これって常識?日本人が海外でびっくりした不思議なこと15選

海外には、プッと笑っちゃう小さな気付きや、嘘でしょ!?とビックリしてしまう文化の違いまで、いままで私たちが常識だと思っていた視点を覆すようなものごとがたくさんあります。

外国で驚いたことをいろいろな人に聞いてみました。そんなことあったなあと思い出すものや、知らなかったことも、旅行に思いを馳せながらチェックしてみてね。

01.
電車で〇〇しちゃダメ!

「飲食はダメ!散らかすのもNG!チューインガムをくっつけないで!危険物なんてもってのほか!と言わんばかりに注意書きがズラリ。これはマレーシアの電車に書かれていた禁止事項たち。お下品な行動はいけませんという文言と一緒に、キスしているカップルのマークも」。

20代・女性

02.
荷物を預けてからでないと
入店できない大型スーパー

「ケニアの大型スーパーマーケットに行った時、入り口で荷物を預けないと入れないことに驚きました。盗難防止だと思いますが、初めて見ました」。

30代・女性

03.
制限時間内に出ないとドアが開く!?
全自動ハイテク公衆トイレ

「西オーストラリアのポートヘッドランドにある海沿いの公園でBBQをしていたときに、ハイテクな公衆トイレがあったんです。自動ドアが開くと、中でジャズが流れはじめ、ボタンを押すとコピー機の様に紙がビーッと出てくる。おまけに個室内のディスプレイに制限時間が表示されていて、その間に用を足さないとドアが開くとの貼り紙が(!)。ちょっと焦りましたが、これにはみんな大興奮。“おい!トイレにはもういったか!”とその話題で持ちきりになりました」。

30代・男性

04.
店一番の人気常連客は
わがままなホームレスおじさん

「カナダにいたとき、タコス屋のバイトをしていて、一銭も支払いをしない常連客がいたのを覚えています。ホームレスのおじさんで、注文はするけどみんなが奢ってくれるんです。好みはハッキリしていて、パンケーキはどう?と聞かれても、欲しくないからか“NO”とキッパリ。謎めいていますが、人気者でした。ビールはどう?と聞かれていたときに、“ビールはあるから大丈夫だ”と返事をしていたときは笑っちゃいました」。

20代・女性

05.
不思議な英語
シングリッシュに困惑

「シンガポール訛りの英語で、Canから始まる質問をすると、返答がYesかNoでなく、“Can”か“Can not”で返ってくるなんてのはよく知られているかもしれません。タクシーで、そこで停めてもらえますか?なんて訪ねると、Can Can!(キャンキャン!)とか、Can not! Can not!(キャンナッ!キャンナッ!)といった具合。タクシーの運賃が安い(初乗り2SGD)ので、移動中に聞いたことがある人も多いでしょう。ついマネしたくなります」。

40代・男性

06.
スーパーで銃が売られている

「アメリカでは、親が10歳の子どもにライフルを買い与えることがあるんですよね。で、ハンティングしに行く。日本ではありえない!」。

30代・女性

07.
トイレットペーパーの代わりに
縄が置いてあった

「ラオスで見かけたときの衝撃たるや…!」。

20代・女性

08.
ジャマイカへのフライトで
突然レゲエが流れはじめた

「ニューヨークからジャマイカへ向かう飛行機で、ランディングのときに20分位レゲエが流れ始めたんですよ。あれには感動したなあ」。

50代・男性

09.
「カルピス」が
違う名前で売られていた

「海外では“カルピコ”という名前で売られていました。カルピスは、英語でカウピス(牛のおしっこ)と聞こえてしまうみたい」。

30代・女性

10.
商品の値段が
50分の1まで下がった

「インド旅行でデリーを歩いていた時に、小さな子どもがサンダルを買ってくれと話しかけてきたんです。まったく興味がなかったので適当にあしらっていたのですが、横並びに歩きながら値段を少しづつ下げて交渉してきました。最初は50ルピーだと言っていたサンダルが、最終的には1ルピーまでディスカウント。君はそれで良いのか…とちょっと買ってあげたくなる衝動に駆られました」。

20代・男性

11.
使ったトイレットペーパーを
ゴミ箱に捨てる

「ギリシャでは、水で流さずにゴミ箱に捨てるところが多くありました。水洗式が当たり前ではないとハッとしました」。

30代・男性

12.
窓ガラスに弾痕

「イタリア旅行で、お店の窓ガラスに弾痕があったのを見た時は、マフィアの存在を感じて恐ろしくなりました」。

40代・男性

13.
風邪をひいたら
チキンスープを飲む

「アメリカって豪快!日本人がおかゆを食べるかのようにして、鳥肉とニンニクが入ったスープを飲んでいたのにびっくり。こってりだけど、ハーブが入っていたりとたしかに効きそうな雰囲気が。ほかにも、ドリンクのサイズは巨大だし、スーパーではお会計前のものをガリガリ食べるのがOKだったり、驚きの連続」。

30代・男性

14.
真っ赤な口で笑う人々

「パプアニューギニアの田舎には、いまだに電気も水道もトイレもない生活を送る村がたくさんあってビックリ。ちなみに、写真のおじさんと、端の女の子の口が赤いでしょう?これは、ビートルナッツという嗜好品。石灰の粉と一緒にクチャクチャ噛むと口が真っ赤になるんです。空港を出ると、あたりにこれを噛んだ時に出るツバを吐いてできた真っ赤な跡がたくさん残っています。味はオススメできません」。

40代・男性

15.
生ビールに泡がない

「持ち手のついたジョッキで生ビールをグイッと飲み、白い口ひげをつくるなんてことは、アメリカやヨーロッパでは見かけないんですよね。これって日本ならでは。海外旅行から戻ってきてから乾杯すると、“ああ、日本に帰ってきたなー”と思います」。

50代・男性

アンケートに答えて、「Amazonギフト券」1万円を当てよう!

この記事は、空の旅についての調査を目的としています。
下記のボタンからアンケートにお答えいただいた方の中から、10名様に「Amazonギフト券」1万円をプレゼントさせていただきます。
ぜひご協力ください。

【キャンペーン概要】
●応募期間
2017年1月23日(月)〜4月16日(日)

●プレゼント
「Amazonギフト券」1万円分を10名様へ。

●応募方法:下記のボタンよりご応募ください。

●応募規約
応募は1名につき1回となります。
ご入力いただいた情報(氏名・メールアドレス・アンケートへの回答)は、第三者(株式会社フィールドマネジメント)に提供され、個人を特定しないマーケティング活動における統計分析に利用させていただきます。その旨を同意していただいた方のみご応募ください。

バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
01出る杭が打たれるのは、日本だけ!世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...