おせちに関する「3つのこと」。実は、お母さんを・・・

日本の伝統的な食文化のひとつとして、忘れたくないのが「おせち料理」。毎年欠かさず食べるという人もそうでないという人も、まだ知らない「おせち」の意外な事実があるはずです。

お正月を迎える前に、ここでひとつの情報として覚えておくと損はない3つの事柄をお教えしましょう。

「おせち」の呼び名ができたのは、
終戦後!?

isetan07おせち料理の起源は古く、奈良時代の朝廷で宮中行事の宴料理として出されていたのが、はじまりだとか。
そこから、現在のように重箱に多品目を詰めるスタイルが定番化したのは、第二次世界大戦後。見栄えがよく持ち運びも可能な重箱入りを百貨店が販売したことから、「おせちを食べる」という風習が一般家庭に広がったといいます。
それまでは「御節供(おせちく)」と呼ばれていたものを「おせち」と呼び名を変えたのもこの時だったそう。
いま私たちが目にしている「おせち」って思っていたより歴史が浅いものなんですね。

最近では「おせち」と
ワインを合わせる人まで!

isetan04©2015 ISETAN MITSUKOSHI

いわゆるスタンダードな和の重が主流だった時代と違い、いまや「おせち」は個性的なものも多数登場し、変化を遂げています。

例えば、伊達巻、黒豆、栗きんとんなど定番の「おせち」をワンプレートにしてオシャレに盛り付けるのが人気通販や百貨店のものだと、面白いことに一人用の「おせち」や体のことを考えて塩分やカロリーをカットした「おせち」まで登場しています。

普通の「おせち」じゃ物足りないという人の場合フレンチやイタリアン、中華など、いつもと違ったお重をチョイスするのもひとつの手。
百貨店のカタログを開けば、一度は名前を聞いたことのある有名店やホテルのものだって色々載っているし、これを家庭で味わえるっていう点が嬉しいですね。

洋風の「おせち」では、ローストビーフやサーモンの燻製、テリーヌにフォアグラプリン(!)など、お酒に合うものが入っていたりするから、シャンパンやワインを用意してオードブル感覚で楽しんでみるのも◎。家族団欒の場がパーティーのように華やぎます。

お母さんを家事から解放する
という意味合いも

炊事・洗濯・掃除と、お母さんの仕事は年中無休。
「おせち」には、正月に家庭の主婦を食事の支度から解放するという意味があるんです。黒豆、栗きんとん、田づくり…と、日持ちのする料理が中心というのも納得がいきます。それに「神様をお迎えする間、台所を騒がしくしてはダメ」という平安時代からの風習の名残りもあるんだとか。

再来月に控えたお正月。実家暮らしの人も帰省の予定がある人も、「おせち」をいつも家族のために献身的に尽くしてくれる、お母さんへの贈り物と考えるのはどうでしょうか。滅多にない機会なので、少しくらい奮発してもいいのでは。
ここにお母さんに作ってもらった温かいお雑煮をプラスすれば、家族全員が笑顔になれるし、気持ちがホッと和みますね。

数段重ねの「おせち」って豪華すぎるイメージがあるし、万単位にもなると手が出づらい…と、身構えてしまいますが、考えてみると家族で4〜5人で外食に行くコストとそう変わらないのかもしれません。

年に一度しかない、ハレの日の買い物。ここは母親世代にも信頼されている老舗百貨店『伊勢丹』の「おせち」を選んでみては?おもてなしの心が行き届いていて安心感があるし、品揃えも豊富。
アナタからの贈り物、きっとお母さんは心から喜んでくれるはずです。

2016年、最初の贈り物は『伊勢丹』から

btn_isetan_151026

Sponsored by 三越伊勢丹

くわいの生産量日本一の広島県福山市の「くわいぽたーじゅスープ」を紹介する。くわいは普段はなかなか市場に出回らず、身から芽が伸びている形から縁起物としておせ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
みんなが祝福し、喜びを分かち合うのがクリスマス。そんなお祝いの日に、ひとりぼっちで食事なんて寂しいに決まってる。そこで…ロンドン南西部の町シドカップにある...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
なぜか私たちは「うんち」や「おしっこ」という言葉を声に出すことに恥じらいを覚えてしまう。でも、世界のトイレ事情についてあつ〜く語ってくれている「The I...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
異国文化の窓口として400年以上の歴史をもつ長崎から、日本伝統の「ふんどし」の魅力を発信するお店『TeRAYA』にお邪魔しました。
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!
日本の地方には、まだまだたくさんの魅力が眠っています。しかし、残念ながらそのすべての魅力が引き出されているわけではありません。そして今、地域に根付いた食文...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...