ここがホテルだって信じられる?――中国の桂林にある「别居·漓想国」

 
ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介していきます。

ここがホテルだって信じられる?

 

私は信じられない!

 

©Chao Zhang
©Chao Zhang

 

中国南部の桂林にある「别居·漓想国」は、10人のデザイナーによって手がけられたテーマも内装も異なる10の客室が用意されている……なんて話は昨今のブティックホテル事情を少しでも知っていたら「ふ〜ん」って感じだと思う。

私だってそう。

だけどね、この部屋はちょっと新しくない?

なんでも「迷路」と「夢」をテーマにデザインされたらしく。エッシャーのだまし絵を思い出すような空間に仕上がっている。

リラックスとか、癒やしとか、ホテルという空間に前提として求められる要素を排除して、迷路と夢というナゾのテーマを本気でカタチにしてしまうあたりに、中国という国の勢いの良さを感じる。

まあ、そんなことはさておき。

素直に好奇心から「いつかは泊まりたい」と思ったシダイ。

 

©Chao Zhang
©Chao Zhang

 

<别居·漓想国>

住所:桂林市平乐县福兴镇阳光100漓江文化旅游度假区89栋
1泊2名あたりの料金:16,454円〜(2019年3月3日現在)

 

Top image: © Chao Zhang, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
性交痛を改善するために使う「OHNUT(オーナット)」。男性器の根本に付けることでサイズを調整し、クッションのような働きをしてくれるドーナツ型のリングです。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
河南省は、中国古代文明の発祥地の一つとして知られている地域。その山間に近代的なデザインの建築物が誕生した。『The Shaolin Flying monk...
4月9日、「Airbnb」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「体験」の新カテゴリ「オンライン体験」を提供開始すると発表した。
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...