ポートランド空港が全米No.1空港に選ばれるワケ

旅の入り口であり、その街の顔ともいえる空港。いい空港であればあるほど、これからはじまる旅への期待が高まるもの。実はポートランド空港は全米で一番満足度の高い空港に3年連続で選ばれているんです。

クラフトビール、コーヒー、ブックストア…そこはまるで「リトルポートランド」

その秘密は、たとえば空港内のフードコート。空港の食事は高くて美味しくない、って思っていませんか?ポートランド空港に限っては、そんな先入観は間違い。ポートランド空港のテナントには市内にショップを構えている店舗しか入居できないため、ショッピングコートやフードコートは、言わば小さなポートランド。価格も空港内と市内で変えてはいけないと決められているので「高くて美味しくない」なんてイメージとは無縁なんです。

フードコート内のレストランでもクラフトビールの樽生がずらり。クラフトビールの街であることを実感できますね。たっぷり1パイント入りでこのお値段は破格でしょう?

ダウンタウンにある市内最大のブックストア「POWELL'S BOOKS」も空港内にテナントがあります。出発ゲートからも近いので、機内での読書はもちろん、お土産ものを探しても面白そうです。

世界一愛されている空港の証拠は
カーペットにあり!?

そしてもうひとつ、ポートランド空港といえば、カーペット。もともと1987年にデザインされたこのカーペット、20年以上が経過してデザインも古くなってきたので張り替える話が持ち上がったところ「このカーペットを見るとポートランドに戻ってきた実感が沸く」と地元の人を中心にカーペット愛が爆発。

Photo by kariemjohnson

Instagramで「#pdxcarpet」というタグで9万件近くも写真がアップされたり、地元のクラフトビールがカーペットをテーマにしたビールを出したりと、だんだんとブームになってなっていったそう。空港内のショップでカーペット柄をテーマにしたグッズもたくさん販売されているので、ちょっとヒネリの利いたお土産としてもおススメ。

ポートランド空港を出発する前のセキュリティチェックでは、こんなカードが配られていました。チェックを通過するまでにどれぐらい時間が掛かったか計測するためのカードで、このデータをもとに改善に活かされているよう。こういったちょっとした心使いが、全米一満足度の高い空港に輝き続けている秘密のようです。

全米一魅力的な空港に最短で行く方法

そんな魅力にあふれたポートランド。実は東京から意外に近いことをご存知ですか?成田ーポートランド間の直行便を運航している『デルタ航空』を利用すれば、9時間後にはポートランドの空気を吸うことができるんです。それに直行便であれば夕方の4時に日本を出発しても時差の関係で同じ日の午前9時過ぎにポートランドに到着になるため、機内でぐっすりと寝ておけば時差ボケにもならず、タイムロスすることなく到着した日からしっかりとポートランドを満喫することができるんです。

デルタ航空では、自動チェックイン機もたくさん用意してあり、予約番号を打ち込んでパスポートをスキャンすれば簡単にチェックイン可能。また米国に渡航する際はESTAと呼ばれるビザ申請免除プログラムを申請しておくことを忘れずに。クレジットカードがあれば、オンラインで登録が可能です。

ゆったりとしたシート構成で、オンデマンドの機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」には、映画やドラマ、音楽など多数のコンテンツが用意されており、USBケーブルも付属するため、機内で退屈することはありません。

さあ、空港を出ればそこはポートランド。常に変わりゆくこの街は1年後もまったく違う表情をみせていることでしょう。今しか体験できないポートランドを楽しみに、デルタ航空で出掛けてみてはいかがですか?

航空業界調査・格付け会社「SKYTRAX」が、世界の空港ランキング「世界ベスト空港2020(World’s Best Airport in 2020)」を発表。
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
アメリカ・ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港で試験的に導入されている「ビジターパス」。1日50名までの限定ですが、世界的に広がりそうなシステムです。
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
新型コロナウイルスの影響による不調を解消するための「薬膳レシピ」を、オンライン漢方相談サービスを展開するわたし漢方と近畿大学が共同開発。11月18日からW...
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
ワシントン・ダレス国際空港のコンコースAにオープン予定の「Sleepbox Nap Lounge」。ボックス型の休憩スペースで寝ることも仕事することもでき...
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...