【アパレル業界の真実】オーガニックコットンの知られざる「6つの事実」

年間313万キロの合成殺虫剤がコットン栽培に使用されている。しかも、これはカリフォルニア州だけでの話。

でも、誰も気にしないことだろう。なぜなら、コットンを食べるわけではないから・・・。 殺虫剤は、コットンに直接散布される。そのコットンは加工されて、大半が私たちの衣類になるのだ。

20150317_cotton

しかし、代替案はある。オーガニック栽培のコットンは、農薬も、殺虫剤も、除草剤も使用しない。
ここでは、一般的なコットンの恐怖とオーガニックコットンの現状を紹介していこう。

01.
コットンは食品ではないので
農薬が大量に使用されている

patagonia02

オーガニックコットンについて語る前に、既存のコットンの話から。
冒頭にもある通り、コットンは食品ではないため、農薬の規制が少ない。そのため、生産過程では膨大な量の農薬が使用されている。例えば、アメリカでは、農薬の約10%が農地全体の約1%に過ぎないコットン栽培に使用されている。さらに、全世界のコットン生産量の30%以上が遺伝子組み替えの種子を使用しているというレポートもあるぐらいだ。

※Reference:PAN

02.
コットン自体は食品ではないが、
その種は、口にしているかも・・・

patagonia_150324

コットンの種子は家畜の飼料として使われたり、種子から搾った綿実油がスナック菓子に使われることがある。つまり、 コットン自体は食品ではなくとも、私たちは間接的に口にしていることになる。
たくさんの農薬をかけられて育ったコットンの種子・・・それを食べた牛から搾乳したミルクや綿実油を使ったスナック菓子に影響がないと、誰が言い切れるのだろう。

03.
コットン生産過程では、
今も多くの人が「死亡」している

コットン生産の現場は地球環境だけでなく、そこで働く人間にとっても過酷だ。
世界保健機関 (WHO) と、国際労働機関(ILO)は、世界で農薬による中毒が年間数百万件という規模で起こっており、年間2万~4万人もの死者を出しているとしている。

※Reference:PAN

04.
生産者と環境を救う
「オーガニックコットン」という選択

patagonia08

有機的な農法でコットンを作ることは、生物的特性と健康なエコシステムを活性化させる可能性を持っている。土質を改善し、水の使用が少なくてすむことも多々ある。さらに、品質の面でも、既存のコットンと同等か、それ以上のものが多い。
オーガニックコットンを積極的に使用することは、生産者のためだけでなく、環境のためにもなるのだ。

05.
オーガニックコットンの生産量は
全体のわずか1%にも満たない

patagonia03

ここ10年の間でオーガニックコットンは随分と浸透してきた。多くのアパレルメーカーが積極的にオーガニックコットンを使用しているし、それを購入したことがある人も少なくないはずだ。
でも、じつはオーガニックコットンは、世界のコットン生産量のわずか1%にも満たない。理由はシンプルで、有機農法によるコットン生産はお金も人手もかかるのだ。コットンの健康状態を常に監視して、除草をして、害虫駆除をして、さらに堆肥にも気を配る必要がある・・・ゆえに、オーガニックコットンの生産量は飛躍的には増えないという問題がある。

※Reference:TextileExchange

06.
パタゴニア製品のコットンは
100%オーガニックである

150422_patagonia02

現在、いくつかの企業は自社製品のオーガニックコットン使用量を増やしているが、その筆頭がパタゴニアだ。
彼らがその重要性に気づいたのは、驚くべきことに1991年。そして1996年には、すべてのコットン製品に使用するコットンを100%オーガニックに切り替えることに成功している。

さらに、同社はオーガニックコットンが業界に普及することを願って、工場などのサプライチェーンを公表するなど他の企業へのサポートも実施(アパレルメーカーが工場を公表することは稀である)。
コットン以外の製品についても原料の生産地や工場などの流通過程を公開して各製品が環境に与える負荷を明らかにしている。

※Reference:Patagonia

なお、パタゴニアはオーガニックコットンの採用以外にも、環境に対してさまざまな決断を行ってきている。

btn_patagonia_150312_15

Sponsored by patagonia

アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
スマートフォンに関して、悩ましい問題のひとつに“ケーブルちぎれ問題”がある。毎日、充電するから負担がかかるのは当然だけど、繰り返し買い直す人も多いのが事実...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...