【どこでしょう?】今、旅するなら「水と太陽が日本一」の県がいい

水と太陽、と言っても別にキラキラ光る海と白い砂浜のリゾート地というわけではない。むしろその逆、「海がない場所」について、今回は紹介したい。

そこは、山梨県「峡北」と呼ばれる地域。初めてその名を聞いた、という人も多いのではないだろうか。甲府盆地の北西部、八ヶ岳を北に臨むこの地域は、日照時間とミネラルウォーターの生産量が日本一という場所。ここが、実は食欲の秋を堪能するのに相応しい隠れた名スポットなのだ。

豊富な水資源と太陽、メリハリのついた気候が育んだ高原野菜をふんだんに使った「食」が峡北地域最大の魅力。それを堪能するなら、通りすがりではなく、じっくりと腰を据えて三食いただく、そんな旅をしたい。まずは一泊二日でこんなコースはどうだろう。

一日一組限定。200年の歴史が刻まれたジャパニーズ・オーベルジュで舌鼓の乱れ打ち

Photo by 小野寺榮一

「古守宿 一作(こもりや いっさく)」
山梨県北杜市小淵沢町松向215-1
0551-36-5858
完全予約制。チェックイン15:00 チェックアウト10:00

Photo by 小野寺榮一

築200年の古民家は、その佇まいに触れるだけでここへ来た喜びを味わわせてくれる。宿名には「古いものを守り、作物は一から作っておもてなしをする」という意味が込められているという。ここはその志をまっすぐに貫き続けている。それも極めてナチュラルに。運良く予約が取れた宿泊客は、「一日一組限定」の価値を存分に感じることだろう。

Photo by 小野寺榮一

宿に到着したら、まずひと風呂。八ヶ岳の雄大な景色を眺められる湯屋で浸かるお風呂は、湧き水を薪で沸かしたもの。これもまたある意味で「ご馳走」だ。

そしていよいよお待ちかねの食事。使われるすべての食材は自家製。野菜はもちろん、醤油や味噌などの調味料、米、納豆に至るまで手作りなのには驚かされる。囲炉裏にかけた鉄鍋で作る山梨名物の「ほうとう」や手打ちの蕎麦は言うまでもなく絶品。冬場は鹿や猪肉を使ったここでしか味わえないジビエを味わう事もできる。

Photo by 小野寺榮一
Photo by 小野寺榮一
Photo by 小野寺榮一
Photo by 小野寺榮一
Photo by 小野寺榮一

朝食もまた品数の多さ、漬物の種類の豊富さに圧倒されつつも、お腹も心も満ち足りた気分で宿を後にすることができる。この場所への再訪を誓いつつ。

地元の野菜を堪能できる、「メニューのない」ギャラリーランチ

Gallery Trax(ギャラリー トラックス)
山梨県北杜市高根町五町田1245
080−5028−4915
ランチは前日までの要予約。営業時間は金土日月曜日11:00-17:00


ここはいわゆる一般的なレストランやカフェではない。古材や廃材を使った家具や数々の店舗を設計してきたデザイナー、故・木村二郎氏の作ったアートギャラリーだ。2004年に木村氏が亡くなった後、パートナーの三好悦子さんがその遺志を引き継いで、今もなお、木村氏を慕ってここへ集まるクリエイターやアーティストたちの発信基地となっている。

ギャラリーでありながら、前もって予約すれば他では味わえないランチをいただくことができる。料理の腕を振るうのは、食べることが大好きだという悦子さん自身だ。メニューは、ない。オーダーが入れば、その時の旬やお客さんのことを考えながら、悦子さんが決める。

仕入れる野菜は、「地元で」なんていう表現では物足りない。知り合いの農家からだけでなく、愛犬テッちゃんの散歩の途中で摘むクレソン、隣のお寺になっているイチジク、まさにピンポイントで「ここでしか味わえない」素材に溢れている。

水と太陽に育まれた力強い素材と悦子さんの腕、心、ギャラリーの空間、そしてその全体を包んで流れる時間が、ここのランチを唯一無二のものにしているのだ。

「最近では他にも美味しいところがたくさんあるから」そう悦子さんに促されても、「あなたの料理が食べたい」と言って遠方から通いつめるお客さんも後を絶たない。

ここは食事をするだけの場所では、もちろんない。もともと保育園だった建物を活かしたギャラリーには、無口だったという木村氏のメッセージがいたるところで主張している。周辺の土地で出土するという縄文土器、壁のいたずら書き、そして個性の塊のような家具の数々。雄大な八ヶ岳の自然に抱かれながら、それらをゆるりと眺めて過ごす午後の時間は、都会では口にすれどもなかなか体現できないリアルなスローライフを感じさせてくれる。

ギャラリーの外壁には「STANDARDS(これが普通なんだよ)」という木村氏のメッセージが刻み込まれていた。

お土産にも「水と太陽の恵み」を

せっかく峡北に足を運んだなら、お土産にもこの土地ならではの素材が活かされたものを選びたい。

七賢
山梨県北杜市台ヶ原2283
0551-35-2236
営業時間9:00-17:00

例えば、「水」の恵みを存分に味わえる日本酒はどうだろう。

北杜市白州は台ヶ原、甲州街道沿いの宿場町で300年間酒を作り続けてきた『七賢・山梨銘醸』は、甲斐駒ヶ岳を源流とする尾白川の清冽な水を仕込み水に使った日本酒が有名。

平成26年に全国新酒鑑評会で金賞を受賞した「大吟醸 七賢 中屋伊兵衛」をはじめ、スパークリング日本酒、ブルーのラベルが美しい生酒など、バラエティ豊かな日本酒を、じっくり利き酒しながら選ぶことができる(利き酒は2杯目から有料)。ノンアルコールの甘酒や酢などの調味料もあるので、お酒を嗜まない人へのお土産にもおすすめ。買い物だけでなく、歴史的な木造建築を眺めるもよし、酒蔵見学を申し込んで造り酒屋のこだわりを聞くもよし。お土産を買う以上の体験を味わうことができる。

酒蔵の隣に建つ七賢直営のレストラン『臺民(だいみん)』に、買ったお酒を持ち込みつつ、旬の素材を活かした料理に合わせるという楽しみ方もここならでは。


 

金精軒
山梨県北杜市白州町台ヶ原2211
0551-35-2246
営業時間9:00-18:00 木曜日定休

七賢のはす向かいには、信玄餅の名店『金精軒』がある。夏季限定で販売される「水信玄餅」が話題になった、こちらも創業明治35年の老舗だ。水信玄餅は残念ながらこの時期食べることができないが、金精軒が誇るもう一つの銘菓が「極上生信玄餅」だ。

この信玄餅は地元で収穫された梨北米100%で作られている。米の甘みを活かすため、砂糖は従来品の半分だけ。口に入れた時の弾力が、まさに「生」を感じさせてくれる。もちろん、きな粉、黒蜜との相性は抜群だ。大量生産はしない限定販売ゆえに、日持ちは3日間。足は早いが、この希少性は大切な人への心のこもったお土産にぴったりだろう。

 

山梨県の中でも、取り分け大地の力強さを感じさせてくれる峡北地域。一度足を運んでみてもらいたい。

関連する記事

都内からも近く、ご当地グルメもたくさんあり、自然溢れる観光資源に恵まれた街「山梨県」の魅力をお届けします!
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
「Airbnb」が国内の人気旅行先を発表。長野県の「白馬村」や栃木県の「那須高原」、静岡県「熱海」や、千葉県の「茂原」など、新型コロナウイルス流行下ならで...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
埼玉にある「ときがわ」という場所は聞いたことあっても、実際どこにあるのかは埼玉県民でも知らない人が多いそうです。でも、古民家での田舎暮らし希望者となると話...
1689年(元禄2年)に創業した奈良県最古の醤油蔵元「マルト醤油醸造所」が、古⺠家ホテル「NIPPONIA ⽥原本 マルト醤油」として生まれ変わった。
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。