「バンズが腐らない」って本当?マクドナルドに隠された9の真実。

効率化されたファーストフードチェーンでは、消費者から使用されている食材が見えにくい。店舗で目にすることがあっても、それはすでに加工されたものである場合がほとんどだ。
そんな背景もあり、世界最大規模のファーストフードチェーンであるマクドナルドには、さまざまな噂や憶測が飛び交う。「マクドナルドのバンズは腐らないらしい」といった話を、耳目にしたことがある人もいるはずだ。

ここで紹介するのは、そんなマクドナルドの本当の姿。いずれもTABI LABOの質問に対して、日本マクドナルド社の公式な回答として発表するものとなる。

01.
ミミズ肉は使われていない
保存料、防腐剤も
使用していない

mac002

バカらしいと言えばバカらしいが、「ハンバーガーのパティにミミズ肉が使われている」という話は、都市伝説的に流布している。当然のことながら、これは単なる噂だ。マクドナルドでは、パティに100%牛肉を使用している。さらに詳しく言うなら、牛肉に関して保存料や防腐剤も使用していない。可能なかぎり0℃以下の状態で加工し、細菌の繁殖を防いでいる。

02.
フィレオフィッシュの魚は
ベーリング海産の
スケソウダラである

mac001

パテと同じく憶測で語られることが多いのがフィレオフィッシュの魚だが、こちらはスケソウダラを使用。海水の冷たい北の海に広く生息している魚だが、資源枯渇に配慮してアラスカ沖のベーリング海で漁獲されたものに限定もしている。

03.
「バンズが腐らない」は
まったくの嘘である

mac004

ネット上でも実験動画などがアップされている「腐らないマクドナルドのバンズ」。しかし、日本マクドナルド社は、まったくそんな事実はないと一笑に付する。同社内の品質検査室では、商品サンプルを保存して、どれぐらいの期間でカビが生えるかのチェックまでを行っている。

04.
ポテトの原材料である
じゃがいもは
すべてアメリカ産

マックフライポテト、ハッシュポテトの原材料であるじゃがいも。その産地も指定されており、すべてアメリカ産である。また、加工もアメリカ国内で行われている。

05.
遺伝子組み替え食品は
使用していない

mac006

バンズの原料となる小麦、じゃがいもともに、遺伝子組み替え食品を使用していない。
とくに小麦に関しては、アメリカ、カナダ、オーストラリアから日本政府が買い付けているもので、政府が遺伝子組み替え食品か否かのチェックも行っている。

06.
フライオイルは、
オリジナルでブレンドしている

mac005

フライオイル(揚げ油)は、ショートニング(牛脂を含む)とパームオイルをブレンドした、オリジナルのものを使用。もちろん、毎日ろ過をし、専用の試験紙で劣化チェックを実施している。

07.
スライスチーズは
日本とニュージーランドで
加工されている

mac003

チーズバーガーに使用されているスライスチーズ。これはハンバーガーに合う味を追求した、マクドナルドオリジナルのチーズとなる。原産国はニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、日本。加工は日本とニュージーランドで行っている。

08.
鶏肉がタイ産なのには
しっかりとした理由がある

マクドナルドで使用されているチキンはすべてタイ産。同国は鶏肉加工品の輸出に国をあげて取り組んでおり、タイ・日本の両国で認可された工場で生産され、両国政府が検査したものを輸入している。
また、鶏の飼育に関しても、自主管理と外部監査による認証制度を設けている。飼育場から処理場における家畜の身体的・精神的な健康に配慮し、ストレスや苦痛を排除する考えのもので飼育された鶏のみを使用。

09.
チキンマックナゲットの工場は
動画で見ることができる

気になるチキンマックナゲットが作られる工程だが、マクドナルドは動画で工場の様子を公開している。

Sponsored by 日本マクドナルド

他の記事を見る
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
見れば、見るほど、いいんだよなあ。
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...
スタイリッシュもいいけど、暑い夏は「これ」が気分!
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
「Everytable」は誰でも簡単にヘルシーな食べ物を食べられるようにするのが目標。そこで、彼らは平均年収によって価格を決める制度を導入しました。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
地獄の底から這い上がってきたようなバケモノの姿をしたウォーリーやドナルドたち。これは、デジタルアーティストのWil Hughesによる作品で、彼がもともと...
カリフォルニアで2店舗を展開する「Eatsa」は、人の代わりにテクノロジーを導入して、注文と受け取りをすべて自動化したファストフード店です。
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
マクドナルドやイケア、ペリエ。どれも企業の色が出ていて、ユーモアに溢れてます!
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...