夏までに「見せてもいい」ヘルシーなカラダを作りたい人へ

「夏が来る前に理想のスタイルを手に入れよう」

そう意気込んだところで、気になるのが肌荒れです。一気にダイエットすると、肌の調子悪くなってくる……そんな経験がある人も多いはず。この副作用、なんとかならないの? と思っている人へ!

ダイエットの意味は
食事制限じゃないって知ってた?

ダイエットの意味って調べたことありますか? じつはこの言葉は、必ずしも食事量を減らすことを指していません。もともとは「規定食」とか「特別食」といった意味なんです。つまり、健康や美容を目的に、最適な食事を摂ろうねっていうのが本当のダイエット

誰だってダイエットの目的は「キレイになりたい!」ですよね? そのキレイの中には、健康的っていう意味も含まれているはずです。体調を崩してまで、顔色が悪くなってまで、肌がボロボロになってまで痩せても、決して周囲からキレイだとは思われません。

だからこそ、ダイエット中でもちゃんと栄養を摂ることが大事なんですよ♪

注目ワードは
「ミネラル」と「酵素」

肌にいい栄養素と言ってまず思い浮かぶのが、ビタミン。種類にもよりますが、たしかに大切な栄養素でしょう。でも、もう一歩踏み込んで注意してもらいたいのが「ミネラル」と「酵素」です。

「ミネラル」もビタミンと同様、種類はいろいろとありますが、免疫力アップや老化を防ぐ抗酸化力アップに必要とされています。なのに、カラダのなかで作れないというのがポイントです。つまりミネラルは食事から摂るしかないんです!

一方「酵素」のほうは、消化酵素・代謝酵素・食物酵素と大きく3つの種類に分けることができます。どれも人間が生きていくうえで重要な役割を持っていますが、現代人の食生活では、酵素不足になりがち。そこで最近は酵素ドリンクなどが注目を集めています。

健康的にキレイなスタイルを手に入れたい! という人は、ミネラルと酵素を多く含んだ食べ物を摂るといいかもしれませんね。

流行のスムージーだって
なんでもいいわけじゃない!?

健康的にダイエットをしたいという女性たち(なかには男性も!?)の間で流行中のスムージー。効果的に栄養素が摂れるという大きなメリットが人気ですが、弱点もあります。

ひとつは味。スムージーの作り方は、野菜やフルーツやミキサーにかけるだけと基本的には簡単ですが、食材選びや割合によっては苦くなってしまうことも……。

なんと言っても食事は美味しいのが一番です。いくらカラダにいいものでも、味がイマイチでは「食生活がつまんない」「美味しいもの食べたいのに〜!」と余計なストレスを抱えることに。ストレスだって肌荒れの敵。健康的にボディメイクするなら、ココロにも気を配りたいところです。

例えば、ミキサー不要、シェイクするだけでできると話題のスムージー『Natural Healthy Standard.』も、簡単に作れるというだけでなく、味にこだわってます。一番人気のマンゴー味をはじめとし、続々フレーバーが登場中。はちみつレモン、アセロラ、豆乳抹茶、ピーチという多彩な味わいで、毎日飲んでも飽きないと評判なんです!

最後に……
あくまでも続けることが大事です

健康的にキレイなスタイルを手に入れるなら、持続性も大事です。それは「ダイエットを続けるぞ!」という意志の話だけじゃありません。経済的な負担を感じずに続けていける、購入しやすいものを選ぶといったことも重要になってきます。

あまり高価すぎるものやなかなか売ってないようなものを日常で取り入れてもどうせ持続できません。手軽に買えるものを取り入れるようにしたいですね♪

世界4ヶ国で総合ランキング1位(楽天)を獲得しているスムージー『Natural Healthy Standard.』は、通販で手軽に購入可能! 

通販以外に、PLAZAなどバラエティショップでも販売中なので、リアル店舗でもチェックしてみて!

Sponsored by 株式会社Tenderly
面倒なことはしたくないけど、ヘルシーなものが食べたい!というときにオススメの一品。料理家でフードコーディネーターの河瀬璃菜さんが教えてくれたのは、ヘルシー...
今回は、中目黒にオープンしたヘルシービビンバ専門店「イテウォンボウルズ」。「梨泰院クラス」はみた?主人公・パクセロイ(風?)が、お店の看板キャラクターにな...
見た目は「サイコロステーキ」。でも実は「ひき肉」と「えのきたけ」なんです。まるで精進料理みたいなモドキ感。イベント盛りだくさんの夏本番に向けて、体も財布も...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
おしゃれなトッピングは@mai_smoothieの魅力のひとつ。今回はマンゴーの果肉をたっぷり乗せた、ボリューム感あるスムージー。マンゴーに含まれる豊富な...
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
かれこれ25年前、「ティラミス」が日本で空前のブームを巻き起こしたことを知る人は、もはやいい大人。美味しいけれどハイカロリー、は昔も今も女心を悩ませる種。...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」が、渋谷に8月4日開業の複合施設「MIYASHITA PARK」にオープン。「塩こうじ...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
減量専門医のKhandee Ahnaimugan博士が、「mindbodygreen」ダイエットの秘訣を紹介しています。流行りのダイエット法に振り回されず...
スムージーにはじまり、デトックスウォーター、コールドプレスジュース。ヘルシーで健康的な、美容系“黒船ドリンク”がいくつも日本にやって来ました。そしてまた、...
「父の日」「プレゼント」と検索を入れると、関連ワードには「人気」や「定番」、これと並んで上位に来るのが「健康グッズ」です。世のお父さんたちのカラダを心配し...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
ヘルシー志向でがぜん注目度が増した「フムス」は、中東文化圏のソウルフード。カフェやレストランでは注文しても、これを自宅でつくるイメージは浮かばない、という...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
ジャンクフードの摂取は"適量"に。そうすれば気分も向上して、脳がヘルシーになれるかもしれません。
マヨネーズは全卵を使ってつくるのが基本ですが、これをちょっとでもヘルシーに仕上げるためには黄身を抜いてしまえ。というのがこの記事のテーマ。本来は料理をする...
今回はセブンイレブンの「ケール グリーンスムージー」。全国で3店舗にしかない幻のスムージーを「目白駅北店」で発見!