人生を捧げた7人の「ライフワーク」がスゴい!

今日、2月28日は「バカヤローの日」。

遡ること68年前、時の内閣総理大臣・吉田茂が衆議院予算委員会の席で、社会党右派の西村栄一議員との質疑応答中、質問に対し興奮のあまり「バカヤロー!」と発言。これをきっかっけに内閣不信任案が提出・可決され、衆議院が解散。俗にいう「バカヤロー解散」です。

とまあ、そんな「バカヤロー!」と思わず吠えたくなるキモチもあるでしょうが、せっかくの記念日です。ここでは、怒れる人々ではなく、世界中の「愛すべきバカヤローたち」をご紹介したいと思います。

エントリーNo.1
泥だんごに魅せられた男

ニューメキシコ州に暮らすブルースの1日は、土探しから始まる。バケツいっぱいに土を持ち帰り、専用の濾し器で不純物を取り除くと、水を混ぜあとはひたすら土をこね丸めていく。彼の人生は、光る「泥だんこ」のなかにある。

子どもの遊び? 否。ここまでくるともう芸術と呼ぶしかない。

▶︎泥とは思えぬ美しさはコチラから>>>

エントリーNo.2
友だちが欲しくて「編み物」にハマった男

オーストラリア人アーティストのフィルが編み物をはじめたキッカケは、「友だちをつくりたかったから」。ハンバーガーショップで働きながら、クロッシェ編みのかぶりもの制作を続けている。いつしか、彼のインスタフォロワー数は14万人に。

その実、リアルな友だちはどれだけ増えたんだろう……。

▶︎切ない表情をもっと見たい人はコチラから>>>

エントリーNo.3
180mのフリースローを決めた男

バスケのフリースローといえば5.8m、スリーポイントラインだって6.25mだ。それをどうやったら180mもの距離のゴールを決めることができたのか……? バスケのトリックショットを得意とするオーストラリアの3人組「HOW RIDICULOUS」の華麗なるプレイを刮目せよ!

もちろん、ギネス新記録だ。

 

▶︎圧巻の動画はコチラから>>>

エントリーNo.4
10年間「〇〇な小石」だけを拾い集めた男

スイスの偏愛家・アンドレは、河原に転がる小石に魅せられたひとり。来る日も来る日も、四つん這いになって拾い集めた小石。単にキレイな石を拾うというだけなら、10年なんて月日はかからなかったかもしれない。

彼が執念で探し出した石は、ある特徴を持つもの。他人にとっては一文にもならないモノが、アンドレにとっては万物にも代えがたい宝物だった。そして、それが集まったとき、ボクらは初めてそこにある価値に気づくのだ。

▶︎小石に描かれた正体がコチラ>>>

エントリーNo.5
10万本以上の「つま楊枝」でSFを再現した男

人間が一生に使う「つま楊枝」の量なんて、たかが知れている。でも、それは食後にデンタルフロスのように使う、本来の使い方をすればの話。

アメリカ人スコットは、まったく別のアイデアで楊枝を使った。その数、100,000本以上。制作年数35年。つま楊枝が表現したのは、サンフランシスコを象徴する街並みだった。

▶︎作品はコチラから>>>

エントリーNo.6
反感を恐れず「芸術を表現」する男

スペインのお騒がせ野郎、エイドリアン。こう見えて、アーティストだ。彼なりのスタイルと、彼なりのルールで芸術を表現しているそうだが……。全裸ではある。でも、決して“見せない”のがエイドリアンのポリシー。

「拘束されたり、罰金を要求されることはよくあるよ」。そりゃそうだろう(笑)。でも、彼はこうも言う、「芸術はいつも反感を買うものさ」。

 

▶︎スレスレの芸術はコチラから>>>

エントリーNo.7
40年、たった一人で遊園地をつくった男

北イタリアに暮らすブルーノは、自然豊かな森の中で40年にわたってたった一人、遊具を作り続けている男。遊具はすべて手動式。動力を使わないのは、子どもの頃から駆け回って遊んだ森へのオマージュでもある。

親が子どものお手本になって遊び方を教える。ブルーノ手づくりのエコパークは、すべて無料だ。

▶︎人生を捧げた大作がコチラ>>>

関連する記事

「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
旅には、人生が凝縮されています。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
スティーブ・ジョブズ、ダライ・ラマ、ウサイン・ボルト。異なる分野の第一線で活躍する彼らに共通して言えることは「日々努力を重ねてきた」ということ。あの大きな...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
ブロガーVishnu Subramaniam氏は断言します。この世には、鵜呑みにしてはいけない「7つの嘘」があると。じつは彼、数年前に人生のどん底を経験し...
「自分の人生は、自分のもの」。当たり前のことのように思うかもしれませんが、日々忙しくしているうちに、自分で自分の人生をコントロールできなくなってしまうもの...
「Inc Magazine」や「Quora」など、海外メディアでトップライターとして活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
Mt.Fuji photographerの成瀬亮さん。彼はどこにでもいる普通のサラリーマンだったが、4年前に山中湖で「富士山」を目の当たりにして人生が変わ...
だれかは泣いているし、だれかはとっても喜んでいる。
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...