フランス料理を作れる男になる!7/26(日)TABI LABO限定メンズキッチンを開催

1895年パリで設立された、世界的なフランス料理・菓子・パンの学校「ル・コルドン・ブルー」。現在は28カ国で展開、ヨーロッパ、アジア、アメリカと全世界に広がっています。

初心者からプロフェッショナルまで幅広い講座を提供しており、講師はフランスをはじめヨーロッパの星付きレストランやパティスリー、ブーランジェリーで実績あるフランス人や日本人のシェフたち。テクニックだけでなく、フレンチの伝統やトレンド、フランスの食文化そのものを学ぶことができます。日本では、東京・代官山と神戸の2校を展開。

lecordone

その「ル・コルドン・ブルー」が、TABI LABO限定“メンズキッチン”を開講します。通常、デビュー・レッスンを受ける場合は3回分35,000円+スターターキット5,500円がかかりますが、今回の参加費は5,000円。TABI LABOからも代表久志尚太郎と、佐々木俊尚も参加します。

lecordone1

■プログラム

日時:2015年7月26日(日)14:00〜17:00
場所:ル・コルドンブルー東京校(東京都渋谷区猿楽町28-13 ROOB-1)
メニュー:仔羊の骨付き背肉のハーブパン粉焼き(変更になる可能性あり)お持ち帰り可能。
定員:14名(抽選/男性のみ/18歳以上限定)
参加費:5,000円(当選された方には別途、
メールにてお支払い方法のご案内をします)

※当選者の方には1週間以内にご連絡致します。
※ 受講料はクレジットカードでのお支払いとなります。

※当日、写真撮影が入ります。参加者の皆様の映り込む可能性がございますが、ご了承ください。
※貴重品・手荷物は参加者各自の管理になります。
※ご当選者のみご参加いただけます。

lecoldon_05

■タイムスケジュール

13:30〜13:50|受付開始
13:50〜14:00|準備
14:00〜16:00|レッスン
16:00〜16:30|シェフと一緒に試食
16:30〜17:00|終了

《 注意事項 》  * シェフ講師や他の受講者、当校スタッフに迷惑をかける行為があった場合は、受講をお断りすることがあります。* 申込後のキャンセル、欠席・遅刻による返金、及び日程等の変更は出来ません。*  授業は時間厳守で定時に開始します。遅刻者は入室できません。  実習を考慮した服装(長袖・長ズボン)、履物(フルカバー)でご受講ください。 ノースリーブ(タンクトップ)、丈の短いズボン、サンダルなどの実習授業にそぐわない服装や履物では、ご受講頂けません。 持ち物:筆記用具、カメラやスマホ(写真撮影はOKですが、動画・録音は不可) ・持ち帰り容器、保冷剤、エプロン、布巾はこちらでご用意します。

btn_lifemakers_150514

Sponsored by ル・コルドン・ブルー

料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
7月の頭に、松嶋啓介さんがTABI LABOのオフィスで「ラタトゥイユ」を作る、料理教室を開いてくれました。松嶋さんのラタトゥイユから、「人生は食卓で育ま...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
TABI LABOが一年分の感謝の気持ちを込めて開催する『TABI LABO YEAR END PARTY』。去る、12月18日。今年は、東京・代々木上原...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
あっという間に年末ですね。日頃の感謝の気持ちを込めて、今年も「TABI LABO YEAR END PARTY」を開催します。今回は、なかなか入手が難しい...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
「いまや女たちの料理力はどんどん退化して、無能な男レベルに近づき、おいしいものをみずからの腕でほしいままにする自由を喪失している」。約40年前に発売された...
2017年11月。食文化に大きく貢献した料理人に贈られる、農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」のブロンズ賞を初受賞した女性がいます。—— 樋口宏江(...
32歳にして小学校教師から料理人へと転職を果たし、わずか6年でトップシェフとなった鳥羽周作さん。東京・代々木上原の「Gris」は、人生を豊かにかえる味と時...
アンバサダーになろう!TABI LABOでは、TABI LABOを応援してくれる人のことを大切な仲間として捉え、「アンバサダー」と呼んでいます。現在、その...