わたしは、何者かになりたかったんだ。――『ここは退屈迎えに来て』

 

「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」

東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?高校時代の憧れの彼に会いたくなったのは、自分がいる今ここが、退屈だから。

いつだって気持ちの隙間をちょうどよく埋めてくれそうなものを、自分以外の何かに探してる。いつも「自分を見る誰かの目」で自分を見てる。

そんなことないよ、みんなたったひとりの特別だよ、なんて今の彼女たちには届かない。果てしなくつづくバイパス沿いの、大型ショッピングセンター、本屋とファミリーレストラン。“何者” にもなれない理由を、すこし卑屈に、なるべく安全な場所にいながら探してしまう。

©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会


“何者でもない”って受け入れた瞬間、おとずれる退屈。だけど、そこからまた自分の物語ははじまる。胸に、すこしの痛みをたずさえながら。そして気づく、きっとただ、あの子より、あの人より、「退屈」になりたくなかっただけなんだってことに。

 

『ここは退屈迎えに来て』

地方に暮らす女性たちの心情を描いた、山内マリコの同名連作小説集を映画化。東京で就職したが、10年経って何となく地元に帰ってきてた27歳の「私」、そして、元彼を忘れられずに暮らしている「あたし」。日常に充足感を覚えることができないふたりの女性と、ひとりの男性。それぞれの思い、そして現実とは。


監督/廣木隆一 原作/山内マリコ 脚本/櫻井智也 出演/橋本 愛 門脇 麦 成田 凌 渡辺大知 岸井ゆきの 村上 淳 他

10月19日より、全国公開。

Top image: © 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
女ひとりで観て欲しい映画(まとめ)
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
キャリアウーマンだった女性が、出産を機に「退屈」の中に溺れてしまう……。よくある話です。BBCニュース記者であったアメリカ人のマヌーシュ・ゾモロディさんも...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
米国で2番目の規模を誇る大手映画館グループ「リーガル・シネマズ」が、10月5日、全米にある536の映画館のすべてを閉鎖すると発表。閉鎖の原因は、新型コロナ...
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
世界で話題のVRアートアニメーションが日本でも観れる!
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...