いい大人もハマる、刺繍が楽しい「年間7万枚以上売れるTシャツ」

暖かくなってきたかなと思ったら、あっという間に暑いくらいになる日も増えてきました。着るものもだんだん薄着になっていき、Tシャツ1枚で過ごすこともザラに。ただ、20代半ばを過ぎるとなんとなく気づきはじめ、30代になればわかりやすく体型が変化していたりして、Tシャツをカッコよく着こなすのが難しいと悩んでいる人もいるのでは?

でも、いい大人になったのなら、大人にしかできない着こなしってのも、ありますよね。たとえば、大人だから演出できるカワいさ=お茶目さをプラスするのはどうでしょう。

「大人のお茶目さ」で気をつけること

明るくて「楽(らく)」そうな印象
大人だからといって、しっとり落ち着いていなくちゃいけないわけじゃありません。むしろかしこまらずどこかに隙がありそうなくらいのほうが、余裕を感じさせるもの。
清潔感がある
もちろん、「楽」とはいっても、だらしないのは論外。たとえゆるそうなスタイリングだったとしても清潔感や上質なアイテムをセレクトしているのが好感が持てる大人っぽさだったりします。
そして意外性
一見クールに見えてキャラものを使っていたり、コーディネートのトーンは統一しつつも差しのカラーを使っていたり、カジュアルアイテムなのにジャケットなどと品よくあわせていたり。ほんの少しだけお茶目な感じを演出するくらいが、大人だからできるカッコよさなのでは

で、見つけたオススメが「スーパーT」

シカゴで生まれ、世界中で愛されているアメリカン・カジュアルブランド『ランズエンド』の「スーパーT」は、まさにそんなTシャツです。 30年以上に渡ってTシャツを発信し、支持され続けてきている安心感はもちろん、この「スーパーT」は昨シーズン7万枚以上売れた人気アイテム
人気の理由は、品質の高さはもちろん、約300種類以上の刺繍でカスタマイズできて世界でひとつのオリジナルTシャツが作れて、楽しい! ってこと。Tシャツ自体のベースデザインも豊富です。今季はフルジップタイプも登場するほどで、カラバリとの掛け合わせて選べば組み合わせは何千通りにも。これならたとえ人気アイテムでも誰かとかぶることなく、さりげない大人の自己主張が楽しめるというものです。

たとえばこんな組み合わせは?

タイプの違うTシャツに入れられる刺繍の位置は4種類から選べます。いたってシンプルな柄から、デコラティブなアメリカンエンブレム系、かと思えば、思わず微笑んでしまう可愛いイラストまで、まさに多種多様。ほどよく大人のお茶目さをプラスする遊び心がたくさんありそうな「スーパーT」。たとえばこんな組み合わせはどうでしょう?

白無地のポケTに愛らしい鳥のストーリーを

ほどよいアクセントがオシャレになる白地のポケT。そこへ、今シーズンから登場した「ポケットストーリーシリーズ」の刺繍をプラス。小鳥が果物をついばむ姿の刺繍で、さり気ない愛らしさが演出できます。

黒ベースのTシャツに、レアなフラミンゴの刺繍を

定番のクルーネックTシャツですが、フラミンゴの刺繍をプラスすることで一気に個性的な雰囲気に。黒地に発色のいいピンクがよく映えます。シャープな印象の黒Tに、動物モチーフで柔和な印象をプラスする絶妙なバランスは、「いい大人」によく似合います。

ハイネックTならではの刺繍ポジションで醸し出すアソビ感

着る人をクールに見せてくれる白地のハイネックTシャツですが、対峙する人の目に自然と入る首元こそが刺繍を見せるポイントに。ネック部分をロードに見立てたロードレーサーのモチーフは、イエロー基調で白地とのトーンの相性もよく大人っぽさをもちながら、ちょっとしたアソビ心を演出してくれます。

刺繍の王道・イニシャルは、
クール&ナチュラルなロープパターンを

 

ヘンリーTシャツはきっちりボタンをしめて着ることで脱カジュアル感を。自分の名前などを好みで選べるイニシャルには、クールさとナチュラル感を同時に演出できるロープパターンがオススメ。色味をグレー&ネイビーにすることで大人の落ち着き感も演出できます。

主張の強いラインTに、あえて小さめのボーダーコリーを

胸の2本線が印象的なこのTシャツ。マリンっぽい雰囲気なので、カジキなどのモチーフを選びがちなところ、あえて小さめのボーダーコリーの刺繍を組み合わせます。甘すぎないテイストなのでカジュアル感と上品さを程よくバランスしてくれます。休日の街歩きなども陽気に出かけられそう。

ところで、何が「スーパー」なの?

80年代初めに生まれ、30年を超えて受け継がれてきた「スーパーT」は、もともとのコンセプトが「上質さと、耐久性」ということで、素材感と作りにとことんこだわってきました。 生地に使っているのは繊維をなめらかに引き揃えた上質なコムドコットン100%。これを厚手の5.3オンスに丁寧に編み上げることで、手触りが柔らかく抜群の耐久性も備えました。ザブザブ洗濯しても縮んだりする心配もありません。色あせもしにくく、毛玉が付きづらいし、シワにもなりにくい……さらに、縫製がしっかりしてるから型崩れしにくいんです。これだけの機能性を有しながら、価格は超リーズナブル! ここまでこだわったTシャツだからこそ「スーパー」なんですね。
まだその着心地や選びの楽しさを知らないという方は、ぜひ試してみてください!

命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
LEGO FORMAは、パーツを組み合わせて鯉やサメを組み立てる大人のLEGO。構成するパーツにギアのついた台座があり、動かすこともできます。
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...