まだ見ぬ日本の情景に触れられるサイト「FIND/47」の魅力とは

撮るのが好き。
見るのが好き。

写真との触れ合い方にはさまざまなカタチがありますが “写真好き” な人に、定期的に訪れてほしいサイトがあります。

それが、日本の美しさを世界に広めるコミュニティサイト「FIND/47」。

写真を愛する人たちの手によって成長するフォトアーカイブに、あなたも参加してみませんか?

【写真を探して楽しむ】
FIND/47は
見るだけじゃなくて “使える”

なぜ定期的に「FIND/47」を訪れてほしいかというと、このサイトには、全国のカメラマンの手によって撮影された新しい写真が日々追加されるから。

しかもそれらの写真は高いクオリティにもかかわらず、クリエイティブ・コモンズ(CC)ライセンスのもと、撮影者のクレジットを表記すれば自由に素材として使うことができるんです。もしあなたがブロガーやSNSギークなら、この「FIND/47」の写真を使わない手はありません。

たとえば、地元の魅力を伝えたいとき。海外にむけて日本の魅力を発信したいとき。「FIND/47」には魅力的な写真がたくさんアーカイブされています。

自然、暮らし、歴史、生き物などのテーマ、シーンや季節、いま人気の写真、などで分類されているので、自分の興味や目的に合わせてサイトを巡るのも楽しい時間になるはず。

また、いずれの写真もクオリティが高いので「世界に届けたい日本の情景」と言っても過言ではありません。

【写真に出会う】
FIND/47には
意外な “発見” がある

「FIND/47」には、47都道府県のその土地に住む人や旅する人の出会った情景が集まります。それは必然的に、その土地の新たな魅力に出会える場でもあるんです。

このサイトを巡ることで、改めて自分の身近な絶景ポイントを発見できたり、今度予定している旅先の絶景を予習することができます。普段から見ていた景色が、季節感や瞬間を切り取ったことによって「こんなにも違うのか!」と、嬉しい気づきになることだってあるでしょう。

それは、日本人にとっても「まだ見ぬ」ものばかり。

【参加する!】
そんなFIND/47には
あなたの写真も “投稿” できる

日本の美しい写真を探してみたり、ダウンロードして活用するだけでも十分すぎるほど楽しめますが、「FIND/47」では、あなたが撮った写真を投稿することもできます。品質審査をクリアすれば、SNSのフォロワー数や知名度に関係なく、それぞれが同じ条件のもとで掲載されるのも嬉しいポイントです。もちろん、47都道府県も平等に扱われます。

また「PHOTO OF THE WEEK」や「QUARTER AWARD」などの表彰制度も、モチベーションに繋がるはず。あなたの撮った写真が、各分野で活躍するプロフェッショナルな方々の審査を経て表彰されるかも!?

→「FIND/47」で投稿してみたい!

写真から「未知の絶景」を見つける
新しい旅のカタチ

そんな写真好きのためのサイト「FIND/47」は、この春からアップデート。

それは「写真との出会いからはじまる旅」の提案です。

写真の位置情報から、その場所までのルート検索ができるようになり、さらに周辺の観光情報を表示。写真から受けたインスピレーションをそのままに、グルメや宿泊先・アクティビティなど、実際の旅のプランを作るところまでアシストしてくれます。

「ここは絶対に行ってみたい」
「ここで写真を撮ってみたい」

そういった想いに応えてくれるように進化していきます。

スタートは、多くの写真家に愛されている「北海道」から。

日本国内にはさまざまな絶景スポットがありますが、北海道には「日本とは思えないような広大な景色」が広がっています。

そんな北の大地に魅了されて、移住したフォトグラファーや通い続ける人は少なくありません。上で紹介している写真はすべて「FIND/47」にアップされているものですが、ごくごく一部にすぎません。

あなたも、今年は「北海道」に写真を撮りにいって、投稿してみませんか?

→「FIND OUT HOKKAIDO」の詳しい情報はコチラ
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
東京、ひいては日本の魅力を撮り続けるフォトグラファーR̸K̸さん。切り取られた写真を見ると、なんだか懐かしい気持ちになります。
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
老舗ジーンズブランド「Levi’s」より、お手頃価格の設定が嬉しいセカンドライン「DENIZEN FROM LEVI’S」が日本に上陸。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
「北米でもっとも写真を撮られた風景」として世界中の絶景マニアの心を掴んで離さない場所「マルーンベルズ」。圧倒的な美しさを誇る景色だけでなく、古き良きアメリ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
「NEC」の先端IoT技術によって開発されたインソール「A-ROWG(アローグ)」。内蔵された小型のセンサーによって日々の歩行のデータを記録。歩行の分析や...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
2019年12月6日〜2020年3月2日、「d47 MUSEUM」にて「着る47展」開催。