ローマ帝国の力を示した壮大な「メトロマップ」

朝夕必ず目にする、すっかり見慣れたカラフルさ。でもこれは、地下鉄の路線図ではなく、ローマ帝国の最大領域を表した地図なのです。

血管のようにくまなく張り巡らされているのは、線路ではなく街道。まさに「すべての道はローマに通ず」。“東京メトロ風”のデザインが話題となっています。

ポップな地図が示す
壮大なロマン

作者は統計学を専門としている学生。今までローマ帝国の勢力図と言えば世界史の資料みたいなものばかりでしたが、そこにデザイン性をプラスして描き上げました。

おびただしい数の街道をすべて書き出すのはムリがあるので、名のあるものだけをピックアップしているのですが、その点がまた見やすくスタイリッシュ。古代のロードマップなのに、地下鉄の改札に貼ってあっても違和感がないくらい、しっくりきているから不思議です。

あの都市もこの都市も
すべてローマ帝国

それにしても、当時のローマ帝国はさすがの広さ。ヨーロッパを飛び出し、北アフリカ方面やメソポタミア、エジプトまで勢力を広げていたことが一目でわかります。今日の都市の前身も、今に残る道もよく見るとたくさんありますね。

せっかくなのでこの地図で、地下鉄風にちょっとだけ旅してみましょうか。

例えば、上の画像はエジプト周辺の拡大図。画像の右側に、上から伸びてくる紫の線。この終点に「アエリア・カピトリナ」という文字が。このあたりは現在のエルサレムです。画像左側のエジプト方面まで繋がって、しっかり支配されています。

もちろん数多の線を乗り換えて行けば、ローマにたどり着くことが可能。

さらに黒海周辺に目を移すと、右下にトルコの首都アンカラが見つかります。そこから黄色の「ウァレリア街道」ならぬ「ウァレリア線」を北に上り、終点までいけば「ビザンティウム」。これは今のイスタンブールです。

では肝心のローマ周辺。始発駅のローマから赤の「アッピア線」に乗ります。カプアまで行き、そこからグレーの路線に乗り換えて南に進むと「ネアポリス」。現在のナポリです。

逆にローマから黄緑の「アウレリア線」で出発し、長靴の付け根付近の終点で黄色のラインに乗り換えてみましょう。ずっと進んでフランスの方へ入り、途中グレーの線で沿岸部におりると、今のマルセイユの前身「マッサリア」に到着。

最後はイギリス方面へ。「マッサリア」のほぼ対角線上にあるこの「ロンディニウム」はもうお察し、今のロンドンです。これまたかなり遠いですが、乗り換えをこなせばたどり着けます。

ここまでだけでもいくつもの主要都市を渡ってきたわけですが、当時はこれがローマ帝国の支配域。もちろん移動手段に電車はナシ。気が遠くなるような広大さと、すべての道が文字通りローマへと繋がっている様子に壮大な歴史のロマンを感じずにはいられません。

Licensed material used with permission by Sasha Trubetskoy
他の記事を見る
ヨーロッパの486,713地点からローマへの道のりを示したマップが公開。
一言で“鉄オタ”といっても、その種類はさまざまだ。列車に乗るのが好きな「乗り鉄」や車両の写真撮影を趣味とする「撮り鉄」。そうそう、スタンプを求めて駅を巡る...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
2年前にビデオグラファーOliver Astrologoが投稿した動画は、今でも決して色褪せません。彼の技量もそうですが、何か惹きつけられる感覚があるのは...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
JR東日本が発表した「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」は、写真家や映画監督などの肩書で幅広い活躍を見せる蜷川実花がデザインした新幹線。移動...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...