わたしは、何者かになりたかったんだ。――『ここは退屈迎えに来て』

 

「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」

東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?高校時代の憧れの彼に会いたくなったのは、自分がいる今ここが、退屈だから。

いつだって気持ちの隙間をちょうどよく埋めてくれそうなものを、自分以外の何かに探してる。いつも「自分を見る誰かの目」で自分を見てる。

そんなことないよ、みんなたったひとりの特別だよ、なんて今の彼女たちには届かない。果てしなくつづくバイパス沿いの、大型ショッピングセンター、本屋とファミリーレストラン。“何者” にもなれない理由を、すこし卑屈に、なるべく安全な場所にいながら探してしまう。

©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会


“何者でもない”って受け入れた瞬間、おとずれる退屈。だけど、そこからまた自分の物語ははじまる。胸に、すこしの痛みをたずさえながら。そして気づく、きっとただ、あの子より、あの人より、「退屈」になりたくなかっただけなんだってことに。

 

『ここは退屈迎えに来て』

地方に暮らす女性たちの心情を描いた、山内マリコの同名連作小説集を映画化。東京で就職したが、10年経って何となく地元に帰ってきてた27歳の「私」、そして、元彼を忘れられずに暮らしている「あたし」。日常に充足感を覚えることができないふたりの女性と、ひとりの男性。それぞれの思い、そして現実とは。


監督/廣木隆一 原作/山内マリコ 脚本/櫻井智也 出演/橋本 愛 門脇 麦 成田 凌 渡辺大知 岸井ゆきの 村上 淳 他

10月19日より、全国公開。

Top image: © 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
他の記事を見る
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
キャリアウーマンだった女性が、出産を機に「退屈」の中に溺れてしまう……。よくある話です。BBCニュース記者であったアメリカ人のマヌーシュ・ゾモロディさんも...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
「後悔する」なんてことはわかっている。それなのに観てしまう。あれって人間の何を刺激しているんだろう?『Elite Daily』では、こんなふうに解説してい...
愛し合う恋人同士でも、長い間一緒にいると一緒にいて退屈に感じる時と居心地が良く感じる時とあります。似ているようで全く違う二つの感情の違いと5項目でリストし...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
『7つのステップでスマホを手放す 退屈すれば脳はひらめく』(NHK出版)の著者であるマヌーシュ・ゾモロディさんは、バリバリ仕事をこなすBBCのニュース記者...