「コスメキッチン」が、焼却した際に排出されるCO2を大幅に削減する「エコフィルム」製のポーチを発売

1月16日、「エコの日」

「コスメキッチン」は、エコフィルムを使った「Sustaina Pouch(サスティナポーチ)」を発売する。「エコフィルム」とは、焼却した際に排出されるCO2を大幅に削減する、最新の技術を使用したフィルムのこと。

ポーチには、絶滅危惧種とされている野生生物をモチーフにしたイラストが描かれ、5種の動物が各1枚ずつの5枚セットで480円(税抜)。1度だけではなく、繰り返し使うことができるジッパーポーチになっている。

©2020 株式会社マッシュホールディングス

<ホッキョクグマ> 

主に極寒の北極圏に生息する地上最大の肉食動物。地球温暖化による環境変化と有害化学物質による汚染によって絶滅の危機に晒されている。W220×H160mm。パスポート、トラベル用のヘアケアやボディケアなどを入れるのにピッタリ。

©2020 株式会社マッシュホールディングス

<ヘサキリクガメ>

マダガスカル島に生息している草食のリクガメ。人間による乱獲やイノシシの捕食行為により数が激減し、現在絶滅の危機に瀕している。W130×H90mm。サプリメント、アクセサリー、綿棒やコットンなどを入れるのにピッタリ。

©2020 株式会社マッシュホールディングス

<ケープペンギン>

寒い南極や氷山ではなく、アフリカ南部の沿岸などに暮らすペンギン。人間による卵の採取や、食糧である魚の過剰乱獲により数が減少。W130×H130mm。コスメ、携帯充電器などを入れるのにピッタリ。

©2020 株式会社マッシュホールディングス

<シロナガスクジラ>

多くが南極海に生息する、地球上に現存する中で最も巨大な動物。捕鯨活動により絶滅危惧種に指定されている。W260×H220mm。下着やTシャツ、お子様のおもちゃなど、たっぷり入る大容量サイズ。

©2020 株式会社マッシュホールディングス

<フィリピンワニ> 

別名ミンドロワニ。フィリピン固有のとても稀少なワニで、金鉱の有機水銀による水質汚染が原因で数が激減したと言われている。W200×H100mm。歯ブラシやメイクブラシ、ペンなどを入れるのにピッタリ。

また、「Sustainable Identity」を掲げるコスメキッチンは、2019年7月には100%海洋プラスチックごみでできた「Sustaina Bag(サスティナバッグ)」を発売しているほか、2019年2月には、小さな一歩としてショッピングバッグの無料配布も廃止。

20世紀にさまざまな「便利な発明」の恩恵を受けてきた一方で、地球に対して私たちがかけてきた多くの負荷を減らし、100年後、200年後も、安心して暮らせる地球を子どたちの世代に残すため、多くの動物たちの未来をつないでいくために、コスメキッチンは今後も環境への取り組みを一歩ずつ進めていくという。

©2020 株式会社マッシュホールディングス

コスメキッチン

【公式ホームページ】http://cosmekitchen.jp/

Top image: © 2020 株式会社マッシュホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イギリス北西部、チェシャー州に位置するアシュトン・ヘイズ。この街は、住民たちの協力のもとで「Co2削減」の試みがおこなわれ、なんと10年で約40%もの削減...
2020年に向けたある方針を発表した「コカ・コーラ・スウェーデン」。それにより、スウェーデンでのバージンプラスチックの使用量を年間約3500トン、CO2排...
スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」は、商品を購入した時に自動的に二酸化炭素の排出量が計測されるクレジットカード「DO」を開発。ワンランク上...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
「Biopack」は、誰もが簡単にゴミの排出量の削減をできるように設計されたパッケージです。ギリシャ生まれのデザイナーGeorge Bosnasさんが手が...
〈EcoSouLife(エコソウライフ)〉のカップは、竹の繊維であるコーンスターチが主成分。竹は成長が早いため環境の負荷が少ないそうです。また、土に埋める...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
アートユニット「MOTASWORKS」の個展「BOOTEMPORARY」が「JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店」で開催中。額装さ...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
WeWorkが驚きの決定。従業員に食肉を含む食事経費の払い戻しをしないと発表しました。これは日本を含む各国の全社員約6000人に適用されます。
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
東京・町田の「武相庵Cafe&Hostel」で味わえる「本気のクリームソーダ」は、一流のバーテンダーならではのセンスと技術が詰まった夢のような一杯。
「サントリー」は、ナチュラルミネラルウォーターの新工場の名称を「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」に決定し、2021年春の稼働を発表。
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。