「バンズが腐らない」って本当?マクドナルドに隠された9の真実。

効率化されたファーストフードチェーンでは、消費者から使用されている食材が見えにくい。店舗で目にすることがあっても、それはすでに加工されたものである場合がほとんどだ。
そんな背景もあり、世界最大規模のファーストフードチェーンであるマクドナルドには、さまざまな噂や憶測が飛び交う。「マクドナルドのバンズは腐らないらしい」といった話を、耳目にしたことがある人もいるはずだ。

ここで紹介するのは、そんなマクドナルドの本当の姿。いずれもTABI LABOの質問に対して、日本マクドナルド社の公式な回答として発表するものとなる。

01.
ミミズ肉は使われていない
保存料、防腐剤も
使用していない

mac002

バカらしいと言えばバカらしいが、「ハンバーガーのパティにミミズ肉が使われている」という話は、都市伝説的に流布している。当然のことながら、これは単なる噂だ。マクドナルドでは、パティに100%牛肉を使用している。さらに詳しく言うなら、牛肉に関して保存料や防腐剤も使用していない。可能なかぎり0℃以下の状態で加工し、細菌の繁殖を防いでいる。

02.
フィレオフィッシュの魚は
ベーリング海産の
スケソウダラである

mac001

パテと同じく憶測で語られることが多いのがフィレオフィッシュの魚だが、こちらはスケソウダラを使用。海水の冷たい北の海に広く生息している魚だが、資源枯渇に配慮してアラスカ沖のベーリング海で漁獲されたものに限定もしている。

03.
「バンズが腐らない」は
まったくの嘘である

mac004

ネット上でも実験動画などがアップされている「腐らないマクドナルドのバンズ」。しかし、日本マクドナルド社は、まったくそんな事実はないと一笑に付する。同社内の品質検査室では、商品サンプルを保存して、どれぐらいの期間でカビが生えるかのチェックまでを行っている。

04.
ポテトの原材料である
じゃがいもは
すべてアメリカ産

マックフライポテト、ハッシュポテトの原材料であるじゃがいも。その産地も指定されており、すべてアメリカ産である。また、加工もアメリカ国内で行われている。

05.
遺伝子組み替え食品は
使用していない

mac006

バンズの原料となる小麦、じゃがいもともに、遺伝子組み替え食品を使用していない。
とくに小麦に関しては、アメリカ、カナダ、オーストラリアから日本政府が買い付けているもので、政府が遺伝子組み替え食品か否かのチェックも行っている。

06.
フライオイルは、
オリジナルでブレンドしている

mac005

フライオイル(揚げ油)は、ショートニング(牛脂を含む)とパームオイルをブレンドした、オリジナルのものを使用。もちろん、毎日ろ過をし、専用の試験紙で劣化チェックを実施している。

07.
スライスチーズは
日本とニュージーランドで
加工されている

mac003

チーズバーガーに使用されているスライスチーズ。これはハンバーガーに合う味を追求した、マクドナルドオリジナルのチーズとなる。原産国はニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、日本。加工は日本とニュージーランドで行っている。

08.
鶏肉がタイ産なのには
しっかりとした理由がある

マクドナルドで使用されているチキンはすべてタイ産。同国は鶏肉加工品の輸出に国をあげて取り組んでおり、タイ・日本の両国で認可された工場で生産され、両国政府が検査したものを輸入している。
また、鶏の飼育に関しても、自主管理と外部監査による認証制度を設けている。飼育場から処理場における家畜の身体的・精神的な健康に配慮し、ストレスや苦痛を排除する考えのもので飼育された鶏のみを使用。

09.
チキンマックナゲットの工場は
動画で見ることができる

気になるチキンマックナゲットが作られる工程だが、マクドナルドは動画で工場の様子を公開している。

Sponsored by 日本マクドナルド

ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...
スタイリッシュもいいけど、暑い夏は「これ」が気分!
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
地獄の底から這い上がってきたようなバケモノの姿をしたウォーリーやドナルドたち。これは、デジタルアーティストのWil Hughesによる作品で、彼がもともと...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
社会人になって置かれる環境や考えが変われば、学びたいと思う分野も変化するから。これって、ものすごく普通のこと。だけど日本では、学生に戻ることが特殊みたいに...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
「Collective-Evolution」の創設者、Joe Martino氏の記事を紹介します。彼は"世界にある奇妙な常識"について書いており、多くの反...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
総資産額は9兆7,000億円と推定されているにも関わらず「マクドナルドとバーガーキングが大好きだ」とざっくばらんに語り、親近感すら覚えてしまうビル・ゲイツ...
12月20日をもっての閉店を発表し、衝撃を与えたパリのセレクトショップ「colette」。9月には「sacai」が1ヶ月限定で出店したことも記憶に新しいで...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...