フランス料理を作れる男になる!7/26(日)TABI LABO限定メンズキッチンを開催

1895年パリで設立された、世界的なフランス料理・菓子・パンの学校「ル・コルドン・ブルー」。現在は28カ国で展開、ヨーロッパ、アジア、アメリカと全世界に広がっています。

初心者からプロフェッショナルまで幅広い講座を提供しており、講師はフランスをはじめヨーロッパの星付きレストランやパティスリー、ブーランジェリーで実績あるフランス人や日本人のシェフたち。テクニックだけでなく、フレンチの伝統やトレンド、フランスの食文化そのものを学ぶことができます。日本では、東京・代官山と神戸の2校を展開。

lecordone

その「ル・コルドン・ブルー」が、TABI LABO限定“メンズキッチン”を開講します。通常、デビュー・レッスンを受ける場合は3回分35,000円+スターターキット5,500円がかかりますが、今回の参加費は5,000円。TABI LABOからも代表久志尚太郎と、佐々木俊尚も参加します。

lecordone1

■プログラム

日時:2015年7月26日(日)14:00〜17:00
場所:ル・コルドンブルー東京校(東京都渋谷区猿楽町28-13 ROOB-1)
メニュー:仔羊の骨付き背肉のハーブパン粉焼き(変更になる可能性あり)お持ち帰り可能。
定員:14名(抽選/男性のみ/18歳以上限定)
参加費:5,000円(当選された方には別途、
メールにてお支払い方法のご案内をします)

※当選者の方には1週間以内にご連絡致します。
※ 受講料はクレジットカードでのお支払いとなります。

※当日、写真撮影が入ります。参加者の皆様の映り込む可能性がございますが、ご了承ください。
※貴重品・手荷物は参加者各自の管理になります。
※ご当選者のみご参加いただけます。

lecoldon_05

■タイムスケジュール

13:30〜13:50|受付開始
13:50〜14:00|準備
14:00〜16:00|レッスン
16:00〜16:30|シェフと一緒に試食
16:30〜17:00|終了

《 注意事項 》  * シェフ講師や他の受講者、当校スタッフに迷惑をかける行為があった場合は、受講をお断りすることがあります。* 申込後のキャンセル、欠席・遅刻による返金、及び日程等の変更は出来ません。*  授業は時間厳守で定時に開始します。遅刻者は入室できません。  実習を考慮した服装(長袖・長ズボン)、履物(フルカバー)でご受講ください。 ノースリーブ(タンクトップ)、丈の短いズボン、サンダルなどの実習授業にそぐわない服装や履物では、ご受講頂けません。 持ち物:筆記用具、カメラやスマホ(写真撮影はOKですが、動画・録音は不可) ・持ち帰り容器、保冷剤、エプロン、布巾はこちらでご用意します。

btn_lifemakers_150514

Sponsored by ル・コルドン・ブルー

外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
ふわふわ、とろとろ、芸術作品みたいなオムレツ。あれ、どうやって作ってるかというと…。
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
7月の頭に、松嶋啓介さんがTABI LABOのオフィスで「ラタトゥイユ」を作る、料理教室を開いてくれました。松嶋さんのラタトゥイユから、「人生は食卓で育ま...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
いつもTABI LABOをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、みなさまにお知らせしたいことがあるんです。TABI LABOは、新たなイベントスペー...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で...