ここがホテルだって信じられる?――中国の桂林にある「别居·漓想国」

 
ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介していきます。

ここがホテルだって信じられる?

 

私は信じられない!

 

©Chao Zhang
©Chao Zhang

 

中国南部の桂林にある「别居·漓想国」は、10人のデザイナーによって手がけられたテーマも内装も異なる10の客室が用意されている……なんて話は昨今のブティックホテル事情を少しでも知っていたら「ふ〜ん」って感じだと思う。

私だってそう。

だけどね、この部屋はちょっと新しくない?

なんでも「迷路」と「夢」をテーマにデザインされたらしく。エッシャーのだまし絵を思い出すような空間に仕上がっている。

リラックスとか、癒やしとか、ホテルという空間に前提として求められる要素を排除して、迷路と夢というナゾのテーマを本気でカタチにしてしまうあたりに、中国という国の勢いの良さを感じる。

まあ、そんなことはさておき。

素直に好奇心から「いつかは泊まりたい」と思ったシダイ。

 

©Chao Zhang
©Chao Zhang

 

<别居·漓想国>

住所:桂林市平乐县福兴镇阳光100漓江文化旅游度假区89栋
1泊2名あたりの料金:16,454円〜(2019年3月3日現在)

 

Top image: © Chao Zhang, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
アートユニット「MOTASWORKS」の個展「BOOTEMPORARY」が「JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店」で開催中。額装さ...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
河南省は、中国古代文明の発祥地の一つとして知られている地域。その山間に近代的なデザインの建築物が誕生した。『The Shaolin Flying monk...
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
東京・町田の「武相庵Cafe&Hostel」で味わえる「本気のクリームソーダ」は、一流のバーテンダーならではのセンスと技術が詰まった夢のような一杯。
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。