心地いい眠りにつくための5つの呼吸法

個人的な話になってしまいますが、私、寝つきがとても悪いです。その度合いは、眠れなさすぎて時々そのまま朝をむかえるほど。

寝る前に携帯を見ない、温かい飲み物をのむなど、できることはやってみるんですけどね…。

だからこそ気になったのが、この「Elite Daily」の記事。心地よい眠りにつくための5つの呼吸法を紹介しています。

01.
腹式呼吸

深い腹式呼吸(あなたの腹部を空気で満たし、風船のように膨らませる呼吸法)は、全身をリラックスさせて副交感神経系を活性化させ、カンタンで効果的な方法の1つ。

つまり、あなたが眠ろうとしている時に、あなたのカラダが「闘争・逃走モード(過度なストレスモード)」に陥ることはないのです。

多くの人々が、胸に空気を入れるだけの浅い呼吸を無意識におこなっていますが、Harvard Healthによると、深い腹式呼吸を少しのあいだおこなうことは、心拍数を下げて、血圧を安定させる効果があるということです。この状態は、安眠するのに最も理想的だそう。

02.
「4-7-8」呼吸法

4-7-8呼吸法とは、4つ数えながら鼻から空気を吸い、息を止めて7つ数えたら、8つ数えながら口から息を吐く呼吸法のことをいいます。難しそうだと思うかもしれませんが、この方法は、すぐに赤ちゃんのような安眠をもたらすでしょう。

ホリスティックヘルス関連の書籍を出版し、「Arizona Center for Integrative Medicine」の創始者でもあるAndrew Weil医師は、HuffPostにこう語っています。

「気持ちを落ち着かせて、眠ろうとしている就寝前に、4-7-8呼吸法は驚異的な効果をもたらす可能性があります」

これは、試す価値があるのではないでしょうか?

03.
代替鼻孔呼吸

代替鼻孔呼吸は、ヨガの呼吸法(あるいはプラナヤマ)の1つであり、深い安堵感をもたらすでしょう。

眠れない時は、まず右手の親指で右の小鼻をふさぎ、反対側の小鼻から空気を十分に吸い込んでください。これが終わったら、薬指で左の小鼻をふさいで、右の小鼻から息を吐き出しましょう。カラダが落ち着きと活力を取り戻し、深い眠りにつけると感じるまで続けてみてください。

04.
深呼吸をカウント

眠りにつけるほど心が落ち着かないと感じているのなら、呼吸の数をカウントすることはとても有効な方法です。

通常の方法で、深呼吸してみてください。ただし、息を吐く時は、心の中で「1」とカウントしてください。ふたたび空気を吸いこみ息を吐く時は「2」とカウントしましょう。カウント「5」まで続けたら、繰り返してみましょう。

数々の医学的なアドバイスを提供するDr. AxeのHPによると、この方法は効果的だそう。この呼吸法に集中することで、疲労感を感じ、数ラウンドで心が落ち着くのだとか。

05.
等間隔呼吸法

TIME」によれば、ある意味「ヒツジを数える方法」に似ているという等間隔呼吸法。

この方法をおこなうには、まず4つ数えながらお腹に深く空気を取り入れてください。そして、息を吐き出す時は、また4つ数えましょう。

このシンプルな方法は神経を落ち着かせ、ストレス解消に役立ち、気づかぬうちに心地よい眠りにつくことができるはずです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
寝つきが悪い人は共感できるだろうが、すぐに眠れない夜は「寝よう」と思うことさえストレスに感じることがある。そこで改善するための8つの方法を紹介。翌日寝不足...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
「めちゃくちゃ簡単すぎて嘘だと思った。でも、試してみたら1分もかからずノックアウト。いつの間にか寝落ちしてた…」ホントなの?と思ってしまっても仕方がないほ...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
今夜から、試してみてください。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
テレビやインターネットでは「この食材が体に良い!」と様々な野菜や果物が紹介されています。同じものだけを食べて健康になるならこんなに簡単なことはありませんし...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
ちゃんと寝れなかった翌日は、1日だるくなってしまうもの。ここで紹介するのは「Power of Positivity」が推薦する、快眠を得るための4つの習慣...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
Lauren Harburyさんは、今まで長年にわたり、不眠の悩みを抱えている人たちをサポートしてきたそう。環境が変わったり、旅行先になると眠れなくなって...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
「Snorelax」の1,394人の被験者は、全員がリラックスをしながら寝れたと答えているようです。なぜなら、固定するというよりは気道を確保して、呼吸をし...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...