欧米の「ドラフトカクテルブーム」が、ついにアジアへ!

今年の1月末に、通常とは少し異なったカタチでカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。

店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビアサーバーのようなものが置いてあるだけ。

ここでは、ドラフトカクテルが楽しめるのです。

より早く、カンタンに、
カクテルが楽しめる。

数年前からチラホラと耳にするようになった「ドラフトカクテル」。事前に作られたアルコールを、サーバーを使ってグラスに注ぐという仕組みです。

「Draft Land」では、大きく分けて5種類のドラフトカクテルが味わえるそう。

オーナーAngus Zouさんは、提供するアルコールについても軽く説明しています。

01.Non-Alcholic

 「The Bartender’s Guide」の中では、炭酸水や多様な炭酸飲料の作り方が紹介されています。オリジナルソーダを作ることが、古き良き時代に敬意を払うアクションだと信じています。

02.Cobbler

 アルコールや砂糖、柑橘類をグラスに入れ、季節のベリーを飾って、ストローで飲むドリンク。名前の由来は、丸い石(Cobble)のような氷を使ったからと言われているのだとか。

03.Cocktail

 僕たちのカクテルは、あらゆることを計算しています。気体圧力や溶解度、温度、時間、味の変化など。そうして初めて、誇れる1杯ができるのです。

04.Punch

 17世紀の東インドにいたイギリス人たちのドリンクが起源。当時は、Arrackという地酒に、水と柑橘系のジュースを入れ、砂糖と香料で味付けをしていたようです。

05.Fizz

 1870年代、Punchの簡易版として作られたもの。炭酸水から出た泡と「シュワー」という音から名前がつけられたのだとか。

「このような豆知識を知ることで、より多くの人にカクテルに興味を持ってもらいたい」と、オーナーAngus Zouさん。

サーバーがあるおかげで、より早く、カンタンにカクテルを提供できるのもウリだと言います。

ずっと飲んでみたかったけど、バーに行くのはハードルが高くて…なんて人には、ピッタリの場所かもしれませんね。

Licensed material used with permission by Draft Land

台湾にはおすすめスポットがたくさん。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!