計画不要。冒険不要。冬の沖縄を「一箇所」で満喫する。

日々の喧騒をわすれるために、リゾート地でゆっくりしたい!と思って旅に出たものの、あれもこれもと目的が増えすぎて、結局忙しく過ごしてしまっている。そんなこと、ありませんか?

これからの季節、南国気分を味わおうと旅先を沖縄に選んだのなら、思いきって行動範囲を狭くしてみるのはどうでしょう。

そんな時にちょうどいいのが、恩納村にある「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」。「あえて」ゆっくり過ごすためにやりたいことが、ここにはあるのです。

静かで、波もおだやか
美しいサンマリーナビーチの
海を眺める

Photo by Sayuri Ishii

シェラトンホテルの敷地内にあるサンマリーナビーチの海水は、全国に12箇所しかない、特に質のよい水(※)として認定されているんです。

さらに、ここは他のビーチに比べて静かで波も穏やか。ピークシーズンを過ぎたこれからの季節は「海を眺める」楽しみを堪能しましょう。そもそも沖縄の海はきれいなものだけど、本当にゆっくりしたいときは、部屋から美しい海を眺めたいですよね。

朝起きたとき、遊びから帰ってきたとき、ホテルのバルコニーから眺める景色を、この時だけは自分の生活の一部にしてしまいましょう。

※環境省の水質調査で最高ランクの「AA」を獲得。

日本最長のメガジップで
秋冬の海を体感する

もちろんゆっくりはしたいけれど、その場所ならではのアクティビティは味わいたい。サンマリーナリゾートでは、日本最長の250m、時速30kmのメガジップが体験できるんです。

海の上を滑るように渡っていくから、寒くて海に潜れない季節でも、美しいサンマリーナビーチの海を迫力満点で体感。ダブルラインだから、友達やカップルで一緒にトライできます。

服を着たままできちゃうから、激しいマリンスポーツに自信がない人も、気軽に楽しめるし、大掛かりな準備も必要なし。思いっきり遊んだら、すぐに部屋に戻れるのも、シェラトンホテルならでは。

海の上で
秋の夕日を存分に浴びる

夕焼けがいちばん美しい季節。1日の終わりに、これをサンセットクルーズに乗って、海の上から楽しむのはいかがでしょう?

このクルーズが、ホテルの敷地内から出航していることも大きなポイントのひとつ。あくまで「気軽に」楽しみたいとき、そのままラフな格好で出発して、また同じ場所に戻ってこられるのが嬉しいですよね。いつもよりちょっと特別な散歩気分で、日常では味わえない充足感につつまれるはず。

自然の光を感じながら
リラックスする

Photo by Sayuri Ishii

もちろん、ホテルの中での楽しみも。

たとえば、ヘッドスパやマッサージ。どこのホテルにもあるサービスではありますが、シェラトンホテルは違うんです。通常、屋内の閉ざされた空間でおこなわれることが多いですが、ここは自然の光が入る空間で。夕暮れ時なら、きれいな夕日が差し込んで贅沢感がさらにアップ。

日常では感じられない自然の恵みを存分に感じながらのリラクゼーションで、沖縄までの旅の疲れもリセットしてしまいましょう。

客室にはバスソルトのアメニティもあるから、部屋に戻ってからのバスタイムもまた、特別感を味わえそう。

沖縄の新鮮な素材を
景色とともに、心ゆくまで楽しむ

Photo by Sayuri Ishii

オーシャンビューのレストランやバーも欠かせません。

恩納村漁港直送の魚介類をはじめ、伝統的な沖縄料理が堪能できるオールデイダイニング「センス」と、地産地消にとことんこだわり、新鮮な沖縄の素材を楽しめるオープンキッチンのレストラン「ザ・グリル」は、ぜひ気分で選んで。

数々の大会で優勝経験のあるバーテンダーによるカクテルを味わえる「サンセットバー&テラス」では、名前の通りサンセットを眺めながらお酒を嗜むことができます。

夜のメインイベントで
水中にいるような臨場感を味わう

メインタワーのアクアリウムラウンジでは、プロジェクションマッピングとウォーターパフォーマンスショーを毎日開催。高さ25メートル、奥行き40メートルの巨大アトリウム全体で、音楽にあわせて演出されるミストや噴水、水中LED照明は鮮やかで臨場感たっぷり。

泊まっているホテルのラウンジが瞬く間に彩られていく圧巻のショーは、大人はもちろん、子どもも楽しめます。宿泊客以外の人でも観覧が可能。

シェラトンホテルで
「本当の意味で」ゆっくり過ごす

もしもあなたが、沖縄に行くのが初めてじゃないのなら、あえて行動の半径を狭めてみることをおすすめ。那覇空港から車で1時間、「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」に泊まれば、そこからほとんど動かずに楽しめることがたくさんあるんです。

せっかくの秋冬のお休みは、本当の意味でゆっくりと過ごして、徹底的に自分を癒してあげる旅をしませんか?

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

住所:沖縄県国頭郡恩納村字冨着66-1

電話:098-965-2222

Top Photo by Sayuri Ishii
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...