必要なのは「わかりやすいワード」。簡単に揃って万人が頷く最上級ワイン

多くのゲストを呼ぶパーティをしようと計画すると、用意するお酒選びに困りません?
いいものを1本選んでもたくさんの人が楽しめないし……とセレクトに悩む。あれこれ調べて高級品を用意しても、その特長や上質さを伝えるのって難しい。正直なところ、いちいち講釈していたらその場の雰囲気も台無しですし。
ですが、ひと言でわかりやすく、誰もが納得できて、まさに最上級クラスのお酒を用意できる。そんないいもの、見つけました。

みんなが最上級のプライオリティ・ゲスト

パーティを主催する側の気持ちは“ゲストファースト”。それが表現できてこそ、若さゆえのワイワイばかりなパーティから、ひとつステージアップした“わかってる大人”の宴を演出できるもの。
そこで、これ。旅をテーマにした通販サイト、ANAショッピング A-styleの「機内ワイン ファーストクラス赤白4本セット」。こう書いただけでも、おおよそアイテムの中身が想像つきますよね?

想いが伝わるワード「ファーストクラス」

©2018 TABI LABO

内容は、どれも2018年度にANA国際線ファーストクラスのサービスワインに選ばれた赤白のワインが揃います。

はい、「ファーストクラス」。この響き、旅客機の最上級客席を指すものですが、最上級でクオリティ高いもてなしが期待できるのを、ほとんどのゲストが感じるはず。安易かもしれませんが、確実にパーティをひらくアナタの“ゲストファースト”の想いが伝わります。

さまざまな要望に応えるラインナップ

©2018 TABI LABO

極上の旅ごごちを、世界各国の選ばれたお客さまに提供するANAのファーストクラス。飲めるワインも、本当に美味しいと思ってもらえるよう世界18カ国、約2800銘柄から、世界最優秀ソムリエやコンラッド東京のエグゼクティヴソムリエ、そして実際にサービスする客室乗務員などの意見をもとに選考されたもの。舌の肥えたセレブリティに応えられる様々なワインが空では常備されます。
その中から、ご紹介する「2018年度機内ワイン ファーストクラス赤白4本セット」は、アメリカ、ニュージーランド、南アフリカの3ヵ国からセレクト。赤白2本ずつあるので、このワインセットひとつを用意すれば、好みの違いにも対応できますし、大人数のゲストにもサービスできる十分な量になります。

もちろんワインだけでも十分な味わいを愉しめますが、料理との相性も安心できるのがオススメできるポイントです。THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」と呼ばれる、「その道を極めた目利き」の集まったアドバイザーと、高度1万メートルの特別な食体験をつくりあげるANAのファーストクラス。
上質な食とワインのバランスは当然、考え抜かれた選びになっているわけで、いつもよりちょっと手の込んだパーティグルメを用意しても、その味わいを高めてくれることでしょう。
2018年度も格付け会社スカイトラックスによる世界航空会社ランキングでベスト3に入ったANAが選んでいるのだから、期待を裏切ることはありません。

空で味わう最高の贅沢を我が家にいかが?

一年を締めくくり、新たな年のスタートを迎えるホリデーシーズン。パーティだけでなく、久しぶりに集まる親族との席なども、最上級の空の上と同じような空間を演出するお酒。こういうセレクトで時間を愉しむようにできると、新年に向けてちょっと大人になれた気がします。

もしかしたら、こんな味わいを知ってしまうと、年末年始の旅行もアップグレードを考えてしまうようになるかもしれませんね。

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
ナチュラルワインって、なんですか?
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。