「重り」を載せるだけで光るライトが登場!日本からも購入可能

近年はソーラーパネルを利用した自然由来の電力利用が次々と開発されている。しかし、蓄電機にかかる費用はまだ安いとは言えないのも事実だ。

ここで紹介する「GravityLight 2」は、重りを載せるだけで光を出力することができるライト。低コストで安全性も高いとあって、世界中の注目が集まっている。

85singo_s2zxqnalzmpakov0jttq

85singo_z1wen0tfvg4v7koai5ae

電気が十分に普及していない途上国では、これまで暗がりを照らすために灯油が利用されてきた。しかし、灯油から排出されるガスも有害だ。多くの人が、タバコに換算して1日40本吸うのと同じような影響を被っていたという。さらには、火災の原因になることもあり、なによりもお金がかかっていた。

85singo_fkvfqtamyyds6dylwspu

85singo_bvc6yyrs5wv81wgxasfk

しかし、このライトであれば、必要な作業は重りを載せるだけ。ゆっくりと重さで鎖が落ちていく30分ほどの間、明かりを手に入れることができる。重りは9kg程であればどんなものでも代用できる。

スイッチひとつで電気がつくのが当たり前の日本から見れば面倒な作業かも知れない。しかし、一手間で、お金をかけずに明るさを手に入れられ、他の機器へと電力を供給することもできるというのは確かな価値だ。

そして、製造が行われてているのがケニアというのもポイントだ。これまでも各国でテストが行われてきた製品だが、今回ケニアに工場を設置することで雇用を促進する狙いもある。便利さにプラスして現地の経済活性にも期待がかかる。

今のところ、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金を募っている最中で、10ドルから寄付することができ、日本からでも間接的に「GravityLight 2」をケニアの家庭へ贈ることができる。その他にも、自分用に購入できる選択肢もあるが、アイテムとしてのユニークさも手伝ってか、早くも売り切れに近い状態だそう。

順調に資金が集まれば、 2016年には出荷される予定。日本での利用を考えても、キャンプや緊急時など、活躍する場面は沢山ありそうだ。

Reference:INDIEGOGO
Licensed material used with permission by GravityLight

Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
「Platio」が開発したのは、ソーラーパネルを搭載したベンチ。これだけ聞けば、大したことないと考える人もいるでしょう。でも、すでにブダペストの街中に置か...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
「SONNENGLAS(ソネングラス)」というメイソンジャーをつかったライトです。いろいろと周辺情報が多いプロダクトなので、まとめてみました。
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...