中国の桂林にある「别居·漓想国」|いつかは泊まりたい世界の宿 #19

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

ここがホテルだって信じられる?

©Chao Zhang

私は信じられない!

中国南部の桂林にある「别居·漓想国」は、10人のデザイナーが手がけたテーマも内装も異なる10の客室が用意されている……なんてはなしは昨今のブティックホテル事情を少しでも知っていたら「ふ〜ん」って感じだと思う。

わたしだってそう。

だけどね、この部屋はちょっと新しくない?

なんでも「迷路」と「夢」をテーマにデザインされたらしくて、エッシャーのだまし絵を思い出すような空間に仕上がっている。

リラックスとか、癒やしとか、ホテルという空間に前提として求められる要素を排除して、迷路と夢というなぞのテーマを本気でカタチにしてしまうあたりに、中国という国の勢いのよさを感じる。

まあ、そんなことはさておき。

素直に好奇心から「いつかは泊まりたい」と思った次第。

©Chao Zhang
©Chao Zhang
©Chao Zhang

<别居·漓想国>

住所:桂林市平乐县福兴镇阳光100漓江文化旅游度假区89栋
1泊2名あたりの料金:16,454円〜(2019年3月3日現在)

Top image: © Chao Zhang, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
クラウドファンディングで販売中の「SprayCare」は、接触せずに消毒できるウェアラブブルサニタイザー。手首から噴射する様子はスパイダーマンのよう。
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
「ビームス ジャパン」と「食玩ジャパン」が食玩の魅力をあらためて伝える異色のコラボ「食玩ジャパン」を今月からスタートしている。
1月6日、バーガーキングが20年ぶりとなるリブランディングを実施。ロゴを皮切りにパッケージやオリジナル商品、制服などがその対象となっているようだ。
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。