「美女の絶対条件」。ヒントはイスラエルの女性が知っていた!

ハツラツとした笑顔や、話し方。強い芯をもっていそうな佇まい。イスラエルの女の子たちはどこか快活で、「健康的」や「ナチュラル」、「ハッピー」というキーワードがぴったりな雰囲気をもっています。

そんな彼女たちには、自身が魅力的な女性であるために大切にしている、絶対条件があるといいます。

イスラエルの女性は、美しい

Patrick McMullan/GettyImages

イスラエルの女性と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?「美しさ」の基準とはとても主観的なものですが、イスラエル女性の華やかな姿に、あなたも一度は目を奪われたことがあるかもしれませんね。

たとえばあのナタリー・ポートマンや、『ワイルド・スピード』シリーズで名の知れたガル・ガドットも、じつはイスラエル出身の女優なんです。

凛とした顔立ち、地中海の太陽のように快活な笑顔、女性らしくも意志のある態度。どこかそんな魅力を感じさせるひとが多いのではないでしょうか。

美しさの理由は顔立ちではなく
「ふたつの健康」

その魅力は彼女たちの“顔立ち”の良さからくるものなのでしょうか?もちろん、それはNO。彼女たちは口々に、「健康でなければ美しさは得られない」と言います。しかも彼女たちの言う「健康」とは、ふたつの意味があるようなんです。

まず大切なのは、「カラダの健康」

彼女たちは、新鮮な野菜をたっぷり使ったイスラエルサラダを毎日もりもり食べます。ちなみに、イスラエルの食料自給率は驚きの90%以上!家庭ではもちろん、オフィスにも野菜を持参してサラダを手作りする人も多いんだとか。

街のすぐそばには地中海が広がっていて、数kmにもわたるホワイトサンドビーチで海水浴やサーフィンを楽しんだり、海岸沿いのコースでランニングをしたり。外でちゃんとカラダを動かすことも、大切にしています!

「ココロの健康」こそが
すべてのハッピーの源

そして彼女たちがもうひとつ大切にしているのは、「ココロの健康」。

イスラエルの人々にとって、家族が何よりも大切な存在。毎週末おとずれる「安息日」には、かならず家族とともに時間を過ごします。いつも一緒に居られる喜びを確認しあうことで、幸せを常に感じているのです。

一方で、イノベーティブな企業や若手のアーティストが集まることでも有名なイスラエルは、女性の自立心も高く、「他人と同じことをしても仕方ない!」と仕事にも積極的。平日は男性と同じように働き、週末にふらっと死海に出かけてリフレッシュすることもあるっていうんだから、なんだかすっごく贅沢ですよね。男性が育児に対等に参加する文化も、女性をより輝かせる要因のひとつと言えるかも。

「盛る」ではなく「おとす」が
イスラエル美容の基本

そして「美容」に対する考え方も、じつはとってもヘルシー。上から「盛る」のではなく、余分なものを「おとして」土台を育てるのがイスラエルの美容文化なんです。

肌にのせるのは最低限のサンブロックに、アイラインとリップ程度。イスラエルはとにかく日差しが強く、夏場は日中の温度が50℃を超える日も珍しくありません。過酷な環境に耐えられるよう、メイクよりも乾燥に負けないためのスキンケアを重視し、素肌を育てるための保湿に手をかけるのです。

ちなみに、じつはイスラエルは公衆浴場発祥の地。歴史的に身体を清潔に保つことがエチケットとされてきており、「おとす」意識は、男女ともにとても高いんです。イスラエルで石鹸づくりが盛んなのも、納得です。

お肌もココロも潤っているから、いつもハッピー。幸せだからこそ自然に溢れる笑顔が、彼女たちを魅力的に見せているんですね!

「ヘルシーな美しさ」を
誰でも手に入れられるように

イスラエル生まれのボディケアブランドSABONがずっと大切にしていることも、彼女たちの美しさの秘訣と同じでした。

SABONのプロダクトで「キレイになる」というよりも、「ハッピーになる」こと。

入った瞬間笑顔になれるお店の空間や、アイテムを使うときに大好きな香りに包まれる幸せ、ボトルを眺めるだけで感じる嬉しさ。さらに、家族や恋人など、大切な人と同じアイテムをシェアする喜び……暮らしのなかにSABONがあることで、なんだかハッピーな気持ちになったことがあるひとは多いのではないでしょうか?

それこそが、女性を魅力的に見せてくれる「ヘルシーな美しさ」の源。健康でハッピー、そしていつも笑顔でいること!イスラエルに美女が多い理由、なんだか日本人にとっても、ヒントになることがありそうですね。

家族でハッピーなライフスタイルを楽しめる
SABONのギフト、5名様にプレゼント

人気のボディスクラブとともに、家族全員で使えるシャワーオイルやバスソルト、お部屋に素敵な香りが広がるアロマなど、ハッピーなライフスタイルを楽しめるSABONのギフトを5名様にプレゼント!

(※応募は締め切らせていただきました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。)

【ユーザーに関する情報の第三者提供に関する同意】
ご入力いただいた情報は、当社から、次のとおり、第三者(株式会社SABON Japan)に提供され、メールマガジンの配信等に利用されますので、内容をよく読んで、同意したユーザーのみ応募してください。
●第三者に提供される情報の内容・氏名・性別・名前・Eメールアドレス・アンケートへの回答
●情報提供先株式会社SABON Japan
●第三者に提供における利用目的商品、サービスに関するメールマガジンを配信する等の目的で利用されます。※第三者からの商品、サービスに関するメールマガジンの配信に同意した旨は、第三者に対して通知されます。
 
【参加資格】
●当該コンテストは、当該コンテスト開始日時点で20歳以上となる日本居住者に参加資格があります。当該コンテストへのエントリーは無料であり、株式会社SABON Japanの商品・サービスの購入または利用を条件とはしません。
●本コンテストの主催に関与する株式会社SABON Japanおよびサードパーティの企業・団体の取締役、経営幹部、従業員、およびその近親者は本コンテストに参加することはできません。
●1人につき1度のみ、エントリーが可能です。スカイスキャナーは、当該コンテストの参加者が本規約に違反したと考えた場合、自由裁量により当該コンテストの参加者の参加資格を剥奪することができます。
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
先日、イスラエル政府は、侵入者を管理する監査官の求人広告を出しました。それは難民を見つけ出し、取り調べをし、必要に応じて捕まえるというもの。選考された人に...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
日ごろの疲れを癒すように、体を気遣った料理を朝から食べられたなら。それこそ充実した1日の始まりに欠かせないのが、こんな朝ごはんです。そこで、いつもとはちょ...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
みなさんは「いい女」と言われると、どのようなイメージが浮かびますか?中には、「いい女=美人」だと思った方もいるかもしれません。しかし、必ずしも「美人=いい...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
イスラエル出身のNuseir Yassinさんは、ハーバード大学を卒元エンジニア。しかしただ働くだけでは人生を楽しみきれていないと旅へ。1分間の動画を毎日...
女性という、生き物について。
心温まる動画をご紹介。
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
どちらの顔も、自分の顔。
イスラエルに住むRuthi Gaonさんの息子、Erezくんは、いくつかのハンディキャップを背負って生まれてきました。そのうちのひとつに「congenit...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...