品川・新馬場のブックカフェ「KAIDO」は、読書家と旅人の寄りどころ

「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅をテーマにした本がずらり。

僕自身も読書や旅が趣味なので楽しみにしていましたが、それでも取材前のイメージは「手頃なトラベル本がある、イマドキのおしゃれカフェ」といった感じ。

でもKAIDOの本当の魅力は、想像以上の「旅感」だったんです。

北品川商店街の真ん中で
みんなを繋げる

5736548943265792
© 2018 TABI LABO

「こんにちは〜。2階空いてますよ、どうぞ!」

通行人に声をかけるこの地元感が懐かしくて、つい「寄ってみようかな」という気持ちになります。

もともと、浅草で人力車を引いて観光ガイドをしていた店長の佐藤亮太さん。浅草の文化や歴史を観光客に伝えることを通して、品川の魅力も伝えたいと2015年に「KAIDO books & coffee」をオープン。

お店があるのはちょうど商店街の真ん中で、北品川駅と新馬場駅の中間でもあるので、不動産屋ですら「客足が悪いからやめたほうがいいですよ」と言っていた場所。でも、そのリスクを承知の上で佐藤さんはチャレンジしたそうです。

「中心に人が集まってくれば、全体が盛り上がるでしょ?」

このお店を支えるのは
マニアックすぎる「街道文庫」

5387818536796160
© 2018 TABI LABO

僕、明日からここでリモートワークします——。思わずそう宣言してしまったほど、KAIDOの在庫はとっても魅力的です。旅や全国の街道をテーマにした本が1万冊以上もあり、マニアックなトピックや同じテーマでも複数の本があるので、ひとつの本棚から得られる情報量がケタ違い。

その品揃えは、作家さんがこぞってリサーチのために訪れるほどで「うちをきっかけにして完成した本も何冊かあるらしいです(笑)」と佐藤さん。

在庫の約8割は近所にある古本屋「街道文庫」のもので、店主の田中さんが全国を歩き回って収集した約4万冊の在庫の一部を販売しているそうです。

フードやドリンクも
「旅」を連想させる仕掛け

4856499138461696
© 2018 TABI LABO
カナダ名物のモンテクリストサンドイッチ(750円)

メニューには、シンガポールチキンライスや長野県阿智村の鹿肉ホットドッグ、鎌倉や新宿のコーヒーショップから取り寄せた豆を使ったスペシャルドリップコーヒーなどがあり、フードやドリンクでも、「地域」や「旅」を大切にしているそうです。

「どこの名物だろう、とか、あのとき海外の屋台で食べたな、とか、思いを馳せながら食べてもらえたら嬉しいですよね」

メニューは季節によって変更するので、どんな国や地域が感じられるかは行ってからのお楽しみ。

自然に人が集まってくる
ブックカフェ

5982399045304320
© 2018 TABI LABO

どうしても気になった本があったのと、取材日だけでは飽き足らず、後日プライベートでも立ち寄ってみました(そして買ってしまいました『品川宿遊里三代』秋谷勝三著)。

日曜日のお昼過ぎだったんですけど、店内はほぼ満席。パソコンを開いて仕事をしている人、休日のひと時を過ごす家族連れ、旅の本に夢中な学生、本棚に囲まれた2階席で熱く語り合うグループ。

世代も使い方もバラバラなお客さんたちを見ていると、KAIDOはまさに昔の品川宿のように、みんなの「寄りどころ」なんだなって思いました。

6727896114659328
© 2018 TABI LABO

そういえば、取材中に「近所のシェアハウスに住んでいる」という男性から声をかけられました。なんでも品川に引っ越してきたばかりで、さっそくKAIDOの常連になったのだとか。

「うち、見に来ません? すぐそこなので」

戸惑いつつも、見学ツアーを終えた頃には北品川商店街の周辺情報や家賃、利便性、飲み屋情報に詳しくなっていました(笑)。「この辺に引っ越すのもありだな」なんて。

こ、これがKAIDOの「人と人を繋ぐ力」ってやつなのか?

4986475452039168
© 2018 TABI LABO
レジで注文を済ませ、1階か2階の席に移動。本棚に囲まれたい人は2階へ
6635456875724800
© 2018 TABI LABO
日替わりで提供されていた、シンガポールチキンライス(600円、ドリンクセットは900円)
5667657399402496
© 2018 TABI LABO
「道」という漢字に本とコーヒーを組み合わせたロゴが目印

「KAIDO books & coffee」

住所:東京都品川区北品川2-3-7 丸屋ビル103
TEL:03-6433-0906
営業時間:月曜日 10:30〜17:00/水曜日〜金曜日 10:30〜20:00/土日祝 10:30〜19:00
定休日:火曜日
公式HP:http://kaido.tokyo/
公式SNS:Facebook

Top photo: © 2018 TABI LABO
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。ワーキン...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
自分の名前とはとても大切なもののはずです。子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか...
メリットだらけ、です。
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった場所があります。北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たどり着いたのは...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
ドイツ・ヴェルトハイム市の一角にある変な家を発見!逆さまだ。まるで竜巻に巻き上げられて頭から落ちちゃったみたい。SNSには周辺や中の様子がアップされている...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...