子どもしか購入できない「本物の自動車」が登場・・・しかも燃料代はメーカー持ち!?

タイトルに興味を持ってこのページを読んでくれたアナタ。ご安心ください。タイトルは煽りではなく、事実です。
信じられないことに「15歳以下の子ども」にしか購入資格がないという自動車が発売されたのです。

し・か・も

①ナント日本のお話です!

こういった「トンデモ情報」。時々ネット上でも見かけるけれど、たいていは海の向こうのニュース。でも、これは日本国内のお話なんです!!

150214_nissan001

②15歳以下に限定しているのは、
「夢と希望を持っているから」

ちゃんと理由があるんですね〜。蛇足ですが、実年齢が16歳以上でも「夢と希望を持っている」と証明できれば、購入資格は認められるそう(笑)。

③その車は世界に
9台しかありません

めちゃくちゃプレミアム! 購入の権利は厳正なる抽選によって決められるそうです。

150214_nissan002

④お値段は
325万円(消費税込)から

当然高価なのかと思いきや、お値段はごくごく一般的。ちなみにファミリーカーに最適なミニバンタイプとなります。

150214_nissan003

⑤購入者には
「世界一周分のガソリン代」を
プレゼント!

世界一周は約4万km、ガソリン代は130円/リットルで計算。つまり、約40万円のプレゼント付き。そこには「家族で冒険心を持って、ドライブして欲しい」という想いが込められているのだとか。

最後にちょっとだけヒントを
誰もが知るあの海賊たちとドライブできる車です(笑)
ピンときたら、下のボタンをタップ!

※このキャンペーンは終了しています

Sponsored by 日産

漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
ビジュアルは完全にあの名車。でも、実はこれ、ポルトガルのCircu社が開発したもの。あれ、VWじゃないの?屋内に設置されているところを見ると、どうやら通常...
CTスキャンやMRIでの検査は小さい子どもには怖く感じられるもの。彼らの苦痛を軽減すべく、GEヘルスケアーが検査室を改造。部屋や器具は海や空のテーマで装飾...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どもの...
林 季一郎 Kichiro Hayashi平岩 隆 Takashi Hiraiwa世界一周の旅のテーマは、本物の冒険を共有すること。林さんは慶應大学、平岩...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
私はまだ独身だし、もちろん子どももいません。それなりに子育てに想いを馳せることはあるけれど、特に知識をためようなどとは思ってもいませんでした。でも、“来た...
友人の娘が癌を患い、何かできることはないか考えた末、手作りのウィッグをプレゼントし、女の子に笑顔を取り戻したHolly Christensenさん。その事...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。クリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...