「退屈を受け入れろ」ジョブズの進言の裏にあった、ヒラメキの方程式

キャリアウーマンだった女性が、出産を機に「退屈」の中に溺れてしまう……。よくある話です。BBCニュース記者であったアメリカ人のマヌーシュ・ゾモロディさんもその一人。しかし、彼女はアンニュイの中にとんでもない光があることを見つけます。

近著『退屈すれば脳はひらめく 7つのステップでスマホを手放す』(須川 綾子さん翻訳・NHK出版)では、「退屈」をすることのメリットが書かれています。

仕事のアイディア出しに詰まっている人は、あえて「何もしない時間を作る」のも良いかもしれませんよ?

退屈とひらめきには、
密接な関係がある

Ef90191462ef745a9c18b500e8635674554f06d2

一見すると、「退屈」と「ひらめき」はまるで違うもののように思えます。「関心を失い、うんざりして落ち着かない状態」を退屈とするならば、なんとも後ろ向きです。これに対してひらめきは、誰もがほしがるもので前向き……。まったく対照的に見える「退屈」と「ひらめき」ですが、これらふたつはじつは密接な関係にあります。

ルイヴィル大学哲学科の研究者で、退屈の擁護者を自任するアンドレアス・エルピドローは「退屈は、これまで行ってきた仕事に魅力・意義を見いだせなくなったときに、次の目標を見つける原動力になる」と説明しています。

また、スティーブ・ジョブズは「私は退屈を大いに信じている。テクノロジーはどれも素晴らしいが、することがないのもまた素晴らしい」という名言を残しています。

「すべては好奇心から生まれる」という信念を抱き、若い頃に好奇心を掻き立ててくれた、長く退屈な時間を懐かしんでいたジョブズは、自分が作ったデバイスが国民の退屈をむしばむことを心配していたのです。数々の功績を残した彼の言葉だからこそ、「退屈を受け入れろ」という助言が胸にしみます。

たとえるなら、退屈はひらめきを孵化させる実験室。科学者(あなた)が、方程式や化学式(結果)を生み出すには、ごちゃごちゃして居心地が悪く、ストレスがたまる場所へしばらくいるしかないのです。

人生に「退屈」を取り戻してみませんか? はじめは居心地の悪さや苛立ち、さらには怒りさえ感じるかもしれません。しかし、それを乗り越えて「退屈」の効果を手にしたとき、驚くような成功が待っているかもしれません。

「退屈」は発見。
「ひらめき」はのんびり。

3db1f11a8389dff8929daa9c860325ccf315fd01

ここからは、「退屈は◯◯」、「ひらめきは◯◯」と分けてそれぞれのショートコラムを紹介していきます。

《退屈は必要なもの》

私たちは「退屈」の存在を見直さないといけません。「退屈」はあまりに軽んじられ、「つまらないこと」のように扱われている。小さい頃に親から「退屈をするのは退屈な人間だけ」と言われましたが、これは間違いだと思います。人間は、退屈しているときに思考を養い、育て、磨いています。大切な作業を行う際、心は「退屈」を常に必要としているのです。

《退屈は生産的》

「退屈」している時間をムダに感じるかもしれませんが、目標を定めたり、戦略を立てたり、さらには人生のプランを練るのに絶好の機会となることを覚えておいてください。「退屈」をすることで、人生のあらゆるレベルで大切な発見をすることができるのです。

《ひらめきは身近なもの》

ひらめきといっても、ノーベル賞を受賞した研究やルネサンス絵画のレベルじゃなくてかまいません。子どもが学校で友だちをつくるコツを考えたり、仕事のどんなところに喜びを感じるのか考えてみても良いでしょう。ひらめきが素朴でささやかなものでも、素晴らしいことには変わりありません。

《ひらめきは、のんびりと相性が良い》

いくつものアイディアをかけ合わせて新しい価値をつくるには、退屈さに耐える時間、孤独、我慢は避けて通れません。しかし、私たちは職場や家、さらには自分の心のなかでさえ、それらの苦しい時間を受け入れようとしませんよね。本当にインパクトのある新しいアイディアを育てないなら、多くの仕事をする時間を減らしてみましょう。

『7つのステップでスマホを手放す 退屈すれば脳はひらめく』(NHK出版)の著者であるマヌーシュ・ゾモロディさんは、バリバリ仕事をこなすBBCのニュース記者...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
愛し合う恋人同士でも、長い間一緒にいると一緒にいて退屈に感じる時と居心地が良く感じる時とあります。似ているようで全く違う二つの感情の違いと5項目でリストし...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。たとえば、夏休み。...