おせちに関する「3つのこと」。実は、お母さんを・・・

日本の伝統的な食文化のひとつとして、忘れたくないのが「おせち料理」。毎年欠かさず食べるという人もそうでないという人も、まだ知らない「おせち」の意外な事実があるはずです。

お正月を迎える前に、ここでひとつの情報として覚えておくと損はない3つの事柄をお教えしましょう。

「おせち」の呼び名ができたのは、
終戦後!?

isetan07おせち料理の起源は古く、奈良時代の朝廷で宮中行事の宴料理として出されていたのが、はじまりだとか。
そこから、現在のように重箱に多品目を詰めるスタイルが定番化したのは、第二次世界大戦後。見栄えがよく持ち運びも可能な重箱入りを百貨店が販売したことから、「おせちを食べる」という風習が一般家庭に広がったといいます。
それまでは「御節供(おせちく)」と呼ばれていたものを「おせち」と呼び名を変えたのもこの時だったそう。
いま私たちが目にしている「おせち」って思っていたより歴史が浅いものなんですね。

最近では「おせち」と
ワインを合わせる人まで!

isetan04©2015 ISETAN MITSUKOSHI

いわゆるスタンダードな和の重が主流だった時代と違い、いまや「おせち」は個性的なものも多数登場し、変化を遂げています。

例えば、伊達巻、黒豆、栗きんとんなど定番の「おせち」をワンプレートにしてオシャレに盛り付けるのが人気通販や百貨店のものだと、面白いことに一人用の「おせち」や体のことを考えて塩分やカロリーをカットした「おせち」まで登場しています。

普通の「おせち」じゃ物足りないという人の場合フレンチやイタリアン、中華など、いつもと違ったお重をチョイスするのもひとつの手。
百貨店のカタログを開けば、一度は名前を聞いたことのある有名店やホテルのものだって色々載っているし、これを家庭で味わえるっていう点が嬉しいですね。

洋風の「おせち」では、ローストビーフやサーモンの燻製、テリーヌにフォアグラプリン(!)など、お酒に合うものが入っていたりするから、シャンパンやワインを用意してオードブル感覚で楽しんでみるのも◎。家族団欒の場がパーティーのように華やぎます。

お母さんを家事から解放する
という意味合いも

炊事・洗濯・掃除と、お母さんの仕事は年中無休。
「おせち」には、正月に家庭の主婦を食事の支度から解放するという意味があるんです。黒豆、栗きんとん、田づくり…と、日持ちのする料理が中心というのも納得がいきます。それに「神様をお迎えする間、台所を騒がしくしてはダメ」という平安時代からの風習の名残りもあるんだとか。

再来月に控えたお正月。実家暮らしの人も帰省の予定がある人も、「おせち」をいつも家族のために献身的に尽くしてくれる、お母さんへの贈り物と考えるのはどうでしょうか。滅多にない機会なので、少しくらい奮発してもいいのでは。
ここにお母さんに作ってもらった温かいお雑煮をプラスすれば、家族全員が笑顔になれるし、気持ちがホッと和みますね。

数段重ねの「おせち」って豪華すぎるイメージがあるし、万単位にもなると手が出づらい…と、身構えてしまいますが、考えてみると家族で4〜5人で外食に行くコストとそう変わらないのかもしれません。

年に一度しかない、ハレの日の買い物。ここは母親世代にも信頼されている老舗百貨店『伊勢丹』の「おせち」を選んでみては?おもてなしの心が行き届いていて安心感があるし、品揃えも豊富。
アナタからの贈り物、きっとお母さんは心から喜んでくれるはずです。

2016年、最初の贈り物は『伊勢丹』から

btn_isetan_151026

Sponsored by 三越伊勢丹

くわいの生産量日本一の広島県福山市の「くわいぽたーじゅスープ」を紹介する。くわいは普段はなかなか市場に出回らず、身から芽が伸びている形から縁起物としておせ...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
「西武園ゆうえんち」は、先月23日、大規模な改装を実施すると発表。改装後のコンセプトは「心あたたまる幸福感に包まれる世界」。2021年のリニューアル時には...
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
3月7日(土)と8日(日)の2日間、代々木公園、NKH、NHKホール前広場にて、ふるさとの食を味わいながら、地産地消や食育をあらためて考える大規模イベント...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
LAで大人気「台湾ひとり鍋」が渋谷区宇田川町に日本初上陸。ぼっち飯の選択肢がさらに広がりそう。
1990年代にそれぞれ社会現象を巻き起こした『エヴァンゲリオン』と「たまごっち」がコラボ!「汎用卵型決戦兵器 エヴァっち」が6月13日に発売。
海外における日本の伝統文化「金継ぎ」とは。欠けた器を漆で接着し、金で装飾して使い続ける手法は海外でも注目を集めており、今や世界で独自の発展を遂げています。
シェフ、マーケター、科学者のチームで食の生産者のリブランディングをおこなうスタートアップ企業、dot science株式会社は、日本の伝統食・餅をUP D...
回転すしの「スシロー」が2020年秋から開催される「ドバイ万博」に出展することが決定。スシロー流のこだわりで日本の魅力を世界にアピールする。
自宅に居ながら紳士服のカスタムオーダーがオンライン上で完結するサービス「Hi TAILOR」が先月からスタートしている。手軽にオーダー体験をしてもらいたい...