「LCC旅」を極上な思い出にするハックが、これだ!

「メリハリ」が大事な時代になりました。とくに、お金の使い方でそんな流れを感じます。たとえば「LCCの旅」は、ただコストを抑えるためだけではなく、スマートな選択をするきっかけにもなります。

かけるところには、かける!
抑えるところは、抑える!

そういう旅を実践するには色々なハックがありますが、今回は「ダイナースクラブカード」を使うメリットをまとめてみました。

少し格式高いカードというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実はLCC旅との相性もいいんです。

航空券がLCCでも
「空港ラウンジ」を使いこなせる

飛行機での移動が多い人なら、空港ラウンジの “こなし” は永遠のテーマ。

そこで言うとダイナースクラブカードはとても便利で、国内・海外のあらゆる空港ラウンジを会員は無料で使えます。その数なんと850ヵ所以上!

さらに場所によっては、ビジネスクラス以上に限られているようなラウンジも使えます。つまり、航空券がLCCだったとしても、ラウンジでゆったりくつろいだり、じっくり趣味や仕事の時間に使ってもOKということ*。

ちなみに、利用回数制限もありません。

*空港によっては、LCC発着ターミナル自体には空港ラウンジがなく、発着ターミナル以外のターミナルまで移動が必要なケースがあります。

→さっそくチェック!

LCCで予算を抑えても
ポイントもしくは
キャッシュバックがもらえる

ダイナースクラブ会員専用の「ダイナースクラブ ポイントモール」も、旅好きならうまく使いこなしたいところ。

たとえば、「ダイナースクラブ ポイントモール」を経由して「エクスペディア」のサイトで旅行予約をすると、ボーナスポイント獲得もしくはキャッシュバックを受けることができます。

すでに「エクスペディア、めちゃくちゃ使ってる!」という人なら、これを利用しない手はありません。

さらに「ダイナースクラブ ポイントモール」では楽天市場や、一休.comなど270店以上でのショッピングや旅行予約サービスを利用できるので、利用頻度が高い人こそ、その恩恵が受けられそうです。

「LCC+コスパのいい宿」だとしても、優待を利用したり、キャッシュバックを受けたりすれば、旅先での貴重な体験や絶品グルメにもっと投資できます。

移動のコストは抑えても
「ホテル」では贅沢したい人に

LCCで移動のコストは抑えながらも「ホテルは妥協したくない」という人は、ダイナースクラブのラグジュアリーホテル優待「海外クラブホテルズ」を使うべきです。

電話1本、トラベルデスクで予約手配し、ダイナースクラブカードで支払いをするだけで、世界各地のホテルで、部屋のアップグレードや朝食無料サービスを受けることができます*。なかには、連泊することで夕食やマッサージのサービスがつくケースも。

対象ホテルには、伝統漂う「ザ リッツ ロンドン」や、話題のライフスタイルブランドホテルの「W シンガポール セントーサ コーヴ」、2019年3月にオープンした「ローズウッド香港」などもラインアップしています。

また、旅行先でのレストラン予約、スポーツ、イベント、エンターテインメントのチケット手配などは「海外現地トラベルデスク」で手配できます。日本語を話せるスタッフの方が対応してくれるので安心です。

*優待例。優待内容はホテルにより異なります。

→ホテルは贅沢に過ごしたい

もう遅延や欠航に泣かされない!
「LCC旅」にも安心感をプラス

LCCはなんと言ってもコスパの良さが魅力ですが、遅延や欠航などが発生したとき、何時間も我慢したあげく旅のプランを変更しなきゃいけなくなり、追加で費用がかかったのでは元も子もありません。

そういった不安を解消するには、ダイナースクラブの「海外旅行保険 プラス」(有料)が便利です。カード付帯保険にはない補償をきっちりカバーしてくれるんです。

航空機の出発が遅れてホテル代や交通費を負担したときや、海外ではとくに気をつけたい不意のケガや病気の補償も手厚くできます。

ダイナースクラブカードを持っていれば電話1本で申し込みOKですし、カード付帯保険につなげて入ることができるので、長期滞在(出張、留学、ワーホリなど)にもオススメです。

→詳しくはコチラ!

このカードを持っていれば、たとえ航空券をLCCで抑えても「スマートな旅」ができそうです。

「安いから」ではなく、自分が求めている体験にお金をかけて、本当の意味での “贅沢な旅” にしたいものですね。

→スマートな贅沢旅がしたい

 

 

【関連記事はこちら】

他の記事を見る
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
LCCに乗り込むため移動する、第2ターミナルから第3ターミナルまでの道のり約500m。荷物を持ってのこの距離には、「遠い……」と呟いてしまうのも仕方がない...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...