほしいと思います。少しでもいい、歩いても大丈夫。今回お話を伺った3人のように、ゆるく楽しめるのもRUNの一面です。最後に、これから走り始める人に向けて、アドバイスをいただきました。

大森:走る前って、みんなちょっとだるい。みんなつらいんですよ。でも、それでも走ってみて、後悔するときって本当に無い。RUNを始めてから、良いことが100個くらいあって、人生の幸福度が高まりますよ。
中村:どういうランニングスタイルでハマるかって人それぞれなので、もしかしたら息が切れるくらいダッシュしたときの爽快感にハマるかもしれないし、淡々と一定のリズムで走るのが好きな人もいるので、それを自分で見つけることも楽しいと思います!
鈴木:めっちゃ悩んでても、走るとどうでもよくなる。もやもやしてるときも、走りに行くことですっきりできる。そんな風に、いろんな発見があると思います。自分に対しても周りに対しても。もちろん、よりおいしく食べるために、よりおいしく飲むために、という理由で始めることも良いと思いますよ。

RUNのイメージを変える

ゆるく楽しく、何にも縛られずに。

そんなRUNなら、始めるハードルはかなり低いですよね。始めてみたいと思った人にオススメなのは、まずは誰かと走る予定を立てること。気になるお店に一緒に行ったり、散歩する感覚で走ってもいいんです。友達とならコミュニティへの参加もしやすいと思います。あまり気張らずに、自分なりのRUNを始めてみませんか?

あ、初めて走る方は、シューズだけはランニング専用のものを用意したほうがいいかもしれません。ここをケチると、怪我につながったりするので、自分に合ったシューズでRUNを始めましょう。

6174466929328128

今回、RUNの楽しみ方の極意を教えてくれた3人が、これからRUNを始めてみようかなと思っている人のために、絶対ハマれるランニングコースを本気で考えてくれました。詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
ジョギングが趣味だという人は、「健康的な生活をしたいから」「痩せたいから」など様々な目的を持っていることでしょう。理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
ランニングを日課にしようとする人が、つい陥りがちな間違った思い込み。こんなことでやせる効果が半減したり、せっかくのやる気が削がれてしまうのはもったいない!...
走ろうとしたら雨が降ってきて、「今日くらいいいか」とサボってしまった、ひざが痛くて走るのが怖い…。ジョギングを日課にしたいけど、ちょっとしたことを言い訳に...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...
自分の分身となるキャラクター、アバター。全世界興行収入第1位となった映画『アバター』続編の制作もはじまるようだけど、現実の世界においてアバターネタで話題を...