【待ってました!】彼女との喧嘩が、ピタッと止まる「アプリ」が登場

いきなりカップルの修羅場からスタートする動画。ふたりの仲に割って入るのは「買い物の神様」!?

TABI LABOが初めて制作した動画です!

最後まで視聴した人は、もうわかったと思いますが、これはCASIOのカメラアプリ「レジカメ」のCM動画。

10968022_10206069432085184_1439153262_n

プロデュースはTABI LABO。そうです。記念すべきTABI LABOが制作する動画第一弾です!
CASIOといえば、G-SHOCKやエクシリムシリーズなどで知られるブランド。様々なプロダクトを世に送り出していますが、そのすべてに通底するのが、面白くて、新しいってところ。なのでTABI LABOも「ブッ飛んだ動画を作ろう!」と、ブッ飛ばしちゃいました(笑)。

喧嘩を止める「買い物の神様」の正体は?

冒頭でも紹介した通り、タンスの中から登場する「買い物の神様」が、破局寸前のカップルをヘンテコなダンスと脱力系のラップで止めるという内容・・・って、動画を見てない人には「?」ですよね。
なにはともあれ注目して欲しいのは、「買い物の神様」。変顔連発の美女に見覚えがある人もいるかも!?

その正体は、今音楽業界で中毒者続出中の人気ユニット「水曜日のカンパネラ」のメンバー、コムアイ。つまり、この動画はCASIO×TABI LABO featuring 水曜日のカンパネラというスペシャルなコラボレーションなんです。

最後に、動画を見て「そもそもレジカメってどんなアプリ?」と気になった人は、下記もチェックしてみて!!

話題のカメラアプリ「レジカメ」とは?撮影した画像に、値段やコメント、位置情報などを登録できるアプリ。いわゆる家計簿アプリとは違い、「節約のため」じゃなくて、「買ってよかった」「うれしかった」という体験や思い出を価格と一緒に記録できることで、今人気を集めている。「レジカメ」をインストールしてみる

Sponsored by CASIO

ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
プロのフォトグラファーが使っているカメラアプリ。スマホでの撮影に適したアプリの紹介、実際の加工方法までとっておきの5つを厳選しました。人や動物の動くものか...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
タカラトミーが12月に発売したプリンタおもちゃ「プリントス」は、電池もアプリも不要で、スマホに写った画像をその場でチェキ化可能な衝撃商品。味のある仕上がり...
ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。...
付き合っている人と喧嘩をすることは、必ずしも悪いことではない。ただ、そのやり方が間違っていると、別れがきてしまうようなマズイ事になるのだけれど。今よりもっ...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。