冬に最強なのは、このクルマに間違いない。極寒の「流氷ドライブ」へ!

スキーやスノボが好きな人はちょっと例外だけど、冬のあいだはつい家の中でまったりしちゃう……。とはいえ毎週引きこもっていると、たまには外に出て “未体験” にチャレンジしたい気持ちも湧いてくる。

たとえば、雪道のドライブ。

不安もあるけれど「心強いクルマ」さえあれば話はちがう。雪道を行った先に、今まで見たこともないような感動が待ち受けているかもしれない。

ハンドルを握って向かった先は極限の寒冷地、北海道。人生で一度は「オホーツクの流氷」を見ておくべきだと思ったからだ。

ドライブは寄り道が楽しい!
冬の「知床グルメ」で腹ごしらえ

せっかく北海道まで来たんだから、この季節のこの場所でしか食べられない絶品グルメでお腹を満たしておきたい。

ということで、女満別空港を降りてレンタカーをピックアップしてから向かったのは「行ってみたい道の駅ランキング」で1位に輝いたこともある、知床の「道の駅うとろ」。その中にある「シリエトク レストラン」は、店名に知床の語源と言われるアイヌ語のシリエトク(=大地の先端)を掲げる人気店だ。

この時期なら、鮭の漁獲量日本一の知床で獲れた「時鮭(時不知)の親子丼」は頼むべき一品。

おいしいのにヘルシーだと評判の「鹿肉バーガー」もテイクアウトして(なんと300円!)、このあとの流氷に向けてしっかりパワーチャージを!

冬のドライブには
「エクストレイル」がよく似合う

今年は暖冬の影響で2月でも雪は少ないほうだけど、道の脇には1m以上の雪壁ができていて、見渡すかぎり白銀。これぞ楽しみしていた “非日常” だ。

不安だった雪道の運転も、ヒヤッとするようなシーンではエクストレイルの「インテリジェント 4×4」が力を発揮。しっかり路面状況を掴みながら走行を安定させてくれるから慣れない路面でも安心だし、2019年のSUV* 販売台数 “北海道No.1” という称号にも納得だ。

* SUVとは自販連区分オフロード4WD(一部2WDを含む)国産車を指します。2019年1月〜12月(自販連調べ)

→もっと知りたい!

知床から海岸沿いを走ってやってきたのが、北浜駅。「流氷に一番近い駅」としても有名だ。

ここから見る流氷は格別で、どこまでも雪原が続いてるように錯覚してしまうほど。

「わざわざ来てよかった……!」

正直これまで「流氷の絶景」ってあまりピンとこなかったけれど、これは圧巻という他ない。この日の気温は、最高でも−10℃、最低気温にいたっては−17℃で、もはや寒いを通り越して、耳が取れそうなくらい痛かったのもいい思い出だ。

他にも流氷スポットを巡りたくなり、そのまま北上して能取岬(のとろみさき)へ。

海までの高さがある分、またひとあじ違った景色が味わえる。

極寒の流氷巡りでも助けられたのが、エクストレイルに「シートヒーター」がついていたこと。外で冷え切ったカラダをじんわり暖めてくれるし、ドリンクホルダーについている保温機能も嬉しい。

途中で買ったコーヒーがまだあったかい。生き返る……。

エクストレイルのシートは防水仕様なので、ブーツやダウンに雪がついていても気にしなくて大丈夫。そのままドカっと座れるのもいい。

夕陽を横目に
この旅を噛み締める!

景色を楽しみながら紋別に向かってしばらくドライブをしていたら、あっというまに日も落ちてきた。冬の太陽は短い。

コムケ湖に沿って伸びる道を走りながら、真っ白な大地と、オレンジがかった空を眺める。

「来てよかった……!」

この旅では、何度もこの言葉を噛み締めているような気がする。

エクストレイルだから見ることができた
オホーツクの流氷

—— 初めての流氷ドライブも、エクストレイルのおかげでとても快適な旅になった。家を出るまでは億劫だったけれど、この体験はずっと記憶に残るんだろうな、と確信している。

 

そんなエクストレイルは、2020年1月に新たなグレードとして20Xiレザーエディションを発表。高級感のあるタンレザー仕様になっていて、さらに上質なドライブを演出してくれそうだ。

また、現在ウェザーニュース×日産エクストレイルで、リアルな気象情報をお届けする、「ADVANCED WEATHER REPORT」をLIVE中継で配信している。

「#06:流氷接岸を観測せよ」では、 ウェザーニューズと最先端の相棒エクストレイルがコラボをして、最新の流氷情報と美しい風景をお届けした。

「エクストレイル」の最先端の技術を駆使することで観測できる “圧巻のウェザーレポート” にも注目してみては?

→詳しくはコチラ
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
昨年11月にオープンしたメムアースホテルは、建築家・隈研吾氏がアイヌの伝統民家チセをモチーフにして設計した実験住宅「メーム」に泊まれるだけでなく、十勝地方...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
長時間のドライブによる気づかない脱水=「かくれ脱水」に警笛を鳴らすため、 「HONDA」より、移動時間に応じて必要な量が入っている「Honda DRIVE...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
シャンパーニュブランド「ヴーヴ・クリコ」は、1月19日〜31日の期間限定で、エレガントで上質なアクティビティ「ヴーヴ・クリコ イン ザ スノー」を北海道・...
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...