旅行先で、スマホから、「お洒落なポストカード」を作成できるアプリ!

突然ですが、ポストカード(絵はがき)って送ったことありますか? 多分ほとんどの人は未経験なはず。写真もメッセージもスマホで簡単に送れる現在にあって、ポストカードはちょっとアナログなイメージです・・・が、そのアナログ感が今、ウケているんです。

moca_003

もちろん、ただのポストカードじゃありません。スマホで撮影した風景や仲間との集合写真、あるいは自撮りの写真を、簡単にお洒落なポストカードにできるサービスがあるんです。

photoback05_btn_01 img_a


Androidの人はコチラ!

受け取った人の(送った人も)
満足度が抜群に高い

m006「モカ」はスマホ内にある写真やInstagramで撮影した写真を使って、自分だけのポストカードを作れるアプリ。
世界中どこからでも、言葉をそえて、わずか数タップで簡単にオリジナルポストカードを送ることができます。
写真をメールやSNSで送るよりも「特別感」があるし、きちんと残しておける。送ったほうも、受け取ったほうも、満足度が格段に違うというわけです。

moca_002

旅先から
「大切な人」へ

「モカ」の使用方法としてもっとも人気なのが、やはり旅先から。空港でお決まりのお菓子を購入してお土産にするよりも、自分のお気に入りの写真をポストカードにして送ったほうが、よほどいいお土産になるというわけです。
送り先は、両親をはじめとする家族や恋人など「大切な人」へが多いよう。例えば、家族の旅行の写真を実家の両親へ送ったり、海外旅行中に日本にいる恋人や友達へ、メールとは別に特別なメッセージと一緒に送ったり♪

moca_001

お洒落な仕上がりも
人気の秘密

じつは「モカ」の利用者として、意外にも多いのが20代、30代の女性たち。その秘密は「モカ」のポストカードのお洒落な仕上がりにあるみたい。
まず紙ですが、観光地のお土産物屋に並んでいるような、ペラペラなものじゃなくて、しっかりと厚みを持った高級感ある作り。印刷だって通常よりもたくさんの色を使っているので、写真の雰囲気がとてもリッチで、お洒落に!

photoback05_btn_02 img_a


Androidの人はコチラ!

Sponsored by コンテンツワークス

必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまい...
最近、ポストカードを買うようになったんです。いろいろ持ってるんですよ。小浪次郎さんや「MOUNTAIN MORNING」のイベントで購入した小嶋晋介さん。...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードにマイレージカード。何枚も財布に入れて持ち歩くと、かさばって面倒ですよね…。そんな悩みを解決するために、...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
タカラトミーが12月に発売したプリンタおもちゃ「プリントス」は、電池もアプリも不要で、スマホに写った画像をその場でチェキ化可能な衝撃商品。味のある仕上がり...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...